2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 「狂言劇場その四」in世田谷パブリックシアター。 | トップページ | 映画『ポストマン』 »

2008年3月27日 (木)

食い逃げされてもバイトは雇うななんて大間違い

Saodake楽しみにしていた下巻が出たので早速読みました。


山田真哉・著
「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い
禁じられた数字<下>

数字は人を騙す武器です。
数字に騙されず、常識に惑わされないために、数字が苦手な人でも「数字の裏側」を読めるようになること、「会計がわかればビジネスもわかる」といった会計に関する誤解をとくこと。この二つを目的として、普段語られない“会計の本質”に迫り、数字のウソを学ぶことで数字に騙されない“考える力”を鍛えます。

<上>の「食い逃げされてもバイトは雇うな」をいい意味で否定する内容になっていて、なるほどなぁと感心させられました。要するに、食い逃げを防止するためにバイトを雇うと、その人件費のほうがかかってしまい無駄であるという内容が<上>の「食い逃げされてもバイトは雇うな」。で…バイトを雇わず食い逃げを黙認しているうちに店の信用がなくなり、さらに食い逃げにとどまらずレジごと盗まれるというような被害に発展しかねないのでバイトは雇ったほうが良い、というのが今回。会計的な見方をすれば<上>のようにするのが正しいと考えられるものの、ビジネス…つまり企業を経営するという視点からすると<下>のような方法を取るほうが結果的には正しいという。
たしかに…こう読んでくると、「会計がわかればビジネスもわかる」というのは、ちょっと違うかなぁという気がしてきますね。というかつまり、会計を理解したとしても、それをそのままビジネスに当てはめるのは間違い、ということでしょう。会計とビジネスは別物、というか考え方は正反対だということを知ったうえで応用することは、まぁ良さそうですけどね…。
…会社を経営するとかそういうのとは無縁な私ですが、数字が人に与える影響など、なかなか興味深く考えさせられる内容でした。

« 「狂言劇場その四」in世田谷パブリックシアター。 | トップページ | 映画『ポストマン』 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/40659744

この記事へのトラックバック一覧です: 食い逃げされてもバイトは雇うななんて大間違い:

« 「狂言劇場その四」in世田谷パブリックシアター。 | トップページ | 映画『ポストマン』 »