2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 8月に観たい映画その後 | トップページ | ひとりビーズ教室 »

2008年8月31日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第三十五話・疑惑の懐剣

Atsuhime2さて…今回はあの幕末のヒーローがいよいよ登場!

大河ドラマ『篤姫』
―第三十五話・疑惑の懐剣
無事に執り行われた家茂と和宮の婚儀でしたが、慣習の違いに端を発する江戸方と京方との確執は未だ消えぬままでした。家茂の初のお渡りの様子を気にかける天璋院ですが、和宮は家茂を拒み、さらには和宮が懐に刀を忍ばせていたとの疑惑が持ち上がります。真相を問いただす滝山に対し、観行院や庭田嗣子は事実無根と激高しますが、和宮だけは何も答えようとしないのでした。
一方、薩摩では奄美より西郷が戻っていました。西郷は久光に対し、上洛は無謀かつ時期尚早であり、当主でもなく官位のない久光にできることは何もないと発言します。怒る久光でしたが、帯刀の説得により上洛を延期することに。また今和泉島津家では、養子を迎え入れて隠居するようにと久光からの命が下り、悔しさに打ち震える忠敬がいました。
和宮懐剣の報告を受けた天璋院は二人きりでの会見を申し出ます。無言をつらぬく和宮にしびれを切らし、力ずくで疑惑を調べようとつかみかかる天璋院。その時、和宮の懐から何かが落ちてきらりと光ったそれは、刀ではなく…。

えーと…きょうは、ストーリー的には江戸(大奥)と薩摩が交互に出てきましたが、便宜上、それぞれまとめて書こうと思います。

まず江戸(大奥)。
婚礼の翌朝。仏間でのぎくしゃくした様子の家茂と和宮をみて気にかける天璋院。滝山から和宮が応じなかったこと、お付のお坊主が和宮の胸元に見た光るもの…。と息子である家茂を案じる天璋院と大奥の面々ですが…、とうとう和宮との会見でその「光るもの」の正体が判明。それは…小さな鏡。初めての対面で凛々しく優しい家茂に心を惹かれはじめた和宮の乙女心、とでもいうのか…可愛らしい面が見られました。
そして天璋院が家茂に「自分の本心を話しなさい」と説得をします。それはかつて天璋院が家定に「私は継嗣問題で父から命をうけております」と本当のことを打ち明けたときのことを思い起こさせました。そうそう、寝屋に人払いをしていた辺りなんかも。
それにしても、家茂と和宮…なんて初々しいんでしょう…。ほんとに微笑ましかったです。
それと…「お渡りと聞くと寂しい気持ちがする」としみじみ語る天璋院。天璋院はしみじみしてましたが…私の個人的な感想からすれば、初めての寝屋で家定よりも先に寝入ってしまった篤姫と、それに驚いた家定の様子を思い出したら…ちょっと可笑しかったです。
また…久しぶりに登場となったのは天璋院の姑、本寿院。仏間で先に席を立つ和宮の様子、また京方が「御台所ではなく宮と呼ぶように」と言ってきたことに怒り心頭の様子…久々に激しかったですが…、和宮への怒りと共に「姑(天璋院)の躾が悪いのでは」と天璋院をチクリと皮肉るあたり…さすが姑ですね(笑)。
家茂と和宮が互いに心を開くことができた翌朝、仏間で家茂が和宮と、そして天璋院と笑顔を交わす様子に、あぁ新しい家族ができたなと…まぁまだ江戸方・京方の間には色々とありますが…ほんとにここで、代替わりしたんだなという感じがしました。

それから、薩摩。
奄美から戻った西郷は久光に召しだされます。
亡き斉彬のことを慕っていた西郷は、上洛・江戸入りを考えている久光に「久光さまは一介の地ごろに過ぎず、江戸へ行っても何も出来はしません」と痛烈な言葉を浴びせます。地ごろとは田舎育ち、ということ。はるかに身分が下である西郷から言われれば、そりゃあ久光も腹が立つのは当然ですよね…。久光が怒りを表に出したのは初めてじゃないでしょうか…。
それで…大久保から、久光は斉彬の遺志を継ぐために上洛を決めたと知らされ、自らも上洛に従うことを決めます。いよいよ…薩摩は兵を挙げ、尊皇攘夷の実現をしようと向けて大きく動き出したわけですが…その裏で、天璋院の生家である今和泉島津家では、つい先ごろ当主となったばかりの忠敬が、久光の五男を養子に迎え自らは隠居するようにとの久光の意向を伝えられていました。久光は、自分の行うことに家中から非難の声が上がる芽を摘んでおきたいという気持ちがあったのですね。その意向を伝えたのは帯刀。「あの家の者と昵懇(じっこん)だから」という理由で命じられましたが…それだけに、嫌な役目ですよね…。
そこで帯刀は自分も久光に伴い兵を率いて薩摩を発つことをお幸に告げます。「薩摩が兵を挙げることで於一が苦しむようなことはないのか…」と、親心を覗かせるお幸。そしてまたお幸は、帯刀の前では気丈に振舞う忠敬が実のところ悔しさでいっぱいな気持ちも痛いほどに感じているんでしょうね…。

そして…久光が薩摩を発ったという知らせに、各地で尊皇攘夷派の志士たちを奮い立たせた…というくだりで、チラッと…ほんとにチラッとですが、とうとう坂本龍馬が登場しました。台詞もなく短いシーンだったので、物足りないといえば物足りないですが…道端の花を見つめる優しい表情から、キュッと引き締まった表情になって歩いていく…その様子に、なにか固い決意のようなものを感じさせられました。

さて、次回は「薩摩か徳川か」。薩摩が兵を挙げた報せが江戸まで届き…天璋院の周辺にも様々な動きがありそうな予感です。

天璋院篤姫…宮﨑あおい
徳川家茂…松田翔太
滝山…稲森いずみ
重野…中嶋朋子
本寿院…高畑淳子
歌橋…岩井友見
和宮…堀北真希
観行院…若村真由美
庭田継子…中村メイコ
島津久光…山口祐一郎
小松帯刀…瑛太
お近…ともさかりえ
西郷吉之助…小澤精悦
大久保正助…原田泰造
お幸…樋口可南子
島津忠敬…岡田義徳
しの…小林麻子
坂本龍馬…玉木宏

« 8月に観たい映画その後 | トップページ | ひとりビーズ教室 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/42261481

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第三十五話・疑惑の懐剣:

« 8月に観たい映画その後 | トップページ | ひとりビーズ教室 »