2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« きのう何食べた? | トップページ | 陰日向に咲く »

2008年1月10日 (木)

ニッポンの犯罪12選

Hanzaigenronタイトルと表紙のインパクトにひかれて、手にとってみました。

爆笑問題・著
『ニッポンの犯罪12選 日本史原論犯罪史論』

石川五右衛門から三億円事件など、日本史上の重要な犯罪を爆笑問題が解説し笑い飛ばしつつ、事件の本質に迫る。

三億円事件とか帝銀事件などは、まだ自分が生まれていなかった頃の話ではありますが、テレビなどで見て知っている、ほんとに有名な事件ですが、解説の中には今まで知らなかったこともあったりしました。たとえば、この本の表紙は三億円事件の容疑者のモンタージュ写真に爆笑問題のふたりの顔を合成したものですが、三億円事件と言って思い起こすあのモンタージュ写真が実は、事件後警察にマークされた少年の顔を加工して作ったものだった、ということだとか。この少年、事件発生から5日後に亡くなっているんですよね。つまり、もうこの世にいない人の顔なんで、それで犯人が捕まるわけがないという。あまりにもいい加減な話だなぁと思いました。

日本で起こった犯罪について田中さんが解説し、太田さんがボケて、田中さんが突っこむというのが主な流れですが、太田さんが、途中まではもっともらしいコメントをしてるのに、次の瞬間とんでもないところへ話を持っていく、みたいなところが面白いというかビックリさせられるというか、あぁいつもの爆笑問題だな、とホッと(?)させられるというか。
久々に爆笑問題の本を読んだんですけども、なかなか興味深く読むことが出来ました。

« きのう何食べた? | トップページ | 陰日向に咲く »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/17646134

この記事へのトラックバック一覧です: ニッポンの犯罪12選:

« きのう何食べた? | トップページ | 陰日向に咲く »