2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 諏訪の長い夜2008 | トップページ | 「blast2:MIⅩ」inまつもと市民芸術館 »

2008年7月27日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第三十話・将軍の母

Atsuhime家定亡きあとの幕府は、幕末への流れがさらに加速。今回はその始まり。

大河ドラマ『篤姫』
―第三十話・将軍の母
次期将軍となる慶福が江戸城に入り、名も家茂と改め、家定を失った天璋院は家茂の後見役となることに希望を見出します。一方、大老井伊は、一橋派らを次々と弾圧し始めるのでした。これが世に言う「安政の大獄」の始まりです。
井伊の方針に疑問を感じた家茂は天璋院に相談しようとし、家定から家茂を後見するようにと遺言された天璋院は素直に喜びますが、井伊は天璋院が幕政に関与することを嫌い、さらには西郷の居場所を問いただすのでした。
ついに京を追われた西郷と月照は薩摩に逃れますがが、すでに藩の実権を掌握していた斉興に捕らえられてしまいます。帯刀と大久保は西郷と月照を逃がそうとするものの、二人は帯刀らに迷惑がかからないようにと海に身を投げてしまう。西郷は一命を取りとめましたが奄美に送られることに。
そのような中、幾島は天璋院の将軍後継争いに敗れた責任を負って、大奥を去りたいと申し出て…。


幕府で紀州派が勝利し将軍は家茂、大老が井伊直弼となったこと、そして斉彬の死によって、隠居していた父・斉興が再び実権を握ったことが重なり、斉彬の手足となり働いた西郷、そして西郷と共に幕府を非難する勅諚の橋渡しをした僧・月照も追っ手のかかる身になってしまいました。
薩摩ならばと思い命からがら辿りついた二人ですが、捕らえられてしまいます。しかも「永送り」という西郷に月照を殺させることを意味する罰が下されることに。斉彬が亡くなり気落ちした自分を力づけ、そしてひとつのお役目のため力を合わせてきた相手を自分の手で殺めなければならないとしたら…、それは西郷にとって何より辛い罰でしょう。しかし…そんな西郷にはもっと辛い出来事が。日向(いまの宮崎)との国境に送られる途中の船から月照とともに身を投げますが、自分だけ助かり…帯刀や大久保たちの喜びとは対照的な様子。ですが…船の上で預かった月照の命を生かすため、この先も頑張ることでしょう。

夫・家定と父・斉彬を相次いで亡くした篤姫改め天璋院。そんな天璋院のもとを去っていこうとする人物が。宮地雅子さん演じる初瀬です。天璋院が大奥へ上がったばかりの頃、その風変わりな様子に困り果て、おろおろしていた姿が懐かしいです。将軍が代わったこともあり、天璋院の周りも変わろうとしています。
家定に先立たれた天璋院の生きていく希望は、「慶福(家茂)の後見となるように」との遺言を果たすこと、そして自分を「母上様」と呼び「私の家族だ」と言ってくれる家茂の存在。松田翔太くん演じる家茂、初々しくも感じ、また天璋院が家茂の後見となり表の政治に口を挟むことを快く思わない井伊の対してはびしっと意見する様子は頼もしくも感じました。
また天璋院となったことで、宮﨑あおいさんの演技も変わってきた気がします。なんというか…今までの可愛らしさを覗かせつつも、凛としたところが出てきたみたいです。

さて今回最後に、重野を天璋院付きの御年寄にと推挙したうえで自分は大奥を下りたいと天璋院に告げた幾島。次期将軍に慶喜をという斉彬からの命を果たせなかった自分を許せず、また、家定の死によって気落ちした天璋院が家茂の存在と、家定の遺言を果たすことに希望を見出す姿に安堵しつつも、そんな自分をもまた許せないから…というのが幾島の言い分。しかし…身近な人が次々に去っていくなか、天璋院にとっては大きな衝撃になってしまいますね。

というわけで、次回は「さらば幾島」。
家定を演じていた堺雅人さんが「篤姫」のHPでこんなことを言っています。「篤姫というバトンを次々と誰かがリレーしていくような形で作られている」。家定はもちろん、薩摩から長旅を経て大奥へやってきた幾島も、そのバトンをリレーしたひとりで、いまは天璋院となった篤姫にとってかけがえのない人ですよね。今和泉での家族、鶴丸城での暮らし、そして江戸城大奥。関わる人によって形作られてきた“篤姫”という人を、この先も見守って行きたいですね。
そして…さらに激化する“安政の大獄”。こちらからも目が離せません。


天璋院篤姫…宮﨑あおい
徳川家茂…松田翔太
幾島…松坂慶子
滝山…稲森いずみ
初瀬…宮地雅子
重野…中嶋朋子
井伊直弼…中村梅雀
島津斉興…長門裕之
お由羅…涼風真世
島津忠教…山口祐一郎
西郷吉之助…小澤征悦
小松帯刀…瑛太
大久保正助…原田泰造
月照…高橋長英

« 諏訪の長い夜2008 | トップページ | 「blast2:MIⅩ」inまつもと市民芸術館 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/41981396

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第三十話・将軍の母:

» 「篤姫」第三○話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
"生きていくための希望"と"安政の大獄"。 第三○話『将軍の母』 [続きを読む]

« 諏訪の長い夜2008 | トップページ | 「blast2:MIⅩ」inまつもと市民芸術館 »