2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 長野をめぐる事件 | トップページ | 映画『マリと子犬の物語』 »

2007年12月 8日 (土)

映画『椿三十郎』

Tsubaki先週公開になった作品。キャストが魅力的だなぁってことで、気になっていたので早速観にいってきました。

映画『椿三十郎』

ある藩で、上級役人たちの汚職・不正を暴こうと立ち上がった伊織(松山ケンイチ)たち九人の若侍でしたが、逆に悪人たちの手によって絶体絶命の危機に陥りました。そこへ現れたひとりの浪人に命を助けられたのでした。彼の名は椿三十郎(織田裕二)。正義を貫こうとする若侍たちの純粋さに心を打たれた三十郎は、若侍たちとともに巨悪に立ち向かうことにしたのですが、彼らの前には幾多の困難が待ち受けていて…。

黒澤監督と三船敏郎さんの『椿三十郎』を観たことがないので比較は出来ないですが、この作品そのものとして、なかなか面白かったです。まぁ脚本自体はほぼ変わっていないそうなので、元が良かったのかなという気もしましたが…でもきっと、今回のもののようなコミカルな部分の多い作品ではなかったんでしょうね。その辺は、アレンジする人のセンスみたいなものを感じさせられました。
織田さん演じる三十郎の殺陣(たて)が凄かったです。目にも留まらぬ速さと迫力。次はどうなるんだろう…とドキドキさせられました。殺陣の訓練のほか、和服が似合うようにと体型をコントロールしたりするなど、かなり役作りを熱心にされたようで、とても魅力的なキャラクターになっていたと思います。
また豊川悦司さん演じる三十郎の宿敵・室戸半兵衛は、江戸時代にあんなに背が高くて脚の長い人はいなかったでしょうが…その体型とか雰囲気ですごく迫力がありました。腕も立つけれど頭も切れる、三十郎とは似たもの同士だけに剣を交えるシーン以外にも心理戦というか、そんなところもなかなか見どころでした。
若侍のリーダー・井原伊織を演じる松山ケンイチさんはコミカルな表情などが面白かったです。一生懸命な感じが、どこか抜けているところもありながら憎めないなぁ、放っておけないなぁという。
そして佐々木蔵之介さんが、これまたほのぼのといい味出してて…ついつい笑ってしまいました。押入れ侍っていうネーミングもなかなか好きです(本当は木村という名前)。
藤田まことさん演じる城代家老・睦田とその妻と娘を演じる中村玉緒さんと鈴木杏さん、この人たちのおっとりしたところなんかもまた、見ていて飽きませんでした。。…おっとり、おっとりな母娘を三十郎が、ちょっと苦手だなぁ…というふうに演じている表情がまた良かったです。そして「ほんとうに良い刀は鞘に入っているものですよ」という台詞、これは名言です。現代の戦争やらテロやらの絶えない世界を見越していたかのようなフレーズでした。
…たまには、時代劇も悪くないなっていう…古き良き日本人のかっこよさなどを感じることができました。

« 長野をめぐる事件 | トップページ | 映画『マリと子犬の物語』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

りみっとさん、こんばんは。
コメント&TB有難うございます☆
主役の織田さん、脇役の豪華俳優陣、みんないいキャラクター&存在感でしたネ。

> 「ほんとうに良い刀は鞘に入っているものですよ」という台詞、これは名言です。
> 現代の戦争やらテロやらの絶えない世界を見越していたかのような
> フレーズでした。

全く同感です。
この先もずっと不変のメッセージとなるのか、と思うとまた考えさせられますが、
機会があれば是非オリジナル版も観てみたいです。
(三船敏郎さんは存在感ありそうですよねー)
また寄らせていただきます☆

すみません!今見たら、二重投稿になっちゃってました。
お手数ですが、片方消してくださいm(_ _)m

>いもさん
コメント&TB返しありがとうございました。
コメント整理させていただきました。

黒澤監督&三船敏郎さんのオリジナル版と比べての
厳しい感想をたくさん目にするのですが、私としては
織田さんの三十郎や脇役の存在感で充分楽しめた作品
だったと思います。
とは言え、やっぱりオリジナル版もぜひ見てみたいですよね!

