2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ショートアンテナ | トップページ | 映画『魍魎の匣』 »

2008年1月 6日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第一話・天命の子

Atsuhime

いよいよ始まった、今年のNHK大河ドラマ『篤姫』(あつひめ)。
ここ何年か注目している女優さんである宮﨑あおいさんが主役ということで…ほんと、しばらくぶりに「大河ドラマ見よう!」という気になっていたわけです。

大河ドラマ『篤姫』
―第一話・天命の子

薩摩藩・今和泉島津家に生まれた姫・於一(おかつ)の誕生前から十三歳まで。
財政難に苦しむ薩摩藩を家老・調所広郷が立て直そうとするさま、藩からの厳しい締め上げと、領民からの嘆願で板ばさみになる、於一の父・忠剛の苦悩が描かれ、父の苦しむ姿にたまらず十三歳の於一は調所の屋敷へ直訴へ向かいます…。

「藩を立て直す」って言っても…幕府から禁じられたことをやっている調所は、最初、分家や家臣、領民を締め付ける“悪役”そのもののようにも見えましたが、「民を守るために命を投げ出す」という武家の役割を全うしようとし、そのために文字通り“自分の首”をかけているわけで…その覚悟、凄みも感じられました。
でもまぁ、於一と、巻き込まれて調所邸を訪れることになった幼馴染・尚五郎にアッサリと自分のやっている“悪事”をさらけ出すところには、びっくりさせられました。
…まっすぐで初々しい、宮﨑あおいさん演じる於一(のちの篤姫)と、瑛太くん演じる尚五郎(のちの小松帯刀)が微笑ましくもあり、後に待つふたりの運命を思うと、複雑な気持ちにもなります。
次回は、於一がとうとう島津本家へ養女として入ることになって…将軍家への輿入れに向けての動きが出てくるようで、来週の放送が楽しみです♪


於一(篤姫)…宮﨑あおい
肝付尚五郎…瑛太
島津忠剛…長塚京三
お幸(於一の母)…樋口可南子
島津忠敬(於一の兄)…岡田義徳
調所広郷…平幹二郎
島津斉興…長門裕行
島津斉彬…高橋英樹
西郷隆盛…小澤征悦
徳川家祥(のちの家定)…堺雅人 他

« ショートアンテナ | トップページ | 映画『魍魎の匣』 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/17599295

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第一話・天命の子:

» 「篤姫」第一話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
徳川13代将軍家定の御台所として大奥を統率し、 江戸城無血開城にも尽力した天璋院篤姫の生涯を描く。 宮尾登美子原作、田渕久美子脚本、佐藤峰世演出。 第一話『天命の子』 [続きを読む]

» 篤姫 (宮崎あおいさん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆於一(おかつ)役の宮崎あおいさん(のつもり)。宮崎あおいさんは、毎週日曜よる8時NHK総合にて放送されている『大河ドラマ 篤姫』で於一(篤姫、のちの天璋院)を演じています。一昨日は第1回が放送されました。... [続きを読む]

» 篤姫・第1話 [ブルー・カフェ]
NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る あけましておめでとうございます。昨年は「風林火山」レビュー、「小山田クラブ」そして「風林火山クラブ」とお世話になりました。 今日からは時代を「幕末」に移して篤姫がスタートですね。「幕末」といえば熱心なファンの方も多いようですが、ワタシのような「うっすい(薄い)」知識でどこまでついて行けるか多いに不安ですが・・・とりあえず面白そうだったらレビューを書き続けたい... [続きを読む]

« ショートアンテナ | トップページ | 映画『魍魎の匣』 »