2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 平成中村座・信州まつもと大歌舞伎『夏祭浪花鑑』inまつもと市民芸術館 | トップページ | 幕引き »

2008年7月13日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第二十八話・ふたつの遺言

Atsuhimeあぁ…家定も斉彬もいなくなってしまう…(泣)。

大河ドラマ『篤姫』
―第二十八話・ふたつの遺言
井伊直弼が大老の職に就き、次の将軍は紀州の慶福と決まりました。家定は井伊と堀田正睦に、万一の時は篤姫に慶福の後見をさせるようにと伝えるのでした。…その直後、家定は発作を起こして倒れます。しかし家定の病は隠され篤姫や本寿院にすら詳しい病状が知らされることはなかったのです。
大老となり権力を握った井伊は、周囲の反対を押し切り独断でアメリカと条約を結びます。斉昭や慶喜は井伊を追い落とそうとするものの失敗、逆に処分を受けてしまいました。
一方薩摩では、西洋式軍隊の整備をすすめていた斉彬が、帯刀と西郷を前にし、幕府と日本国を改革するため兵を率いて上京するとの決意を明らかにします。しかし軍の訓練中に倒れた斉彬は、志なかばで帰らぬ人となってしまうのでした。
その死を伝えられた篤姫は、手元に届きながら読むことのできなかった斉彬からの手紙に初めて目を通します。「おのれの信じる道を行け」。父の思いを知り、とめどない涙を流す篤姫でしたが、その悲しみをいやす暇もなく、滝山がもう一人の最愛の人、家定の死を篤姫に知らせるのでした…。


前回、家定によって大老に就任が決められた井伊直弼。井伊に「慶福の後見に御台を加えるように」と伝える家定ですが、老中の堀田にも「井伊にはもう言ったが気になってのう」と、同じように伝えます。確かに…井伊はなんだか油断のならない人物といった感じですからねぇ…。それにしても、篤姫のことを語る家定の表情の穏やかなこと。篤姫を思う気持ちがよく分かります。しかしその後、「今宵、御台に持って行ってやることにしよう」と庭の牡丹に鋏を入れようとした家定は、発作を起こし倒れます。
ここから…井伊は権力を振るうようになり、勅許(帝の許し)も待たず条約を締結するなど、かなり、やりたい放題。一橋派の者、自分に異を唱えるものを次々と処分していきます。家定が篤姫の件を託した堀田も登城停止ののち罷免されてしまいます。堀田は確か、大老には松平慶永を推していたので、そういう意味では井伊にとって側には置いておけない存在だったのは間違いないですもんね…。

…久しくお渡りもなく、家定の表での様子も聞こえてこないことに「具合でも悪いのか」と案じる篤姫は、将軍付きの医者を呼ぶように命じます。しかし…ひと足早くその医者・玄朴を呼んでいた本寿院は「御台には知らせぬように」と言い含められ、このとき篤姫には病床にあることすら伝えられなかったのです。嘆願書の件で恩を感じていた滝山はそれとなく異を唱えるものの、わが子を篤姫に取られたと思っている本寿院は突っぱねます。
それでも滝山は、知らせるべきと独断で篤姫を訪ねますが、紀州の慶福が将軍に決まったことで気落ちしている幾島を心配するあまり、その話を聞く機会を逃してしまいます…。ここで滝山の話を聞いていたら…「なぜいつかのように会いに来ぬのじゃ。わしからはもう行けぬ…行けぬのじゃ」という病床の家定の願いに応えるかのように、篤姫は大奥を飛び出し、会いに出かけていたでしょうね…。

