2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 凍った… | トップページ | 映画『陰日向に咲く』 »

2008年1月27日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第四話・名君怒る

Atsuhimeさて、前回から近衛家なども登場して少しずつ色々と動き出したなぁ…という感じですが、今回はいよいよ斉彬と於一の初対面。

大河ドラマ『篤姫』
―第四話・名君怒る

お家騒動を経てようやく藩主となり薩摩へ“お国入り”した斉彬は、米価の改革などに積極的に取り組みます。
一方、忠教の藩主就任を画策した一派はどんな処罰が下されるか戦々恐々としていましたが、お咎めなしのまま日が経っていき、反してすぐにも許しが出ると思われた大久保らに何の沙汰もないことに、西郷ら若い藩士たちはいらだちを募らせていました。
そんな彼らのことを放っておけない於一と尚五郎は、斉彬の側近を務める小松清猷(きよみち)とその妹であるお近を訪ね、斉彬の真意を問いただします。しかし清猷は答えようとせず、斉彬を信じることが忠義の道と諭しますが、於一は納得することができず…。

知り合いになった正助の家のことが気がかりで、斉彬が藩主になったことでお赦しをはやく…と思う於一は藩の政(まつりごと)が気がかりで仕方ない於一ですが、そんな様子をことあるごとに父親である忠剛から「姫が口を出すべきことではない!」と叱られます。…きっとこの頃のお姫さまは、そのようなことに殊更口を出したりしないものだったんでしょうね…小松家のお近のように。
斉彬への挨拶のためにお城へ上がることになった於一は忠剛から、斉彬との対面での挨拶の“稽古”を付けられることに。…そのときに忠剛の顔が、怖いやら可笑しいやらで…(笑)。
可笑しいといえば、原田泰造さん演じる謹慎中の正助の家に集まる小澤征悦さん演じる西郷たちの、賑やかな様子は毎度のことながら楽しかったです。下級藩士ではありながら薩摩のためを思うところも気持ちが良かったです。於一は前回、正助の母であるフクから「これを限り」と訪ねることを断られてしまいましたが、尚五郎はこれからも身分を超えて付き合いを続けていくわけで…それがこれから幕末に向けての大きな動きに繋がっていくわけですけど、それはまだまだ先…なんでしょうねぇ。

高橋英樹さん演じる斉彬が、なぜ忠教を藩主に推していた者たちを処罰しないのか、と於一に問われ、厳しい表情で語るところは印象的でした。厳しい処罰は、それを受けた者たちに憎しみとか恨みといった感情を生み、やがて国を揺るがしかねない…という懸念を持っていたということですよね…。普通だったら(というのもなんですが)、反乱の芽を摘むために厳しい処罰を、という考え方になりそうなのに、そうならなかったところは意外といえば意外ですが、現代に起こっているテロや戦争が、憎しみの連鎖を生んでいることへの警告というか…時代を超えて通じる部分があるなぁと感じさせられました。

さて「またあの姫に会いたいな」と於一のことを思うのは斉彬ばかりではありませんでした。来週はいよいよ、於一に縁談が持ち上がるわけですが…それを知った瑛太くん演じる尚五郎の動きにも注目したいところですね。

於一(篤姫)…宮﨑あおい
尚五郎(小松帯刀)…瑛太
島津斉彬…高橋英樹
島津忠剛…長塚京三
お幸…樋口可南子
島津忠敬…岡田義徳
菊本…佐々木すみ江
肝付兼善…榎木孝明
小松清猷…沢村一樹
お近…ともさかりえ
西郷吉之助(隆盛)…小澤征悦
大久保正助(利通)…原田泰造
島津忠教(久光)…山口祐一郎
島津右近…加治将樹

« 凍った… | トップページ | 映画『陰日向に咲く』 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/17865446

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第四話・名君怒る:

» 篤姫・第4話 [ブルー・カフェ]
NHK大河ドラマ「篤姫」 (カドカワムック 263 別冊ザテレビジョン)角川ザテレビジョンこのアイテムの詳細を見る 篤姫第4話です。若々しさに欠ける藩主桃太郎と於一(後のあっつー姫)がいよいよ対面です。 【民の英雄】 お家騒動により甚大な被害をだした薩摩。ようやく争いも収束を向かえ、藩主となった斉彬こと桃太郎。 桃太郎が藩主になったからには義弟忠教を藩主にしようと暗躍した一派に厳しい咎めがあるのかと、桃太郎側についた一派たちは大きく期待します。ところが咎めは無く、イキナリ「民の為の政をするのじゃ〜... [続きを読む]

» 『篤姫』第4回「名君怒る」 [strの気になるドラマ 気になるコト]
2008年『篤姫』第4回。。今回は於一の勇猛ぶりといか。。そして島津斉彬の名君ぶりと。。それがよく描かれた回でしたね。意外と、こういう回って、大河ドラマでは退屈になることが多いんだけど。。2008年大河ドラマ『篤姫』 第4回 「名君怒る」  原作 … 宮尾登美...... [続きを読む]

« 凍った… | トップページ | 映画『陰日向に咲く』 »