2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 新年早々… | トップページ | 日本インターネット映画大賞(日本映画部門) »

2008年1月 3日 (木)

日本インターネット映画大賞(外国映画部門)

さて、映画のまとめ代わりに毎年参加している日本インターネット映画大賞。今回も投票してみます。まずは、外国映画部門から。私の個人的な感想としては、日本映画ブームのなかですが、外国映画も「これは…!」と思える作品がかなり多くあったなと思いました。

-------------------------------------------------------

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「不都合な真実    」    5点
  「ボーン・アルティメイタム」  5点
  「パイレーツ・オブ・カリビアン
      ワールド・エンド」   4点
  「サン・ジャックへの道 」   4点
  「リトル・ミス・サンシャイン」 3点
  「敬愛なるベートーヴェン」   3点
  「ホリデイ       」   2点
  「クイーン       」   2点
  「ミス・ポター     」   1点
  「街のあかり      」   1点
【コメント】
今回はこんな感じです。
「不都合な真実」はかなり怖かったです。でも不安をあおるだけじゃなく、まだ間に合うんだと…希望ももらいました。考え方がちょっと変わりました。
そして、「ボーン…」と「パイレーツ…」どっちに5点付けるかで迷って結局「ボーン…」に。あのハラハラ・ドキドキとマット・デイモンのアクションはすごかったです。「パイレーツ…」もシリーズ3作目ってことで、キャラクターへの思い入れもひとしおで、なかなか楽しめた作品でした。
「サン・ジャックへの道」と「リトル・ミス…」は、同じような系統の作品なのに点差があるのは、ひとえに私の個人的なツボに嵌まり具合というところ。ほんとに、それだけ。
「敬愛なるベートーヴェン」は私のクラシック好き、ベートーヴェン好きから入れてみました。音楽も、ベートーヴェン役のエド・ハリスもすばらしかったです。
以下「ホリデイ」「クイーン」「ミスポター」「街のあかり」は登場人物の魅力があったなぁと思えるものを選んでみました。
次点としては「硫黄島からの手紙」「オーシャンズ13」「魔笛」「幸せのレシピ」など。残念ながら点数は入れられませんでしたが、どれも良かったです。

---------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ポール・グリーングラス] (「ボーン・アルティメイタム」)
【コメント】
マット・デイモンの演技もさることながら、息をつかせない展開、そしてなんと言ってもあの終わり方!最初から最後まで楽しませてもらいました。
【主演男優賞】
   [マット・デイモン   ] (「ボーン・アルティメイタム」)
【コメント】
今回の対象作品を眺めていて、もしこの作品を観てなかったら「パイレーツ…」のジョニーデップか「敬愛なるベートーヴェン」のエド・ハリスだっただろうな、と思いますが…やっぱりあの気迫、執念、アクション…あれを見せられたら、選ばないわけには…(笑)。


【主演女優賞】
   [レ二ー・セルウィガー ] (「ミス・ポター」)
【コメント】
これも他に「クイーン」のヘレン・ミレン、「ホリデイ」のキャメロン・ディアスなどと迷ったんですけども、結局私が個人的にいちばん好みな女優さんを選びました。自分の夢にまっすぐな女性を清々しく演じていて、そして恋する表情もとても可愛らしかったです。

【助演男優賞】
   [ジュード・ロウ    ] (「ホリデイ」)
【コメント】
主演女優賞でキャメロン・ディアスを選べなかったから…というわけでもなく。じつはあまり外国の俳優さんに興味のない私ですが、この人はカッコいいなぁと…この作品を観て思ったという、そんな理由だったり。候補として悩んだのは同じく「ホリデイ」のジャック・ブラック、「幸せのレシピ」のアーロン・エッカート、「クイーン」でブレア元首相を演じたマイケル・シーンなど。

【助演女優賞】
   [アビゲイル・プレスリン] (「リトル・ミス・サンシャイン」「幸せのレシピ」)
【コメント】
今年は彼女の出演作をふたつ観ていて、かなり違うタイプの役でしたが、どちらもすごく良かったです。小さいけれど、もう立派な女優さんという感じ。他に候補としては「ミス・ポター」のエミリー・ワトソン、「魔笛」のリューボフ・ペトロヴァなど。

【新人賞】
   [           ] (「        」)
【コメント】
パスで…。
【音楽賞】
  「敬愛なるベートーヴェン」
【コメント】
ベートーヴェンの「第九」がほんとうにすばらしい曲だということを、あらためて実感させられました。
-----------------------------------------------
【勝手に○×賞】
   [           ] (「        」)
  「           」
【コメント】
こちらもパスで…。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

« 新年早々… | トップページ | 日本インターネット映画大賞(日本映画部門) »