そして薩摩では…もうひとり、篤姫にとって大事な人物が最期を迎えようとしていました。慶福が将軍となることが確実になったという報せを持ち帰った西郷と、帯刀。そのふたりに西洋式軍隊を率いての上京を宣言し「わしはまだ何も諦めては居らぬ」と決意を語りますが…その軍隊の訓練を視察した夜から病の床につき、帰らぬ人となってしまうのでした…。その臨終のとき、久々に登場したのは斉彬の異母弟・忠教。跡継ぎ問題から起こったお由羅騒動など…良いことばかりではなかったふたりの関係でしたが、斉彬は藩のことを忠教に託します。また帯刀を呼び寄せ「姫にもう一度会いたかった…そちから姫を奪ってしまった…」と言い残し息を引き取ります。
父・斉彬の死は大奥の篤姫にも知らされました。その報せを聞き、読むことなく仕舞われていた斉彬からの文を読む篤姫。そこには、生まれた家から引き離したことへの謝罪、将軍家へ嫁いでからは、将軍継嗣や大老の問題での篤姫の心痛を思う言葉が並んでいて…、政略のために親子となった斉彬と篤姫でしたが、実の親子とは違うとはいえ、確かな結びつきや親と子としての感情があったことを感じられ、悲しみにくれる篤姫の姿にもらい泣いてしまいます。

しかし…篤姫を襲う悲しい出来事は、今回これで終わりません。薩摩からの報せが届く直前、家定が病床にあることを伝えに来た滝山に詳しいことを調べるよう命じていた(というか、今にも表へ向かいそうだった篤姫を滝山が「わたくしが調べて参ります」抑えたのでした…)のですが、ひと月も前に家定が亡くなっていたことが分かり、家定の遺体が置かれた部屋を訪れた篤姫。棺が…なんか変わった形だなぁと思いましたが、昔は土葬だったから、ああいう形なんでしょうか…。
それにしても…ずっと、生きることや自分の生まれた家のことをどうでもいいと思っていたところに篤姫と出会ったことでようやく、自分の家族、そして国のことを考え始めた矢先、死を迎えてしまう家定。悲しすぎる運命ですね…。そして、ようやく心が通じ合った夫と、永遠に会うことも叶わなくなった篤姫。悲しすぎますね…。
見る側にとって悲しいのは、もう家定が見られないっていうことです。もともと家定を演じる堺雅人さんを好きだったのもありますが…あのつるりと育ちの良さそうな風貌、そして飄々としていながら時折見せる鋭い表情、うつけを演じるときのはしゃいだ様子…家定の登場するシーンがいつも楽しみでした。もう見られないなんて…寂しくてたまりません。『篤姫』のHPに掲載されている堺さんのインタビューの最後は「演じることができてよかった」という言葉で締めくくられていて…そこで語られている言葉から、家定という人、そして役に対する想いがひしひしと感じられました。私にとっては、堺さんの演じる家定を見ることが出来てよかったなぁと思えた、この数ヶ月でした。(『篤姫』HPトップ)

さて…次回は「天璋院篤姫」。再び嫁・姑の戦いがありそうな展開、そして新たな名前と共に生きていくことになる篤姫。またまた目が離せませんね…。

篤姫…宮﨑あおい
徳川家定…堺雅人
本寿院…高畑淳子
幾島…松坂慶子
滝山…稲森いずみ
お志賀…鶴田真由
初瀬…宮地雅子
伊東玄朴…徳井優
井伊直弼…中村梅雀
堀田正睦…辰己琢郎
松平慶永…矢島健一
徳川斉昭…江守徹
一橋慶喜…平岳大
徳川慶福…松田翔太
島津斉彬…高橋英樹
島津忠教…山口祐一郎
西郷吉之助…小澤征悦
小松帯刀…瑛太
大久保正助…原田泰造
伊東玄朴…徳井優

« 平成中村座・信州まつもと大歌舞伎『夏祭浪花鑑』inまつもと市民芸術館 | トップページ | 幕引き »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/41824703

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第二十八話・ふたつの遺言:

» 篤姫 第28回「ふたつの遺言」 [あしたまにあーな]
井伊直弼が大老に就いて、将軍を慶福と決定し、次々と今まで慶喜を推していた人々に対して厳罰に処していきます。そのことがいずれ彼の身を滅ぼすことになるとはこのとき思いもしな... [続きを読む]

» 「篤姫」第二八話 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
井伊が大老の職に就き次の将軍は慶福に決まる 。 そしてふたりの人間が表舞台から去って行く。 第二八話『ふたつの遺言』 [続きを読む]

« 平成中村座・信州まつもと大歌舞伎『夏祭浪花鑑』inまつもと市民芸術館 | トップページ | 幕引き »