2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 高崎へ | トップページ | 3月の観たい映画その後 »

2008年3月30日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第十三話・江戸の母君

Atsuhime前回、薩摩に別れを告げた篤姫。
しかし、またまた難関が色々と…。


大河ドラマ『篤姫』
―第十三話・江戸の母君

徳川将軍家の御台所になるべく篤姫は、まずは船で大坂に向かいました。荒い波にもまれ激しい船酔いに苦しむなか篤姫と幾島は互いの絆を深めあうのでした。途中、京の近衛忠熙にあいさつに行き、そこで幾島は家祥が公家の娘を正室にするという噂があると老女・村岡から聞き大いに驚きます。ようやく江戸に着いた篤姫らは薩摩藩邸に入りますが、斉彬の正室であり形式上は篤姫の母となった英姫と会えない日々が続くのでした。
一方、江戸城では斉昭が篤姫の輿入れに反対し老中・阿部らを困らせていました。そして薩摩では、尚五郎が江戸に行きたいと願っていたものの、斉彬に選ばれ江戸へ向かうことになったのは西郷でした。尚五郎は意気消沈しますが、清猷の琉球行きを知り、自分を恥じることになるのでした。
…とうとう篤姫は、英姫との対面が叶います。しかし英姫は篤姫ごときが御台所になれるわけがなく、すべては斉彬の妄想だと冷たく言い放ち…。幾島は、事の真相を突き止めようと決意するのでした。

将軍家に輿入れするために薩摩を出た篤姫でしたが…江戸で対面した、新しい母上となった英(ひさ)姫から「御台所の話など、殿(斉彬)が勝手に思っていること。分家の娘ふぜいが徳川家、しかも将軍家に嫁ぐなどとんでもない」との容赦ない言葉を浴びせられ、そのうえ親子になったというのに御簾越しにしか対面してもらえないという仕打ちに、何のために薩摩や生まれた家を捨てたのかとやるせない気持ちで幾島に当たってしまいます。
けれど…幾島がかつて仕えた郁姫を早くに亡くしてしまったことを話し、篤姫のためを思い真相を突き止めることを約束する様子に心を癒されるのでした。
これも、薩摩にいた頃には反抗ばかりしていた幾島に対し、辛い船旅の最中、船酔いに苦しむ自分を介抱してくれたことをきっかけに、深い絆を感じていたからこそ、素直に聞き届けることができたのでしょうね。この先、篤姫と幾島は大奥に上がってからも支えあっていくわけで…その一端が見えたような気がしました。
英姫は、徳川御三卿のひとつ、一橋徳川家3代当主の4女(しかし、実は第11代将軍・家斉<←正室は斉彬の曽祖父の娘・茂姫>の娘との説あり)で、斉彬のもとに嫁いできた人です。政略結婚の末もうけた子どもはその多くが夭逝し、斉彬とは心がすれ違い、つらい立場の人でもあります。この先…そういった部分が篤姫との関係を変えていくような方向に進んでいくといいなぁと思います。

そして薩摩では斉彬の参勤交代に西郷がついて行くことになり、外された尚五郎は意気消沈しています。西郷には「次は私が」と強がって見せるものの、どうしても納得がいかず、とうとう、恩師でもある清猷を訪ね、その心情を訴えます。それを黙って聞いた清猷は、自分が殿の側を離れ琉球行きを命じられたことを尚五郎に打ち明けます。琉球はいつ戦が始まってもおかしくない状況となっていて、人が求められていることは解ってはいながら、やはり今まで自分が斉彬の側で仕えていたことは何だったのか問いたい気持ちになると、それでも殿を信じ命じられたことに従おうとし、尚五郎に薩摩を託す、その清猷の思いに、心を打たれた尚五郎。篤姫への想いから同じ江戸へ行きたいと願っていた尚五郎はそんな自分を恥じて涙を流します。そしてそのやり取りを聞いてしまったお近もまた、想いを寄せる尚五郎の、篤姫への想いを感じ取ってひそかに涙を流します。
この、お近→尚五郎→篤姫という三角関係(というか一方通行の想いの数々)の切なさも毎回気になるところです。じつは、篤姫の兄・忠敬はお近に好意を寄せているらしいのですが、あまりその辺のエピソードは出てきませんよね…。
それから…清猷の琉球行き。何かにつけ斉彬の側に控え、尚五郎や篤姫を昔からよく知る関係上、微妙な心の揺れを見せるその表情などにドキドキさせられて来ましたが、もうすぐそれも見られなくなると思うと、ちょっと寂しい気もします。

さて…幕府では薩摩藩の姫を御台所に迎えることに反対する斉昭に困っている老中・阿部は、豆を炒るのに夢中な将軍・家祥に直接「先の御台さまが亡くなられてすでに三年…」と御台所を迎える話を切り出します。そんな阿部に家祥は「「御台じゃと?わしが欲しいのは新しき火鉢じゃ。豆を炒るのに便利な、炭がカッカッカッと燃えるのが欲しい」と返します。上辺だけ受け取ると、なんだかどうしようもない将軍さまという感じですけど…私は「公家の娘をもらうのは面白みがない」と暗に言っているのかなぁと…ちょっと深読みしすぎかもしれませんが、なんとなく…のんきに豆を炒りつつも、どこか意味深な表情を覗かせる家祥にそんな部分を感じさせられました。

次回は…「父の願い」。今回も少し出てきましたが、篤姫に実父である忠剛の、娘への思いが描かれます。…なんだか、また泣いてしまいそうな気が…(笑)。



篤姫…宮﨑あおい
尚五郎(小松帯刀)…瑛太
島津斉彬…高橋英樹
島津忠剛…長塚京三
お幸…樋口可南子
島津忠敬…岡田義徳
小松清猷…沢村一樹
お近…ともさかりえ
幾松…松坂慶子
しの…小林麻子
村岡…星由里子
小の島…佐藤藍子
英姫…余貴美子
西郷吉之助(隆盛)…小澤征悦
大久保正助(利通)…原田泰造
近衛忠熙…春風亭小朝
徳川斉昭…江守徹
阿部正弘…草刈正雄

« 高崎へ | トップページ | 3月の観たい映画その後 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/40682256

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第十三話・江戸の母君:

» 「篤姫」第一三話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
主と従・・・上に立つ者と仕える者。 異なる立場に生まれる信頼と絆と忠誠・・・とやりきれないさ。 第一三話『江戸の母君』 [続きを読む]

« 高崎へ | トップページ | 3月の観たい映画その後 »