2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『ザ・マジックアワー』 | トップページ | 父の日ケーキ »

2008年6月15日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―許すまじ、篤姫

Atsuhimeさて…家定と上手く行き始めたと思ったら今度は本寿院。嫁・姑の戦いが始まりそうです…。

大河ドラマ『篤姫』
―第二十四話・許すまじ、篤姫
ハリスとの会見を控えた家定は篤姫に不安を打ち明けます。家定が相談してくれたことがうれしい篤姫は、将軍としての権威を失わない対面の方法をはりきって考えはじめるのでした。
一方、本寿院は篤姫への反感を募らせていました。篤姫が慶喜を次の将軍に推すため家定にとりいっていると考えたのです。そんな本寿院に滝山は慶喜の世継ぎに反対している井伊直弼が江戸に戻ってくることを伝え、心強い味方になってくれるから心配ないと告げるのでした。
会見が間近に迫った頃、ハリス側が将軍と立ったままで対面したいと申し入れて来ます。篤姫はその無礼に怒りつつもある妙案を思いつくのでした。会見当日、会場に入ったハリスは家定が畳を何枚も重ねた上に待ち受けているのを見て仰天します。座った姿勢でも頭がハリスより高くなるようにと篤姫が考えた作戦は大成功。家定の将軍としての威厳は保たれ、会見は無事に終了したのでした。しかし本寿院は、篤姫が慶喜を会見の席に同席させていたことを知りついに怒りを爆発させ、ぎくしゃくしていた嫁と姑の関係は決定的に決裂してしまい…。

奥泊まりの恒例となった、篤姫と家定が碁盤をはさんでの五つ並べをする場面から今回は始まりました。ハリスとの謁見を控え「見たこともない異人と会うなんて」とちょっと弱気な家定は、どんな風にハリスと会えばよいか…と篤姫に相談を持ちかけ、家定に頼られたことが嬉しい篤姫は一生懸命に、将軍の威厳を失わず対面する方法を考えていますが…次期将軍に慶喜をとの斉彬の密命を忠実に守ろうとする幾島は「それよりも次期将軍の件を」と篤姫を急かします。幾島の、殿の命に従おうとする気持ちと、篤姫の、父上の思いは大事に思いながらも、家定との時間や家定の意向を尊重したいという御台所(妻)としての思いが行き違っているように感じられました。
それでも…ハリスがアメリカの流儀だからということで、畳に座らず立ったままでの謁見を申し入れてきたことから、将軍の威厳を保てるようにと知恵を絞ったことに「そちに礼を」との家定の言葉に「謁見のお供に慶喜殿を」と申し出ます。家定のことを思う気持ちからすれば「あの者は好かぬ」とはっきり言っていた慶喜のことを再び持ち出すことは、なかなか勇気のいることで…、あっさり承知した家定の言葉に緊張が解けて泣いてしまった篤姫が、なんだかいじらしいなぁと感じられました。おそらく、家定はその申し出を聞いて篤姫の元気のない様子だった理由も見抜いたのではないか…と思います。
しかし…そうして次第に夫婦としての関係を築いている家定と篤姫の影では、久しくお渡りのないお志賀は、「公方様の息災を願って千まで」と鶴を折っています…なんだか…怖いような、切ないような…こちらはこちらで辛いですね…。

そして…謁見の様子を、奥泊まりにやってきた家定は高く積み上げられた畳とその上に座る自分を目を丸くして見ていたハリスの様子、そしてなんと…ハリスが挨拶している途中でおもむろに立ち上がり歌舞伎の台詞回しを真似して、うつけの振りをしたことを、楽しそうに話して聞かせます。あのシーンは、さすがに笑ってしまいました。それにしても「あやつの妙な言葉を聞いているうちにムラムラと…」ってすごい理由ですね…。
そんな風にとっても楽しそうな家定ですが…一方の篤姫は、その謁見の最中に起こった本寿院との悶着から、これからの波乱を予感して、いつものようには五つ並べも楽しめない様子。
また、慶喜の印象を恐る恐る尋ねる篤姫ですが「困ったことに、あの者がますます好きではなくなった」「あの者には日本国や徳川宗家のこれからを思う気持ちがかけているように感じる」との言葉から、国や家のことを真剣に考えるようになった家定の様子を知って、それを嬉しく思う篤姫です。慶喜に関しては篤姫も同じようなことを思ったわけで…斉彬は国のことを真剣に考えていて慶喜をと考えたんでしょうけど、見ている側からも「大丈夫かなぁこの人…」と思ってしまうような、そんな感じ。それにしても、慶喜と対面した家定の「そちは将軍になりたいのか?」という質問。直球過ぎます(笑)。ですけど、将軍といえば江戸時代にはそれくらいのことは許される身分ですから…そんなものかもしれない、とも思ってみたり。

