2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« KOBUDO | トップページ | 失格社員 »

2008年7月22日 (火)

閉鎖病棟

Heisabyoutouふと思いついて読み始めましたが…ラストまでだいぶ時間がかかりました…。

箒木蓬生・著
『閉鎖病棟』

とある精神病院で、様々な過去を抱える患者たちが送る日々のなか、殺人事件が起こって…というお話。
そこで暮らす人々の、表向きは平穏ながらその過去や、漠然とした不安のようなものを感じさせられました。
物語は主に、患者のひとりであるチュウさんの目線から語られます。もう30年も精神病院に入院している彼は、その生活や周りの人たちとのふれあいに満足しながらも、次第に変化する環境に、次第に自らの心境も変化していきます。
そんななかで感じる人と人との繋がりや、この人はこんな風に自分のことを見て、思ってくれているんだなぁという、チュウさんの驚きや感動が伝わってきて…終盤は何度も涙ぐんでしまいました。

« KOBUDO | トップページ | 失格社員 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/41942773

この記事へのトラックバック一覧です: 閉鎖病棟:

« KOBUDO | トップページ | 失格社員 »