「ほんとうに良い刀は…(以下略)」この言葉が名言だと感じられるうちは、争いの絶えない世の中ってことですもんね…。名言だと思う反面、ちょっと複雑なところですね。おっしゃるとおりです。

これからもよろしくお願いします♪

りみっとさま

TBありがとうございます。私もTBさせていただきました。

>現代の戦争やらテロやらの絶えない世界を見越していたかのようなフレーズでした。

…たまには、時代劇も悪くないなっていう…古き良き日本人のかっこよさなどを感じることができました


ホントそうですね。私も同感です。お正月はオリジナルを観ようと思っています。

>moriyuhさん
こちらこそコメント&TB返しありがとうございます♪
時代劇を楽しみつつ、現代にも通じるメッセージを感じることもできる作品でしたね。
私も近いうちにオリジナル版を見られたらなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『椿三十郎』:

» 『椿三十郎(2007)』 [唐揚げ大好き!]
『椿三十郎(2007)』   この男、時代を超えて生きている。   ■ある藩で、九人の若侍たちは、上級役人の汚職・不正を暴くために立ち上がったが、逆に悪人の手によって、絶体絶命の危機にさらされた。その時、一人の浪人が現れ、九人の生命を救った。彼の名は... [続きを読む]

» 『椿三十郎』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「椿三十郎」□監督 森田芳光 □原作 山本周五郎(「日日平安」ハルキ文庫刊) □脚本 菊島隆三・小国英雄・黒澤明□キャスト  織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、中村玉緒、佐々木蔵之介、村川絵梨 ■鑑賞日 12月2日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 黒澤オリジナル版を観ているだけに、比較してはいけないと思いながら、それでもやはりキャストの構成は気になるところだったが、ま、室... [続きを読む]

» 椿三十郎 2007-63 [観たよ〜ん〜]
「椿三十郎」を観てきました〜♪ 町外れにある社殿、上司の不正を告発しようとする井坂伊織(松山ケンイチ)を含め9名の若い侍が集まっていた。話がまとまろうとしたその時、一人の浪人が現れた・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、あの作品がリメイクされるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

» 「椿三十郎」映画感想 [Wilderlandwandar]
黒澤明監督の名作の方でなくて、森田芳光監督がリメイクした映画です。リメイクと言っ [続きを読む]

» 椿三十郎 [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 R指定を逃れるためか、血しぶきが一切出ない殺陣のシーンにはやっぱり違和感アリ (−_−;))) 主人公・椿三十郎は、上役の汚職を暴く若侍グループの、あまりの幼稚さを見かねて助っ人を申し出たことからお家騒動に巻き込まれる。 余りにも有名な黒澤明監督の同名作をリメイク。 脚本は前作のまま。 前作の三十郎役は、これまた余りにも有名な三船敏郎。 三船がこの役を演じた時の年齢が42歳。 織田裕二は今月で満40歳を迎える。 ... [続きを読む]

» 映画「椿三十郎」 [いもロックフェスティバル]
織田裕二主演の映画『椿三十郎』を観に行った。 [続きを読む]

» 椿三十郎 を観ました。 [My Favorite Things]
「私の名前ですか。・・・つばき、椿三十郎。いや、もうそろそろ四十郎ですが」 [続きを読む]

» 映画:椿三十郎 [駒吉の日記]
椿三十郎(TOHOシネマズ六本木ヒルズ) 「10人だ」 ・・・森田監督かあ・・・どう転んでも物議を醸し出すんだろうなあ。 脚本はオリジナルと同じ、じゃあキャラクターと演出で違いをだすのか(出せるのか)?またどこか一部を改編(改悪)しちゃってるのか? 現在でも古... [続きを読む]

» 椿三十郎 <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
 とっても普通でした(笑) ま、織田裕二ファンの方は必見ですな彼がとってもカッコいいので ワタクシがファンなら2回は観に行くなたまたま偶然に出会ってしまった浪人と9人の若侍。若侍達にとってはラッキーな出会いやったやろーし、(出会ってなかったら 全員斬ら...... [続きを読む]

» 84『椿三十郎』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 84『椿三十郎』 評価:★★★★☆ 久しぶりに面白い映画を観た。 黒澤脚本のままで森田芳光監督の作品です。 原作は山本周五郎の小説『日日平安』ですね。 時代劇なんだけど現代劇にも通じる内容だといわ..... [続きを読む]

» 椿三十郎 [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:森田芳光 原作:山本周五郎 『日日平安』(ハルキ文庫刊) 脚本:菊島隆三 小国英雄 黒澤明 古い社の中、自藩の不正を正そうと集まった9人の若侍。城代家老の睦田に相談を持ちかけるも軽くあしらわれてしまった彼らは、大目付の菊井を頼ることに。そこへ、社の奥から一人の浪人が現れ・・・。 オリジナル未見です。 何と言ってもキャスティングが気に入りました。 トヨエツ、織田裕二はモチロンのこと、若侍達の初々しさや、マツケン、佐々木蔵之介のコミカルなア... [続きを読む]

» ★「椿三十郎」(2007) [ひらりん的映画ブログ]
黒澤明監督&三船敏郎主演のオリジナルを織田裕二主演で完全リメイクした作品。 角川映画は大風呂敷を広げるのが得意だね・・・ 嫌いじゃないけど、こける事もあるので、一週遅れで拝見する事に。... [続きを読む]

« 長野をめぐる事件 | トップページ | 映画『マリと子犬の物語』 »