2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『魔法にかけられて』 | トップページ | 映画『Sweet Rain 死神の精度』 »

2008年4月20日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第十六話・波乱の花見

Atsuhime反対派・斉昭との対面、どうなることやら…。

大河ドラマ『篤姫』
―第十六話・波乱の花見

斉彬の健康がようやく回復し、篤姫の御台所の件は大詰めを迎えようとしていました。しかし家定は、本寿院の強い勧めにも話をそらし続けるのでした。
また強硬に反対する斉昭を斉彬は、花見を口実に斉昭を薩摩藩邸に招き、篤姫と直に会わせようと図ります。篤姫は、斉昭が編纂(へんさん)している大日本史を読み込み、斉昭との対面に備えていました。
一方薩摩では日々の退屈な城勤めに飽き江戸での西郷の活躍をうらやむ尚五郎が、お近を相手に愚痴ばかりの毎日。とうとうお近に、そのような泣き言は聞きたくないと強く言われた尚五郎は目が覚める思いがして、お近に感謝するのでした。
さて花見の当日。篤姫は大日本史について、斉昭に論戦を挑んでしまいます。大日本史は唐や天竺などから多くを学んだかを記しているのに、なぜ斉昭は攘夷を主張するのか?西洋からも学ぶべきものがあるのではないのか?…篤姫の抗議に、斉昭は激怒し…。
そのころ、江戸城では…。

今回は、篤姫の御台所の件をめぐっての斉昭、家定とのやりとりのあれこれ。
薩摩藩邸での花見の席で、斉昭の編纂した大日本史について真正面から議論を挑み、斉昭の怒りを買ってしまいます。この辺、まずいことになったという感じで緊張が走りましたが…これが意外にも斉昭に気に入られる結果に。篤姫の率直過ぎるくらい率直な、突っ走るところが、自分の顔をうかがうように接する者ばかりに囲まれた斉昭には新鮮だったということですね。また、ここでも前回の斉興との対面のときにもあったような篤姫と幾島の見事な連係プレーが見られたことも忘れてはいけません。なんだか…最初の頃にいがみ合って(?)いたのがウソのようというか、遠い昔のような…そんな感じがします。

で…じつは、この対面が成功した裏には、新版の大日本史を篤姫のもとに届けさせた英姫の行動があったのでした。そのことを知って礼を言いに訪れた斉彬と英姫は、夜桜を眺めながら語り合います。それにしても、英姫が斉彬の許婚として薩摩藩のお屋敷にやってきたのが9歳のときって…江戸時代ってスゴイですね(笑)。でも、その頃のことを語る斉彬の表情がすごく良くて…あぁほんとにこの人は幼い頃に英姫のことをドキドキしながら見つめていたんだろうなって思いました。史実では英姫が斉彬より4歳年上となっているので、斉彬からすれば、お姉さん的なところもあって眩しく見えたのかもしれませんね。
このシーンの最後、英姫が顔を覆っている布を取るところは…なんかジーンときました。

そんなわけで…手ごわいと思われた強硬反対派の斉昭を見事攻略(?)することに成功しましたが、残るは肝心要の張本人・将軍家定。老中の阿部と福井藩主の松平は足繁く家定のもとへ説得(というかお願い)に伺うものの「このせんべいが上手く焼けたら」とか、また訳の分からないことを言ってのらりくらり。そして、そんな将軍さまをとなりでのほほんと見守るのは彼のお母上である本寿院。でも本寿院は新しい御台所を迎えることに賛成なんですよね…。というわけで、「きょう上手く焼けなかったら破談じゃ」と言った家定が焦がしたせんべいを美味しそうにほおばってみせるのでした。なんかおっとりで大丈夫かなぁという感じの人でしたが、なんかこの人好きだなぁと思ってしまいました。
そして御台所の件を承諾せざるを得なくなった家定。「ありがとうございまする」と頭を下げる阿部と松平に「うるさーい!」と癇癪を起こし去っていきます。まぁともあれ…これで家定と篤姫の縁談がいよいよ動き出しますね。

そして一方の薩摩。殿様不在のお城でのお勤めに飽き飽きしている尚五郎が、西郷からの文で江戸の様子を知り、ますます腐ってしまい…お近に愚痴をこぼします。お近にしたら、ほんとなんか…好きな相手が愚痴ばかり言う姿なんて、見たくないですよね…。でもそんなときにしっかり意見の言えるお近、おしとやかに見えるけれど芯の強さが見えて気持ちが良かったです。尚五郎も、この出来事で一皮むけたっていうか…いい表情になりましたね。ここのところずっと、なんか凹み気味だった尚五郎もいい感じになってきたところで、ついに江戸行きが決まりました。

さて次回は篤姫と家定の縁談と、尚五郎の江戸行きと篤姫との再会、そして…尚五郎にも縁談がありそうな予感?
すごく楽しみです♪



篤姫…宮﨑あおい
尚五郎(小松帯刀)…瑛太
島津斉彬…高橋英樹
英姫…余貴美子
徳川家定…堺雅人
本寿院…高畑淳子
小松清猷…沢村一樹
お近…ともさかりえ
幾松…松坂慶子
小の島…佐藤藍子
西郷吉之助(隆盛)…小澤征悦
大久保正助(利通)…原田泰造
徳川斉昭…江守徹
阿部正弘…草刈正雄
松平慶永…矢島健一
一橋慶喜…平岳大

« 映画『魔法にかけられて』 | トップページ | 映画『Sweet Rain 死神の精度』 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/40930613

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第十六話・波乱の花見:

» 「篤姫」第一六話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
花の宴が頑な心を和らげる。 夜桜がすれ違う心を寄り添わせる。 第一六話『波乱の花見』 [続きを読む]

» 篤姫大河ドラマ・あらすじ 16.波乱の花見 [篤姫大河ドラマ]
篤姫大河ドラマ・あらすじ 16.波乱の花見 今回の大河ドラマ篤姫は「波乱の花見」です。篤姫(宮崎あおい)が水戸の徳川斉昭(江守徹)と対面しました。 斉昭は篤姫の大奥入りに強く... [続きを読む]

« 映画『魔法にかけられて』 | トップページ | 映画『Sweet Rain 死神の精度』 »