「映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
TBどうもありがとうございました!
「不都合な真実」は未見でして、なぜかレンタルにも置いてなくて残念。
「ボーン…」はアクションがすばらしくて、文句ないですね。
【監督賞】は一緒ですよ!
シリーズの質を落としてないところがよかったです。

>アイマックさん
こちらこそ、コメント&TB返しありがとうございました!
「不都合な真実」、まだDVD置いてないんですね。
できるだけ、たくさんの人が見て考えてほしいと思う作品でした。
「ボーン…」、凄かったですよね!
アクションも凄いし、頭脳戦もなかなかで…とくに
ラストが印象的でしたね。

先般は日本インターネット映画大賞への投票ありがとうございました。遅くなりましたが、作品賞ならびに各賞が決定しましたのでお知らせいたします。今後とも、日本インターネット映画大賞をよろしくお願いいたします。

>日本インターネット映画大賞事務局さま
ご丁寧に、お知らせくださってありがとうございます。
さっそく結果を見させて頂きます。
こちらこそ、これからも宜しくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/17567259

この記事へのトラックバック一覧です: 日本インターネット映画大賞(外国映画部門):

» 日本インターネット映画大賞外国映画部門 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
今年も投票のお誘いを頂きましたので 『日本インターネット映画大賞外国映画部門』を投票させていただきます。 応募規定の作品の選出対象の対象作品として 必ずしも「2007年公開作品」には限定せず、 「今年あなたが初めて観た映画」とありますが、 2007年度と銘打っている..... [続きを読む]

» 日本インターネット映画大賞 2007年投票(外国映画) [しぇんて的風来坊ブログ]
日本インターネット映画大賞 下記のように投票しました。 『 外国映画用投票フォーマット 』 【作品賞】(5本以上10本まで)   「 ラジオ・スター   」 2   点    「 黒い眼のオペラ   」 2   点   「 善き人のためのソナタ」 5   点   「 約束の旅路     」 3   点   「 長江哀歌      」 3   点   「 サイボーグでも大丈夫」 3   点   「 明日、君がいない  」 4   点   「 トランシルヴァニア 」 3  ... [続きを読む]

» 【映画】日本インターネット映画大賞投票 外国映画編 [新!やさぐれ日記]
先日、日本インターネット映画大賞様より投票依頼を頂いた。 片手間で映画の記事を書いている感じのうちにまで頂けるとは大変ありがたい事だと感謝。見たかった映画の全てを見たわけではないが、現状で精一杯の投票をさせていただく事に。 こちらはその外国映画部門。 [作品賞投票ルール(抄)]  ・選出作品は5本以上10本まで  ・持ち点合計は30点  ・1作品に投票できる最大は10点まで ------------------------------------------------... [続きを読む]

» 今年の71作(2007)31位→70位+1 [-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-]
後半戦です。評価が低い作品ほど好き勝手書いてます。31.「ハンニバルライジング」(5/11)「羊たちの沈黙」はそれほど好きではないのですが、今回は期待度が高くなかった分も手伝ってか結構楽しめました。32.「スターダスト」(10/27)大作をうたったシリーズもの...... [続きを読む]

» 日本インターネット映画大賞(2007年外国映画) [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
2007年の劇場公開映画からベストテンを選んでみました♪ ----------------------------------------------------------------- 【作品賞】 「世界最速のインディアン」  7点 「マリー・アントワネット」    1点 「ドリームガールズ」      1点 「ゴー... [続きを読む]

» 2007年・何を見ましたか?洋画【映画館】 [ぷち てんてん]
2007年もあっという間に過ぎていくよ〜。私は今年は年間通して70本映画館で見ました。まあ、こんなもんかな〜〜。(地方ですからね(笑))DVDは新作を追いかけることが多く、今年上映された映画で見逃したものをDVDでみるという感じですね。DVDのほうは今年は100本ぐ...... [続きを読む]

» 日本インターネット映画大賞【外国映画】 [映画通の部屋]
今年も『日本インターネット映画大賞』に参加することにしました。昨年、私が投票した [続きを読む]

» 日本インターネット映画大賞外国映画部門 [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
邦画よりも本数は多く観ましたが、それでもそんなに観たわけではないので、マトモな投 [続きを読む]

» 2007’日本インターネット映画大賞 外国映画 [小部屋日記]
昨年、日本インターネット映画大賞さんより恒例の2007年度の募集参加の呼びかけがあり、早速投票することにしました!日本映画は投票するほど観てないので昨年同様パスということで・・ さて2007年公開外国映画の中で、劇場で観た新作50本、DVD(旧作・新作)は60本。 1月3日の「マスター・アンド・コマンダー」から12月24日の「マリア」まで合計110本でした。 12月が失速しましたが、自分としてはよく観たなあと思います。 では投票です{/cat_4/} [作品賞投票ルール(抄)]  ・選出作品は... [続きを読む]

« 新年早々… | トップページ | 日本インターネット映画大賞(日本映画部門) »