2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 再び雪 | トップページ | 惰眠… »

2008年2月10日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第六話・女の道

Atsuhime_4

島津本家の養女になることが決まった於一ですが…尚五郎のこともなんだか気にかかります…。

大河ドラマ『篤姫』
―第六話・女の道

於一を養女にしたいとの斉彬の申し出に忠剛は感激し、幼いころから於一を育ててきた菊本も、この上ない名誉と、ことのほか喜びます。しかし於一は突然のことに驚き、断ることなどできないとは知りながら、どうしていいのか迷います。
養女の件を知った尚五郎は、於一が自分と夫婦になることがかなわない身分になることを悟って自暴自棄になり、西郷の祝言に招かれた尚五郎は感極まって泣き崩れますが、西郷に励まされるのでした。
喜びに包まれる今和泉家ですが、なぜか菊本の様子がおかしいことにお幸は気づきます。養女に選ばれたことにどうしても納得できない於一は、斉彬とじかに会い、理由を教えてもらいたいと忠剛に懇願します。
城に出向く日の朝、菊本は於一に「女の道は一本道。引き帰すは恥にございます」と迫り…。

なんか今回は…涙腺を刺激される場面があちこちにありました。
まず、於一が島津本家の養女となることが決まり、自分の手に届かない身分となったことを知った尚五郎。於一の前では普段どおり振る舞い、「なぜ自分が養女に選ばれたのか」と納得のいかない於一に助言もするのですが…西郷の祝言に出かけ酒に酔った末に泣き出してしまいます…。おそらく武士はそう簡単に人前で泣いたりしないものだったでしょうが、見る側は現代人なので、感情移入しやすかったと思います。
そんな尚五郎は「好きな人を奪われてしまいました」と、アメリカ帰りのジョン万次郎にこぼしますが、万次郎は「なら奪い返したらええ」と。…まぁほんとにそれができると思って言っているというよりは、彼なりの慰めの言葉という感じもしました。於一もこの時代のお姫様にしては自由奔放な人ですが、万次郎はそれを上回る自由人です。アメリカで身につけた価値観と、於一や尚五郎のような自分を縛るものがないからでしょうか。
さて…尚五郎の助言を受けて、斉彬に直接、自分を選んだわけを聞くことになった於一。そこで斉彬の亡くなった母の話を聞くことになります。なんでも「風変わりな人」だったのだそうで…たしかに、於一もお姫さまとしたら「風変わりな子」ですもんね…(笑)。母の話をする斉彬の口調がしみじみとして、その思いの深さが伝わってくるようでした。
斉彬といえば、異母弟の忠教が藩の職を退き、領地の仕事に専念したいと申し出ます。海防の件で万次郎に面目を奪われ、また養女の件では自らの娘を選ばれず、斉彬が養女として選んだのは息子の右近の嫁にと考えていた於一…といいところのない忠教。斉彬には含むところはなく、選択した結果がたまたまそうだっただけだったはずですが、忠教からすれば、騒動の結果、自分は信用されていないのだと思ってしまう部分もあったのでしょうね。周囲の騒がしさはともかく、兄弟の絆は揺るぎなかった騒動前のふたりには戻れない部分を感じさせられました。
そして…斉彬との対面の後、養女となることに納得した於一と、そんな娘との別れを寂しく思う忠剛とお幸でしたが…そこに届いたのは菊本が自害したという報せでした。ちょっと口うるさいところもありながら、於一にとっては父や母と同様に、かけがえのない存在だった菊本との突然の別れ。…次回は、菊本の思いが明らかになっていきます。

於一(篤姫)…宮﨑あおい
尚五郎(小松帯刀)…瑛太
島津斉彬…高橋英樹
島津忠剛…長塚京三
お幸…樋口可南子
島津忠敬…岡田義徳
菊本…佐々木すみ江
小松清猷…沢村一樹
肝付兼善…榎木孝明
ジョン万次郎…勝地涼
お琴…ともさかりえ
西郷吉之助(隆盛)…小澤征悦
大久保正助(利通)…原田泰造
島津忠教(久光)…山口祐一郎

« 再び雪 | トップページ | 惰眠… »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/17945159

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第六話・女の道:

» 「篤姫」第六話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
"武家"という社会の中にある"家族"と言う社会。 於一の運命は大きく動き始めている。 第六話『女の道』 [続きを読む]

« 再び雪 | トップページ | 惰眠… »