2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 北京オリンピック① | トップページ | 古武道「風の都」in天王洲銀河劇場 »

2008年8月11日 (月)

北京オリンピック②

先週から始まった北京オリンピック。
金メダルの期待が大きい種目もあったりして…、昼間仕事をしているのでなかなかリアルタイムでは見ることができないながら、そのぶん、夜はあちこちのチャンネルをはしごしながら試合を見てます。

①競泳
なんといっても、男子平泳ぎ100mで2連覇達成の北島康介選手!おめでとう♪
きょうはこの話題がいちばんでしょう!ライバルとの戦い、度重なる故障、そしてモチベーションの維持…。誰かと戦うというよりは、きっと、自分との戦いだった4年間だったでしょうね。直後のインタビューで、しばらく言葉にならず涙する姿にこちらもウルウルしてしまいました…。
きょうはNHKとテレビ朝日の特番で、200mでの泳ぎを100mに応用しようという着想から、ストローク(かき)数を減らすという北島選手の用いた作戦を盛んに取り上げていました。つまり、前半を体全体を使った大きなフォームで泳ぐことによって、後半に力を温存するという方法。理論として考えることはできても、実行するには相当勇気が必要だったでしょう。
また、史上最多の8冠を目指すアメリカのマイケル・フェルプス選手は400mリレーで2つ目の金メダルを獲得しました。個人種目はともかく、リレー種目でのメダルはチームメイトにも恵まれないと難しいですよね…。きょうもそうですが、このさきフェルプス選手は多いときで1日に3レースを泳ぐそうです。並大抵の体力、精神力ではないですね…。

②バドミントン
オグシオこと小椋久美子・潮田玲子ペアで話題を呼んでいるこの種目。女子ダブルス準決勝をリアルタイムで見ました。対戦相手の中国ペアは世界ランキング3位、優勝候補だそうで…なかなか思うようにプレーができないような、もどかしさを感じたままストレート負けになってしまいました。残念。きのうの試合で決まっていたエンドラインやコーナーを狙ったプレーがことごとく決まらなかったのも原因だったのかなぁ…という気もしました。
そして…末綱聡子選手と前田美順選手が同じく中国の、アテネオリンピック金メダル、世界ランキング1位ペアと対戦。こちらは午前中の試合だったそうで、ダイジェストで見ましたが…第1ゲームを落としながら、第2・第3ゲームを競りながらものにした、気持ちのいい試合でした。勝ちが決まった瞬間、ふたりともコートに跪き泣いていたのが印象的で…もらい泣きしてしまいました。嬉しい勝利でしたね。ベスト4に進んだふたりには、ぜひメダルを目指して頑張ってもらいたいところです。

③バレーボール
女子のベネズエラ戦を見ました。オリンピック初出場のチーム相手ということで、余裕のある試合運びで3-0のストレート勝ち。同じグループで次の次に当たるキューバに近いタイプのチームということで、色々試しているのでは…という見方もできるようです。
次は13日に行われるポーランド戦が待ち受けています。決勝トーナメントに進むためには負けられない戦いですね。

④マラソン
2連覇が期待されていた女子マラソンの口みずき選手が、左太ももに肉離れを起こしたということで、出場自体も危ぶまれています。この2~3日中に出場か欠場かの決定をするそうですが…心配ですね…。

きょうはこんなところです。

« 北京オリンピック① | トップページ | 古武道「風の都」in天王洲銀河劇場 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピック②:

« 北京オリンピック① | トップページ | 古武道「風の都」in天王洲銀河劇場 »