2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『銀色のシーズン』 | トップページ | ドラマ『鹿男あをによし』第一話・しゃべる鹿の秘密!古都を巡る恋と冒険 »

2008年1月17日 (木)

木曜時代劇『鞍馬天狗』―第1回・天狗参上

Kuramatengu_2今夜はいよいよ、萬斎さん主演の時代劇が始まるということで…早速見てみました!

木曜時代劇『鞍馬天狗』
―第1回・天狗参上
幕末の京。幼少のころに父を殺され、零落した公家の嫡男である小野宗房は、父の忠僕である浦部甚太夫の世話で鞍馬の山奥で武術の鍛錬をしていました。父を暗殺したという叔父の宗行(村井国夫)に真意を問うため、山を下りて会いに行きますが宗行から命を狙われ、宗行の娘・白菊姫に救われます。叔父の裏切りを憂える宗房は、長州藩士・桂小五郎が近藤勇や土方歳三ら新選組隊士に追われているところを助け、その武術の腕前を見込まれた宗房は、桂から同志に加わることを勧められます。
…そして宗房の父の元屋敷が鬼面の老女が住みつく化け物屋敷になっていることを聞かされ、桂といっしょに屋敷へ向かうのですが…。

萬斎さんの身のこなしの美しさ、鞍馬天狗に変身(?)したときのカッコ良さに惚れ惚れしました。殺陣(たて)も、狂言師の萬斎さんらしく…とでもいうのか、ひらりひらりと舞うようなところもあったりして、その軽やかさにも目を奪われるようでした。
また、石原良純さん演じる桂小五郎が世を憂えながらも、どこか朗らかな部分も見ていて楽しかったです。…途中、雲の名前をあれこれと宗房に説明しながら「天気のことには詳しいのだ!」と得意げに言うところは、演じるのが良純さんということで入れられた台詞なのかなぁ…?なんて思いました(笑)。
様々な時代劇ではヒーロー的な描かれ方をすることが多い新撰組が、このお話では幕府の権力をカサに来てやりたい放題に振舞う、いわば“悪役”として描かれているのも印象的です。ただ…完全な悪役という感じにも見えなかったりして…。
鞍馬の山の中で育った宗房は、幕末の混乱した世の中で、身内や信じられると思った人の裏切りや、理不尽な殺生に心を痛め、世の中を正したいと鞍馬天狗になることを決めたわけですが…この先どんな展開になっていくのか…これからが楽しみです。

小野宗房…野村萬斎
桂小五郎…石原良純
小野宗行…村井国夫
幾松…羽田美智子
白菊姫…京野ことみ
近藤勇…緒形直人
土方歳三…杉本哲太
浦部甚太夫…刈谷俊介 ほか

詳しくは…
木曜時代劇『鞍馬天狗』HP

« 映画『銀色のシーズン』 | トップページ | ドラマ『鹿男あをによし』第一話・しゃべる鹿の秘密!古都を巡る恋と冒険 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/17728605

この記事へのトラックバック一覧です: 木曜時代劇『鞍馬天狗』―第1回・天狗参上:

« 映画『銀色のシーズン』 | トップページ | ドラマ『鹿男あをによし』第一話・しゃべる鹿の秘密!古都を巡る恋と冒険 »