2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『明日への遺言』 | トップページ | 木曜時代劇『鞍馬天狗』―第8回(最終回)・角兵衛獅子 後編 »

2008年3月 5日 (水)

厨房ガール!

Cookinggir 映画にもなった『T.R.Y.』のシリーズは読んだことあったんですが…これも読んでみました。

井上尚登・著
『厨房ガール!』

高名なフレンチの料理学校SWAT。伝説のスパルタ校に入学、ドジばかりしでかす理恵の誰にも言えない秘密、それは元警官であること、そして…。
料理より推理のシェフ見習いが次々事件に巻き込まれ…?


濁ってしまうコンソメスープの謎、ヘビーな味のパスタの真実、何もかも間違ってるレストランの不思議、料理学校に出るという幽霊の正体…。料理とかレストランに関係のある色々な事件が起こって、料理学校SWATに通う元警察官の理恵とその仲間たちが、ドタバタしながらその事件を解決していく…そんな感じ。
井上尚登さんの作品は、織田裕二さん主演で映画化もされた『T.R.Y.』や、その続編である『北京詐劇』は読んだことあったんですが、今回読んだ『厨房ガール!』は、コメディタッチで、かなりタイプが違うなぁと思いながら手にとってみましたが、これはこれで、なかなか新鮮で楽しめました。あとがきに書かれていましたが、井上さんは食べることが大好きなのだそうで、なるほどそうだろうなぁとうなずいてしまうというか、それくらい作中に登場する料理の描写が食欲をそそられる感じで、空腹だとつらいかも…(笑)。

« 映画『明日への遺言』 | トップページ | 木曜時代劇『鞍馬天狗』―第8回(最終回)・角兵衛獅子 後編 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/40388335

この記事へのトラックバック一覧です: 厨房ガール!:

« 映画『明日への遺言』 | トップページ | 木曜時代劇『鞍馬天狗』―第8回(最終回)・角兵衛獅子 後編 »