2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 透明なオレンジ | トップページ | 恵方巻き »

2008年2月 3日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第五話・日本一の男

Atsuhime於一に初めての縁談が…そして尚五郎が動きますが…。

大河ドラマ『篤姫』
―第五話・日本一の男

於一のもとに斉彬から一揃いの史書「日本外史」が届き、喜んで読みふける於一に菊本は、女の幸せは良い嫁になることだと説きます。
そんな折、忠教は息子の右近が於一に一目ぼれし、結婚したいと言っていると伝えられた忠剛ですが、忠教の家との縁談は斉彬に誤解を与えるのではないかと、どうしても前向きになれません。
忠敬から於一の縁談を聞いた尚五郎は激しく動揺し、於一に結婚をどう考えるのかと尋ねるますが、於一は「日本一の男と結婚したい」と答えるだけ。
そのころ薩摩に招かれていたアメリカ帰りのジョン万次郎と会った尚五郎は、アメリカでは家の間で縁談を決めるのではなく、好きな相手と結婚できると知って勇気を得た尚五郎は、ついに忠剛へ直談判し、於一への思いを打ち明けるのでした…。

斉彬の異母弟である忠教から、彼の息子である右近と於一との縁談を持ちかけられた忠剛は、当然、簡単に受けることはできないですよね…。騒動が収まったとはいえ、敵方ともいうべき家柄なわけですからねぇ…。
それを於一の兄である忠敬から聞いて動揺した尚五郎は西郷・大久保のふたりに手厳しくも力強い助言を受けて行動に出ようとします。ここで「惚れていたのですね…」と問いかけられても戸惑って煮え切らない感じの尚五郎。
それにしても…碁をするためとはいえ頻繁に於一を訪ねていた尚五郎のことを、誰もそういう対象として見ていなかったのは、於一に全くその気がなさそうだったからなのか、尚五郎がどこか男らしくないところがあったからなのか、それとも身分の差があったからなのか…と色々考えてしまいました(というか、このドラマが始まってからずっと、どうして誰もそういう風に見ないのかなぁ…と思っていた私)。
思いつめた尚五郎から「どのような男が好きか」と問われた於一は「日本一の男の妻になりたい」と答えます。それは於一にとって日本一という意味なんですけども…なんともこの先の於一の行く末を思うと、なんとも不思議な言葉というか…。
とうとう忠剛に直談判した尚五郎の真っ直ぐで一生懸命な様子から、於一のことを思う気持ちが伝わって、とてもいいなぁと思いました。そんな彼の心意気に感じ入った忠剛は右近との縁談を断るつもりで斉彬の呼び出しに応じたのに、「島津本家の姫として養女にしたい」という斉彬の話にはびっくりの様子でしたね…。
また、アメリカ帰りのジョン万次郎が今回から登場してきました。殿様にも率直にものを言うところなんかは、かなり気持ちよかったです。予告を見たら、於一とのことを打ち明けた尚五郎に、なにやら物騒なことを言ってましたが…(笑)、多感な時期を異国で過ごし、日本とは全く違う価値観を学んだ彼らしい言葉でしょうねぇ。
さて…次回は於一にとっても、そして尚五郎にとってもつらい部分もあったりしながら、人生の岐路に立たされる回になりそうで、目が離せません。

於一(篤姫)…宮﨑あおい
尚五郎(小松帯刀)…瑛太
島津斉彬…高橋英樹
島津忠剛…長塚京三
お幸…樋口可南子
島津忠敬…岡田義徳
菊本…佐々木すみ江
小松清猷…沢村一樹
お近…ともさかりえ
西郷吉之助(隆盛)…小澤征悦
大久保正助(利通)…原田泰造
島津忠教(久光)…山口祐一郎
島津右近…加治将樹
ジョン万次郎…勝地涼

« 透明なオレンジ | トップページ | 恵方巻き »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/17944203

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第五話・日本一の男:

» 「篤姫」第五話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
この時代の家意識や結婚観に翻弄される思いがある。 第五話『日本一の男』 [続きを読む]

« 透明なオレンジ | トップページ | 恵方巻き »