2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 邦楽おもしろ雑学事典 | トップページ | クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯8シベリウス「交響詩・フィンランディア」~美酒は謎の味わい~ »

2008年6月 8日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第二十三話・器くらべ

Atsuhime_2早いですね…もう次期将軍選びとは…。

大河ドラマ『篤姫』
―第二十三話・器くらべ
篤姫に対してうつけのふりをすることをやめた家定でしたが、他の人々の前ではあいかわらず奇行を繰り返していました。
…この頃アメリカ総領事ハリスは、家定との面会を要求します。強硬に反対していた斉昭が幕政から退いたことにより、幕府はついにハリスの江戸城登城、家定への謁見を許可するのでした。斉昭という大きな後ろ盾を失った篤姫にとって、慶喜将軍擁立はさらに困難なものとなります。斉彬の命令を守ろうと必死の幾島に迫られた篤姫は、慶喜を跡継ぎにと家定に願うのですが、家定から自分が会ったこともない者を将軍に推せんするのはおかしいと諭されます。
そこで篤姫は、慶喜と慶福の両方に会い自分の目で二人の器量を確認しようと考えました。まず大奥に慶喜を招きますが一向に覇気が感じられず捉えどころがなく、次に慶福と会った篤姫は慶福のりりしい姿に素直に魅了されます。ところが慶福が口にしようとした菓子には…。



まずは家定の仕込んだ火薬の威力に驚かされる大奥の面々…から今回はスタート。篤姫にはうつけではない、物事をよく見ている部分を見せた家定ですが、表でそれを見せるつもりはない様子で、そんな家定を篤姫は歯がゆい、いや少々腹立たしい思いで見ています。それと同時に、誰も信じることなど出来ない環境に置かれたことに同情もしているようです。

そしてハリスへの対応を巡り、阿部の死後、幕府では唯一篤姫の味方だった斉昭が退任。次期将軍・慶喜への一橋派の動きを体を張ってでも止めてみせると息巻く、本寿院など…大奥は紀州家・慶福を推す紀州派ばかりで…篤姫はともかくとして、斉彬の命を果たそうと必死な幾島にとっては焦りも大きいという。

ハリスと会いたくないとごねる家定は「じかに会えるのですよ。私ならば喜んで会います」と言う篤姫に「ならばそなたが代わって会え!」とますます癇癪を起こします。でも…篤姫だったらほんとに会いに行きそうな気がしてしまいます(笑)。
“一方聞いて沙汰するな”…今和泉の母・お幸の言葉を実践するべく、篤姫は、慶喜と慶福、両方と会うことに。まぁ…あのふたりの様子を見れば、誰だって慶福のほうが…って思っちゃうだろうな…という感じですね…。菊見の席で振舞われた菓子の異変に気づいた慶福。そして毒見を命じた滝山への対応、お見事でした。今回初めて登場した慶福を演じる松田翔太くん。ちょっと硬いかなぁという気はしましたが、そこが初々しくて…これからがますます楽しみですね。
…奥どまりの家定と篤姫は、碁盤をはさんで向かい合うようになります。しかし薩摩で尚五郎としていた囲碁ではなく、五つ並べ。尚五郎とのときとはまた違いますが…やはり、どこか心が通じてくる瞬間があるというか…だんだんと、ほのぼのとした空気になってきました。

しかし…篤姫が次期将軍には慶福がふさわしいのではという思いを強くした矢先、幾島が次期将軍に慶喜を推していること、そして斉彬と密書を交わしていることが滝山に知られ、また本寿院にも知られてしまいます。大奥での篤姫の戦いは、何を考えているのか捉えどころのなかった夫・家定とのものから、次期将軍をめぐる、姑・本寿院とのものに変わっていきそうな次回からの展開。ハラハラさせられそうな予感ですね。

で…一方、薩摩。世の中の大きな動きに取り残されたように感じている尚五郎と大久保は、斉彬と深い話までするようになった(らしい)西郷のことを羨み、酒を飲みながら愚痴を言い合っています。そんな夫をふがいなく思ったお近がとうとう爆発。「国を支えるのは諸侯、その諸侯を支えるのは領地ではありませんか。それがお分かりでないようなら、いっそのこと私を離縁してください」と。ただただ夫の後をついていくだけの人ではない、お近さんの強さを感じられました。
ですが…大奥のほうの展開が主になってくる中で、幕府の動きはかなり密接に関わっているので違和感なくというか、必要な部分になっているんですが、薩摩の方は今のところ江戸の動きと重なってくるまで時間が少しかかりそうなのかなぁという気がして…薩摩パートを入れるバランスというか…その辺がちょっと難しそうだなぁという気がしました。


篤姫…宮﨑あおい
徳川家定…堺雅人
本寿院…高畑淳子
幾島…松坂慶子
滝山…稲森いずみ
歌橋…岩井友見
初瀬…宮地雅子
島津斉彬…高橋英樹
徳川斉昭…江守徹
堀田正睦…辰己琢郎
一橋慶喜…平岳大
徳川慶福…松田翔太
西郷吉之助…小澤征悦
小松尚五郎…瑛太
大久保正助…原田泰造
お近…ともさかりえ
ハリス…ブレイク・クロフォード

« 邦楽おもしろ雑学事典 | トップページ | クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯8シベリウス「交響詩・フィンランディア」~美酒は謎の味わい~ »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/41395917

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第二十三話・器くらべ:

» 篤姫大河ドラマ・あらすじ 23.器くらべ [篤姫大河ドラマ]
篤姫大河ドラマ・あらすじ 23.器くらべ 今回の大河ドラマ篤姫は「器くらべ」です。篤姫が2人の将軍候補と対面します。 篤姫(宮崎あおい)には本心を開いたかと思われる家定(堺雅... [続きを読む]

» 囲碁道場 [囲碁の時間]
囲碁は楽しく打っていると時間を忘れるものだ。 囲碁は精神修養の一つの手段としては実に良い方法である。 [続きを読む]

« 邦楽おもしろ雑学事典 | トップページ | クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯8シベリウス「交響詩・フィンランディア」~美酒は謎の味わい~ »