2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 小山実稚恵ピアノリサイタルinカノラホール(岡谷市文化会館) | トップページ | 映画『紀元前1万年』 »

2008年4月27日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第17話・予期せぬ縁組み

Atsuhimeさて今回は篤姫と尚五郎が再会。そして…?

大河ドラマ『篤姫』
―第十七話・予期せぬ縁組み

篤姫の江戸城大奥へのお輿入れが翌年早々と決まり、江戸の薩摩藩邸は華やいだ雰囲気に包まれていました。西郷は篤姫の嫁入り道具の選定を命じられて奔走しますが、幾島にはもっと質の高いものを用意するようにと突き返され続けるのでした。そんな折、尚五郎はようやく江戸詰めに選ばれ、初めての江戸暮らしに尚五郎は驚くばかり。斉彬の身近でお庭番として活躍している西郷の姿にも刺激され、蘭学等の勉強に励みます。
…しかし、わずか数か月後に尚五郎は斉彬に呼ばれ予期せぬ重大な命令を受けることに。それは小松清猷が赴任先の琉球で病死したため、尚五郎は清猷の妹・お近と結婚し小松の家を継ぐようにというものでした。あまりの突然な縁組に驚きを隠せない尚五郎に、斉彬は篤姫との面会を特別に計らいます。篤姫と久しぶりに囲碁を打つ尚五郎は、すっかりと御台所にふさわしい落ち着きを身につけた篤姫の成長ぶりを目の当たりにし、自らの運命にも覚悟を抱くのでした。
尚五郎が去った江戸の薩摩藩邸では、お輿入れの準備も大詰めを迎えていました。そんなある夜、突如、江戸の町を大地震が襲い…。

前回、江戸へ行くことが決まった尚五郎は、今和泉島津家と小松家へ挨拶に訪れますが…今回とくに注目だったのは、小松家でのお近とのやり取り。尚五郎が薩摩を離れることを知ったお近が「江戸へ行くのは尚五郎さんの夢でしたものね」と言いながら、やはり寂しさを感じている、そんな複雑な心境を垣間見ることができました。そこで二人は、琉球へ発つ前の清猷の「近を気にかけてやって欲しい」という言葉を思い出していました。いま思えばきっと、清猷はお近の気持ちに気づいていたんでしょうね。
そして…いよいよ薩摩を発つことになった尚五郎。見送りにやってきた大久保たちとの別れの挨拶にしんみりしましたが、その後、富士山を目にして駆け出した姿には思わず笑ってしまいました。それを追いかけていくお供の人たちが大変そうだなって…(笑)。

そんな尚五郎が向かおうとしている江戸・薩摩藩邸では、婚儀の日取りが決まった篤姫のため、嫁入り道具の調達を任された西郷が、用意したものを「全部作り直しですね」と幾島から突き返されてしまいます。「私はこれも好きじゃ」と焼き物を手に取る篤姫を幾島が咎めている、その後ろでしょんぼりしている西郷がなんだか可笑しかったです。
お道具をめぐっては「全てにおいて最高級のものを」と息巻く幾島をさらにヒートアップさせる出来事が。それは篤姫の養母である英姫から、自分が嫁入りのときに持ってきた道具を使ってはどうか、との申し出があったせい。「お下がりで良いと見下している」と怒り心頭な幾島とは対照的に素直に喜ぶ篤姫。そんな様子を伝え聞いた英姫は「あの姫らしいのう」とひと言。…なんか、幾島の言うような含みは感じられなかった気が。

で…所変わって、篤姫のお相手、家定はというと。
篤姫との婚儀について相談に訪れた阿部と斉彬の言葉にも、「よきに計らえ」と上の空でしかめ面の家定。意に反する縁組が決まったことを怒っているのかと思いきや…ただ単に、自分で焼いた菓子(かすていら)の出来に不満だっただけという。この人は、ほんとうにもう(汗)。でもこれ、実際にあった話として伝わっているというからさらに驚きですよね。芋や豆の煮炊きに夢中で「イモ公方様」と呼ばれていたとか。
そんな家定も篤姫が聡明であることを聞き「哀れなことよのう。賢さなど役には立たぬ、特に大奥ではな」と冷めた口調。やっぱり…あの暗愚ぶりはフリなんでしょうか。
まぁなんにしても、堺さん好きなので出番が増えてきて嬉しいです。

江戸に到着した尚五郎は西郷と再会して、お勤めと勉学にいそしむ日々。
しかしそれも長くは続かず、三ヵ月後、斉彬から呼びだされた尚五郎は、恩師である小松の病死を知らされショックを受けます。そのショックも消えないうちに、小松家へ養子へ行くこと、そしてお近との縁組を命じられます。
戸惑いを隠せない尚五郎を斉彬は篤姫のもとに連れて行きます。それは、篤姫に思いを寄せていたことを知る斉彬の、せめてもの詫びの気持ち。しかし…急なことで、篤姫との対面にも戸惑っている様子がなんか…ちょっとかわいそうになるくらいでしたけど、やっぱり付き合いの長さゆえなのか、この先に不安を覚える篤姫を励ます尚五郎は、今までどおりだなと感じさせられました。でも、お近と夫婦になることは言い出せなかったんですね…なんとなく、気持ちは分かるような気はしますが…。

そして…江戸を発つ尚五郎を見送った西郷は、一方で篤姫の嫁入り道具の調達に再び奔走していて、とうとう幾島にも「素晴らしい。文句のつけようがありませんね」とほめる言葉が。ほっとして倒れこむ西郷、やっぱりお役目を無事果たして脱力した気持ちががよく表れてました。
しかし、そこへ襲った大地震。せっかくそろったお道具も大変なことに。どうなることやら。

次回は、斉彬の密命。篤姫には大奥での大事な役目があるらしいです。気になりますね。


篤姫…宮﨑あおい
尚五郎(小松帯刀)…瑛太
徳川家定…堺雅人
島津斉彬…高橋英樹
英姫…余貴美子
幾松…松坂慶子
小の島…佐藤藍子
小松清猷…沢村一樹
お近…ともさかりえ
西郷吉之助(隆盛)…小澤征悦
大久保正助(利通)…原田泰造
お幸…樋口可南子
島津忠敬…岡田義徳
阿部正弘…草刈正雄

« 小山実稚恵ピアノリサイタルinカノラホール(岡谷市文化会館) | トップページ | 映画『紀元前1万年』 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/40965170

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第17話・予期せぬ縁組み:

» 「篤姫」第一七話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
篤姫の江戸城大奥へのお輿入れが翌年早々と決まった薩摩藩邸に 念願叶い希望に燃えて尚五郎がやってくる。 [続きを読む]

« 小山実稚恵ピアノリサイタルinカノラホール(岡谷市文化会館) | トップページ | 映画『紀元前1万年』 »