2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 平成中村座・信州まつもと大歌舞伎“お練り” | トップページ | 夏祭り気分♪ »

2008年7月 6日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第二十七話・徳川の妻

Atsuhime次第に、徳川家での自分を見出していく篤姫です。

大河ドラマ『篤姫』
―第二十七話・徳川の妻
父・斉彬を裏切ることになろうとも、納得するまでは慶喜・慶福のどちらにも味方しないことを決意した篤姫。そんな折、滝山が井伊直弼を大老にすべく嘆願書を持参し、篤姫にも賛同を求めます。断固拒否するよう篤姫に求める幾島ですが、篤姫は即答を避けます。篤姫と幾島の溝は次第に深いものとなっていくのでした。
一方、薩摩では斉彬が新たな手を打とうとしていました。井伊に対抗して松平慶永を大老に推し、篤姫の後押しをと考えたのでした。
そんな斉彬の思惑をよそに、篤姫は嘆願書の件は滝山に一任すると告げ、どちらが大老にふさわしいのか見定めるため、篤姫は両名に対面することに。徳川家だけではなく、力のある諸侯が政を行うべきだとする慶永に対し井伊は、徳川将軍家を守り抜き、強き幕府を目指すべきであると主張するのでした。対面後、家定が選んだのは井伊でした。それは家定の中に初めて芽生えた、自分の家族を守りたいという想いゆえ。その想いに心打たれた篤姫は、ある決意を持ち飛び出していき…。

あぁなんか…今回は久々にちょっと泣いてしまいました…。
次期将軍をめぐっての争いが朝廷をも巻き込む事態となった前回、結局その問題には決着がつかなかったために、次期大老をめぐっての紀州vs一橋の争いに事は移っていきます。
そして、もうおなじみになった、奥泊まりの家定と碁盤をはさんでの会話。ここで家定から「(井伊と慶永)ふたりに、わしと一緒に会ってみぬか」と持ちかけられ、ふたりの大老候補と家定・篤姫の対面のシーンへ。ふたりそれぞれの考えを聞いた後、家定は「徳川将軍家、そして自分の家族を守りたいため」に、いまの幕府の仕組みを変えないながら諸外国に立ち向かうための強い幕府を作るという考えの井伊を大老に決めようと決めた家定。
それを篤姫から聞いた幾島の怒りはすさまじく「将軍の件も慶福になってしまうのでは」と詰め寄り、薩摩から届いた斉彬からの文を読むようにと差し出すのですが…それを読まず、篤姫は「表へ行く、上様にお会いするのじゃ」と駆け出します。
そして…「わたくしはいままで徳川の人間でなかったことに気づきました。これからは徳川将軍家のために務めて、次期将軍の件も次期大老の件も上様に従います」と家定に頭を下げます。

井伊直弼が大老となることが決まり、次期将軍が紀州・慶福になるだろうと決まりつつあるなか、幾島は「幕府が紀州派の天下になってしまうことだけは抑えてほしい」と篤姫に詰め寄りますが、もはや徳川の人間として家定に従うことを決めた篤姫には、その言葉はもう届かず。薩摩、そして斉彬の命を帯びて将軍家に嫁いだ篤姫は、そこで、人として、そしてひとりの男性として大切に思う人と出会うことで「この人と人生を共にするのだ」という風に変わったのですよね。対して幾島は、あくまでも斉彬の命に従おうとする…、変わらない幾島と変わった篤姫の間に、かつてあった連帯感だとか…そういうものはなくなってしまいました。将軍家と運命を共にすると決めた篤姫の、薩摩との決別が描かれたこの回…なんだか幾島の孤独感ややるせなさが際立ったようにも思いました。

そして…疲れた様子の家定は、それを気遣う篤姫に次期将軍を慶福に決めたと言います。「わけを聞きたいであろう」「私は上様に従うのみ」「そのような御台は面白うない」との会話の末、家定はそのわけを語ります。政に関心を持ち、なおかつものの見方に優れ考えの深い篤姫。その力をこの先生かすためには、歳の若い慶福が将軍となったほうが都合が良いだろうということ。確かに…なんだか捉えどころのない、どこか屈折したところのありそうな慶喜(しかも篤姫より年上)では、それは難しそうです。篤姫との対面以来あまり出番のない慶福ですが、若いだけでなく素直そうな感じでしたから…篤姫とは姉弟のように上手く行きそうな気もします。
そこまで深く考えて家定が決断したことを嬉しく思う反面、家定をひとりの男性として慕う篤姫としては、「まだまだ先のことでは」と言うのも当然のこと、そんな篤姫に「そうじゃのう…」と複雑な表情を浮かべ「そちのその顔を忘れぬよう、よく見ておきたいのじゃ」と意味深なことを。
後ろから抱きすくめられ「わしのような力のない体の弱い男の妻になったこと、後悔はないか」と問いかけられた篤姫は「ございません。上様は日本一の男でございます。公方様だからではなく、私にとっての日本一の男にございます」と。家定も「前に生まれ変われたら鳥がいいといったが、御免じゃ。わしもわしでよい。わしでなかったらそちに出会えなかった」と。ふたりの心が、ほんとうにひとつになったんですね…。「ハリスも幕府もない世界に行きたい。そうすればそちともっと面白い話がたくさんできるし五つ並べももっとできる」そう言う家定に「きっと話が尽きませぬ」と返し涙を流す篤姫。今まで…この『篤姫』を観て涙したのは、住み慣れた場所から巣立つ篤姫と、後に残されていく人たちの寂しさにだったんですが…今回の涙はうれし涙というか…心を通じ合わせた篤姫と家定の様子がほんとうに嬉しく感じられたから…だったような気がしました。

しかし…次回は「ふたつの遺言」。ひとりはもちろん夫・家定。そしてもうひとりは…今回薩摩で「昔のことをよく思い出すようなときは先行きが短いという」などと言い「何を仰せですか!」と帯刀に叱られていた斉彬。篤姫にとって衝撃的な別れがやってきそうな予感です。
以前、家定を演じる堺雅人さんが「家定の死後、徳川の人間として故郷・薩摩藩と対峙していく、篤姫のその行動の根っこを背負わされていると思うとプレッシャーを感じる」とおっしゃっていた意味を、ここ数回でひしひしと感じさせられました。そこまでの決意をさせるだけの、家定という人の魅力を、ドラマの中で成立させるということ、そして見る側にもそれを納得させられる人物として見せなければならないということ。ほんとうに難しいことだと思いますが…少なくとも、私は、すごくこの家定という人を好きで、もっと見ていたいなぁと思っていたりします。



篤姫…宮﨑あおい
徳川家定…堺雅人
本寿院…高畑淳子
幾島…松坂慶子
滝山…稲森いずみ
島津斉彬…高橋英樹
井伊直弼…中村梅雀
松平慶永…矢島健一
堀田正睦…辰己琢郎
一橋慶喜…平岳大
徳川慶福…松田翔太
小松帯刀…瑛太
大久保正助…原田泰造

« 平成中村座・信州まつもと大歌舞伎“お練り” | トップページ | 夏祭り気分♪ »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/41753945

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第二十七話・徳川の妻:

» 篤姫大河ドラマ・あらすじ 27.徳川の妻 [篤姫大河ドラマ]
篤姫大河ドラマ・あらすじ 27.徳川の妻 今回の大河ドラマ篤姫は「徳川の妻」です。 慶喜(平岳大)と慶福(松田翔太)のどちらを推すこともやめた篤姫(宮崎あおい)に対し、幾島... [続きを読む]

« 平成中村座・信州まつもと大歌舞伎“お練り” | トップページ | 夏祭り気分♪ »