そして一方薩摩。老中首座である堀田が一橋派と志を共にする様子がなく、慶喜を次期将軍に据えることが難しいと、松平から知らされた斉彬。しばらくは薩摩から動けぬ身の斉彬は、西郷へ自分に代わって動くようにと命じ、徒目付(かちめつけ)への出世させます。
また、自分の道を見定め領地へ移ることを決めた尚五郎が、大久保家と今和泉島津家に、お近とともに挨拶へ出かけます。西郷も尚五郎も自分の行く先を見定め歩き始めようとしている様子を見て、大久保は自分がまだ道を見定められていないことを不甲斐なく思っている様子。道の広さ云々ではなく、その道があること、そして自分はその道も見えていない、もやもやした状態であることに焦りを感じているのだろう…と思いました。
今回は、幕府での次期将軍をめぐる対立から薩摩にいる斉彬、そして西郷、斉彬、尚五郎と大久保…と、江戸から薩摩へ、エピソードがきれいに繋がって違和感なく見ることが出来たような気がします。

さて…次回は「母の愛憎」。ようやくいい雰囲気になり始めたところだった篤姫と家定なのに、そうした時間も残り少なくなってきたようで…堺雅人さんの演じる家定を結構気に入っている私としては、ちょっと寂しいような気もしますが…注目して見たいところです。


※私事ですが、来週末は訳あって日本を離れています。録画予約をしていくつもりですが、24日(火)に帰国予定なので、次回のレビューはそれ以降になるかと思いますので、気長にお待ちいただければと思います。


篤姫…宮﨑あおい
徳川家定…堺雅人
本寿院…高畑淳子
お志賀…鶴田真由
幾島…松坂慶子
滝山…稲森いずみ
歌橋…岩井友見
初瀬…宮地雅子
重野…中嶋朋子
島津斉彬…高橋英樹
松平慶永…矢島健一
井伊直弼…中村梅雀
堀田正睦…辰巳琢郎
一橋慶喜…平岳大
小松尚五郎…瑛太
お近…ともさかりえ
お幸…樋口可南子
島津忠敬…岡田義徳
西郷吉之助…小澤征悦
大久保正助…原田泰造
フク…真野響子
ハリス…ブレイク・クロフォード

« 映画『ザ・マジックアワー』 | トップページ | 父の日ケーキ »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/41538494

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―許すまじ、篤姫:

» 篤姫 第24回「許すまじ、篤姫」 [あしたまにあーな]
なんだか穏やかではない題名ですが、そのことがわかるのは後半部分です。 ハリスがとうとう将軍家定と謁見することが決まり、どのように将軍の威厳を保つかが重要な鍵となっていま... [続きを読む]

» 「篤姫」第二四話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
ハリスとの会見への不安がふたりの心を近づける。 第二四話『許すまじ、篤姫』 [続きを読む]

» 篤姫大河ドラマ・あらすじ 24.許すまじ、篤姫 [篤姫大河ドラマ]
篤姫大河ドラマ・あらすじ 24.許すまじ、篤姫 今回の大河ドラマ篤姫は「許すまじ、篤姫」です。 篤姫(宮崎あおい)は家定(堺雅人)から、将軍の権威を守りながらハリスと会見す... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ第24回「篤姫(許すまじ、篤姫)」 [よく考えよう]
今回は副題からしてものものしい。 とうとう嫁と姑の激突だ。 と言っても、ホームドラマの嫁と姑ではなく、ことは大奥だから大事だ。 暫くは、受難の篤姫ではある。 [続きを読む]

« 映画『ザ・マジックアワー』 | トップページ | 父の日ケーキ »