2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 大河ドラマ『篤姫』―第三十三話・皇女和宮 | トップページ | 北京オリンピック⑬ »

2008年8月24日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―三十四話・公家と武家

Atsuhime2さて今回、あらたな嫁姑のバトルが…。

大河ドラマ『篤姫』
―第三十四話・公家と武家
和宮の江戸行きが迫っていました。盛大に迎えようと張り切る天璋院でしたが、朝廷から輿入れ後も身の回りはすべて御所風にて暮らすとの要求を突きつけられたことにより、江戸方と京方との衝突がくすぶり始めるのでした。
…ついに和宮は江戸城に入り将軍・家茂との対面を果たします。家茂に対し不安を抱いていた和宮ですが、眼前に現れた家茂はやさしく凛としていて和宮は一目でひかれ始めます。
一方、天璋院との初対面において敷物のない下座へ通された和宮たちは激怒。天璋院には「天璋院へ」と呼び捨てのあて名を添えた土産が和宮から届けられ、双方の対立は激化してゆくのでした…。
そのころ薩摩では、有馬たち誠忠組がやり場のない思いを胸にたぎらせていました。帯刀と大久保は久光に、今こそ幕政改革のときであり、不満を募らせる誠忠組をまとめるには西郷の力が必要であると説きます。
…さて、和宮たちと仲良くしたいと思いをめぐらす天璋院でしたが、朝廷が和宮の帰京を強硬に迫り、さらには家茂直筆の請文を帝に差し出させたことを知り、意を決し飛び出していきます。向かうは和宮のいる大奥・新御殿でした…。

攘夷とは、諸外国を追い払い日本国内には入れないということです。それはすでに、家定のときから不可能なことだと、分かる人には分かっていたことですが…それを承知で幕府は、自らの威信を取り戻すため、和宮降嫁の7年~10年の間に攘夷を達成すると朝廷に約束してしまいます。そう言えば外国嫌いの孝明天皇に翻意させられるという目論見があったからですよね…。無理と分かっていることを条件に、許婚と別れ関東にお嫁にこなければならなくなった和宮。そう考えると、やっぱり気の毒な気もします。

しかし…そんな事情があるとはいえ、武家に嫁ぐのに万事すべて御所風を貫くというのはやっぱり不自然なものを感じずにはいられないし、様々なところで衝突が起こるのは火を見るより明らかですね。
家茂との対面は、家茂の器量と持ち前の優しさで乗り切りましたが…天璋院との対面では色々ありましたね…。和宮に敷物がなかったことを気にかける天璋院に「姑を立てるのは当然のしきたり」とぴしゃりと言い放つ滝山ですが…いつも冷静な彼女が、今回は珍しく感情的だなぁなんて感じました。滝山は天璋院と同じか以上に徳川将軍家への思い入れが強い人なので、仕方ないといえば仕方ない気もしますが…。

和宮が先帝の十七回忌に帰京することを申し出て、しかも家茂に対し朝廷から「和宮を人質として嫁がせたのではない」という証文を求めてきたことに対し、それを拒めなかった老中・安藤信正に「腑抜けじゃ!」と言い放った天璋院。その剣幕と言い様に、思わず呆気にとられました。その話を聞いて笑ってしまった家茂の気持ちはよく分かります。
けれど…家茂が自分にできることを考えて実行したことを知って、天璋院もまた行動に出ます。天璋院が向かったのは和宮の居室。庭田嗣子が「前触れもなくおいでとは…」とちくりと嫌味を言いますが…、突発的に行動するのはいつものことですね…。京からやってきた人たちよりも、見ているこっちのほうが天璋院を長く見てますから…またやったな、って感じではありますが…。
対面のときの無礼を詫びながら、観行院たちが口を挟もうとしてもそれをはねのけ嫁いだ先のしきたりには従うようぴしゃりと言う天璋院には、久々に天璋院らしいなと思いました。天璋院が去ってから怒り狂う周りに対し、物思いにふける和宮の様子からは、どこか…天璋院の言動に動かされたものがあるのでは、という気もしました。

それから薩摩では…奄美に送られていた西郷がとうとう戻ってきました。それまでにはいろいろあって、急に出世した大久保をよく思わない有馬の我慢も限界に達したようなところもありますが…いよいよ大きな動きもありそうな予感。

次回は「疑惑の懐剣」。坂本龍馬もいよいよ登場ですね!


天璋院篤姫…宮﨑あおい
徳川家茂…松田翔太
滝山…稲森いずみ
重野…中嶋朋子
安藤信正…白井晃
孝明天皇…東儀秀樹
和宮…堀北真希
観行院…若村真由美
庭田継子…中村メイコ
岩倉具視…片岡鶴太郎
島津久光…山口祐一郎
小松帯刀…瑛太
西郷吉之助…小澤精悦
大久保正助…原田泰造
有馬新八…的場浩司
有村俊斎…平山広行
伊地知正治…三宅弘城

« 大河ドラマ『篤姫』―第三十三話・皇女和宮 | トップページ | 北京オリンピック⑬ »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/42251270

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―三十四話・公家と武家:

» 篤姫 第34回「公家と武家」 [あしたまにあーな]
公武合体と攘夷という大きな使命を背負って、京の都から江戸へ下っていく和宮。せっかく色々盛り上げてあげようという天璋院の考えも、もろくも崩れ去ってしまうことになります。 ... [続きを読む]

« 大河ドラマ『篤姫』―第三十三話・皇女和宮 | トップページ | 北京オリンピック⑬ »