2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 旧式 | トップページ | 北京オリンピック① »

2008年8月10日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第三十二話・桜田門外の変

Atsuhime今回は井伊直弼が…。



大河ドラマ『篤姫』
―第三十二話・桜田門外の変
幾島との別れの日。天璋院は別れのあいさつなどいらぬと強がりながら、とめどない涙を流すのでした。
その頃幕府では、蒸気船咸臨丸をアメリカへと航海させる準備を進めていました。家茂と天璋院は船の乗組員である勝麟太郎と面会し、勝の飾らぬ人となりは天璋院に鮮やかな印象を残します。
一方薩摩では、激しい弾圧を行う井伊を打倒しようと、有馬ら若者たちが立ち上がろうとしていました。冷静だった大久保さえそれに賛同し、帯刀にも止められません。ついに決起となった日、彼らの元届いた “誠忠士の面々へ”と書かれた藩主の直々の言葉に感極まった彼らは、すんでの所で決起を思いとどまるのでした。
天璋院は井伊の真意を問いただすため、二人きりでの面会を申し込みます。自分は国を守りたい一心で、己の役割を果たしただけと語る井伊の覚悟を目の当たりにし、深い感銘を受けた天璋院は、これからは井伊ともっと語り合いたいと願うのですが、3月3日、天璋院は桜田門外で起こった恐ろしい出来事を、滝山から伝えられることになるのでした…。


今回は江戸と薩摩、両方で大きな動きがありました。
まず…前回しみじみと今までを振り返った天璋院と幾島に別れの時が。薩摩の鶴丸城で初めて顔を合わせてから、しばらくは犬猿の仲だったふたり。そんな関係が変わったのは薩摩を出て辛い船旅をともに乗り越えた頃からだったでしょうか…。天璋院にとって家族のような、同志のような、そんな存在だった幾島。大切な人が去っていくことはとても辛いですが…そういう別れがあったからこそ新しい人との出会いでいつも成長してきた天璋院のこれからにも期待したいですね。これからは、表向きとのつながりもある重野がお側に控えることもありますし…。
それにしても、最後に幾島が天璋院に差し出した、亡き斉彬から預かっていたという薩摩を描いた絵。贈った斉彬の娘を思う気持ち、そしてそれを大切に預かっていた幾島の気持ち…なんだか切なくて堪らないですね。

そして…井伊直弼による安政の大獄に、これほどまでの処分が必要だったのかと疑問を覚える家茂と、この処分によって幕府への信義が失われたのではと危惧する天璋院が語り合っていますが…、そんな天璋院のお国許・薩摩ではまさに、その動きが見えていました。有馬たちを中心に「井伊討つべし」と薩摩を捨てようとする人が集まっていて…、その議論から一歩引いて冷静に構え、西郷の「一時の激情にかられ行動を起こしてはならない」という西郷の言葉を肝に銘じていたはずの大久保までもが「自分たちが事を起こすことで目を覚ます者がいればそれでいい、自分は捨て石になってかまわない」とそれに加わろうとする動きを見せます。これが…いつか母に「鬼になる」と誓った、その現れだったんでしょうか…。あるいは、自分が書いた建白書について沙汰がないことに憤った結果なのかもしれません。
しかし…その動きを知った帯刀が新藩主の後ろ盾となった忠教に必死で訴えたことで事態は変わります。大事の時には家の柱となって助けて欲しい、との書状を受け、大久保たちは思いとどまり…ふたたび薩摩のために働くことを誓うことになり…その書状に出てきた言葉から自らを「誠忠組」と名乗ることを決めます。
やっぱり…藩が自分たちを必要としているということに、下級武士である大久保たちもやりがいを感じたんでしょうね…。命さえ懸けなければならないこれから、そういうものが必要不可欠でしょう。

さて、ふたたび江戸。
水戸藩をはじめとする攘夷を叫ぶ者たちの口を封じようとする井伊の次なる作戦は「公武合体」。つまり家茂の御台所を皇室から迎えよう、という。これを滝山から聞いた天璋院は「まだ早い」とちょっと感情的になっている様子。自分を母と慕ってくれる家茂を取られるような気がするのかもしれません…。
まぁ当人の家茂も御台所の件よりも、ちかくアメリカに向けて出発する咸臨丸への関心が強い様子。その話を聞き、もともと好奇心の強い天璋院も咸臨丸に乗る者に会うことに。
ここで、北大路欣也さん演じる勝麟太郎が初登場。物怖じしない言動が、いかにも豪快で、機転の利く人物という感じで…これからますます楽しみです。
そして、天璋院にとっては8年ぶりとなるジョン万次郎との再会。アメリカから戻ってきたばかりの頃からすれば、きちんと月代にして侍らしくなった万次郎は、またがらりと雰囲気が変わってて…見違えちゃいました。

勝が天璋院に贈った土産はソーイング・マシン(ミシン)。日本でミシンを使った初めての女性は天璋院だとも言われているそうですが…無邪気にミシンを使う天璋院の様子はまさに娘のようでした。
しかし…重野から安政の大獄で処分された者の一覧を受け取り、怒りの表情を浮かべた天璋院は、この処分を行った井伊にふたりきりでの対面を申し入れることに。
茶室で井伊の点てた茶を飲み素直に美味しいと感想をのべ、ミシンで自ら作った品を土産として差し出す天璋院に「亡き公方様のお気持ちが少しだけ分かった気がします」という井伊と、国を守るためには憎まれ役をも買って出る、それが自分の果たすべき役割だ…という覚悟の井伊にこれまでの悪感情を翻した天璋院。
ふたたび語り合いたいと願うふたりでしたが、「一期一会」…同じ日は戻らないという言葉通り…その願いは叶うことはなかったのですね。水戸藩への処分を不服とした水戸浪士たちによって、井伊は桜田門外で襲われ命を落とします。…長い時間を共にすごし解りあった人との別れも辛いですが…これからというときの別れは、それとはまた別の、悔しさ、やるせなさのようなものを感じずにはいられません。もっと一緒にいたいと願った家定との別れや、自分を思う気持ちにあとから気づくことになった斉彬との別れに近いものを感じさせられました。しかも…井伊の首を挙げたものが薩摩藩士と聞いては、心中穏やかではなかったでしょう。このあたり、次回にも影響するかもしれません。

さて…次回は「皇女和宮」。薩摩での動きが一段落ですが、今度は京。堀北真希さん演じる和宮や片岡鶴太郎さん演じる岩倉具視とか…初登場の人物もたくさん出てきそうで、気になるところです。


天璋院篤姫…宮﨑あおい
徳川家茂…松田翔太
幾島…松坂慶子
滝山…稲森いずみ
重野…中嶋朋子
井伊直弼…中村梅雀
勝麟太郎…北大路欣也
ジョン万次郎…勝地涼
島津忠教…山口祐一郎
小松帯刀…瑛太
西郷吉之助…小澤征悦
大久保正助…原田泰造
有馬新八…的場浩司
有村俊斎…平山広行
伊地知正治…三宅弘城

« 旧式 | トップページ | 北京オリンピック① »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/42126472

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第三十二話・桜田門外の変:

« 旧式 | トップページ | 北京オリンピック① »