2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『マリと子犬の物語』 | トップページ | C.B.S(セー・ベー・エス) »

2007年12月10日 (月)

究極の香水

Genka浅見光彦シリーズが続きます。今度は、香水の出てくるお話。

内田康夫・著
『幻香』

浅見光彦のもとへ届いた香りつきの一通の手紙。「4月10日9時、栃木市の幸来橋に来てください。でないと、私は死ぬことになります」。10年前に起きた調香師殺人事件と複雑に絡み合う、その事件とは。

光彦ではありませんが、ほとんど香水というものに興味のない私には未知の世界ではあるものの、ドキドキ感がありました。物語の中に出てくる香りを、どんなだろうな…と想像しながら読むのも、それに絡んで起こる事件にあれこれ考えをめぐらせるのも楽しかったです。
読みながら、今年の3月に観た『パフューム ある人殺しの物語』という映画のことを思い出していました。映画に出てくるグラースという香水の町もちょっとだけですが登場するし、なんと言っても“究極の香水”ってところが共通していたので、なんだか心惹かれるものがありました。

« 映画『マリと子犬の物語』 | トップページ | C.B.S(セー・ベー・エス) »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/17334839

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の香水:

« 映画『マリと子犬の物語』 | トップページ | C.B.S(セー・ベー・エス) »