2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『20世紀少年』 | トップページ | お、見なきゃ♪ »

2008年9月25日 (木)

葉加瀬太郎アコースティックコンサートツアー2008~Classical Tuning~inまつもと市民芸術館

Hakasetaroきのうの夜…仕事を定時であがって高速を飛ばし、前からちょっとだけ興味のあった葉加瀬太郎さん、初体験してきました~。

葉加瀬太郎アコースティックコンサートツアー2008
~Classical Tuning~
まつもと市民芸術館にて、9月24日(水)19:00開演

渋滞に次ぐ渋滞に巻き込まれてですね…ホールに到着したのがなんと、開演3分前でした…。車を停めた場所からホールまで走りましたが、その道のりが絶望的に遠かったです。そんなわけで、一緒に行く約束をしていた会社の後輩を、待ち合わせ場所の入り口でやきもきさせてしまいました。そのことが非常に申し訳ないと…(爆)。
それでも何とか間に合いまして…いよいよ開演。
…あ。先に言っておきますが、曲目やその他もろもろ、先に知りたくない方はこの先ご注意くださいますよう、お願いいたします。











(第1部)
見上げてごらん夜の星を
Open Arms
前奏曲とアレグロ
新世界のフィエスタ
Another Sky
NEVER GIVE UP!
ブラームス・セレクション
 ~ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第3番第2楽章
(第2部)
ASIAN FLOW
Something In The Wind
あの頃の午後五時
TUNISIAN SUNSET
葉加瀬太郎セレクション
 ~太陽の子どもたち
Vent Novo
La~La~Ya
Csardas
情熱大陸
(アンコール)
ボーン・トゥ・スマイル
春をどうぞ 他



なんかほんと…すごく楽しくて面白くて…いい時間でした。

第1部はヴァイオリンとピアノ、途中からはチェロとコントラバスが加わって、ツアータイトルどおり、クラシカルな感じ。「Open Arms」と、ブラームスのソナタが良かったなぁ…。葉加瀬さんはブラームスが大好きなのだとか。演奏する曲を決めるのに面白い演出があったりしてですね…単なるクラシックなコンサートではない感じもありつつ。
「新世界のフィエスタ」のあと、この曲について、ずーっとゴシゴシやってなくちゃいけないから大変、とコメントされてましたが…、ゴシゴシって…(笑)。上戸彩さん出演の化粧品のCM曲をアレンジした「NEVER GIVE UP!」はほんとに早くて大変そうな曲でした。演奏する前に、大変だ大変だとしきりに言っていたので、一生懸命ゴシゴシ(笑)やっている葉加瀬さんの姿を見ていたら、こちらが前のめりになってきて…終いにはなんだか可笑しくてたまりませんでした…。

第2部は第1部のメンバーにギターとパーカッションが加わって、ロックな感じの曲なんかもあって楽しかったです。過去曲から演奏する1曲を選ぶのにルーレット(!)が登場しました。またもや面白い演出…。客席からルーレットに向かってボールを投げる人を選んでました。この方、なんと妊娠8ヶ月の妊婦さんでした。選んだ曲は「太陽の子どもたち」。ぜひ元気な赤ちゃんを産んでいただきたいですね。この曲…どこともタイアップしていない曲だそうですが、葉加瀬さん初心者の私もなぜか聴いたことある曲でした。どこで聴いたんだろう?
「La~La~Ya」のときは歌もあって、客席にもマイクを向けてました。「みんな歌うまでやめないぞ!」とステージ前方まで出てきてお客を煽る煽る!
で、「情熱大陸」はみんなで立って手拍子して…ほんとに楽しかったです。こういうの、やっぱりライブ好きの血が騒いじゃいますね~。この曲は葉加瀬さんはステージの端から端まで歩いて踊りながら弾いてるし、チェロの柏木広樹さんは立ってチェロを抱え上げたまま後ろにのけぞりながら弾くというすごい技。びっくりしました。

アンコールの1曲目はタイトル分からないんですが(教えてくださる方募集中!と書いていたら教えていただきました。「ボーン・トゥ・スマイル」だそうです。コメントくださったkumiさん、ありがとうございました♪)、「情熱大陸」の熱気そのままに立って手拍子で盛り上がりました。
それから最後、葉加瀬さんひとりで登場して「40歳過ぎたら演奏活動をやめてもっと色々なアート的な活動をしているだろう…とちょっと前まで想像していたけれど、いざなってみたら、まだまだヴァイオリンが大好きで今の僕にはヴァイオリンを置くことはできません」とおっしゃってました。確かに…演奏することがとっても楽しく大好きなんだなぁということがすごく伝わってくるライブでした。
…ほんとのほんとに最後の曲は「春をどうぞ」。バンドメンバーやスタッフの方を従えた、“高嶋ちさ子と12人のヴァイオリニスト”ならぬ、“葉加瀬太郎と9人のヴァイオリニスト”(笑)。ヴァイオリンをウクレレみたいに抱えてピチカートをする9人が面白かったです。

休憩時間に葉加瀬さんの最新アルバムを購入したので、終演後、握手会に参加してきました。初めて聴いたブラームスのソナタが予想外に良かったので、握手していただきながら「ブラームス素敵でした♪」とひと言だけですが、感想をお伝えすることができました(自己満足ですがね…)。握手していただいて、待っていてくれた後輩のもとへスキップしながら戻ったら、ちょっと呆れてましたよ。ごめんね、こんな先輩でね…(爆)。
目の前にいらっしゃった葉加瀬さんは、想像していたよりもすごく背が高くて迫力のある方でした。そして握手していただいた手は大きくて柔らかくて、これはなんだか想像していたまんまの温かさでした。笑顔も温かい感じでした。

ホールから駐車場までプラプラと歩きながら「たーらーりらー、たーらーりらー」とこのライブで聴いてもいない「エトピリカ」を口ずさみ、帰りの車中では、ライブの余韻に浸るべく、さっそく葉加瀬さんのアルバムを聴いて帰りました。途中で、ライブでも演奏された「ASIAN FLOW」に、私が大好きな藤原道山さんの尺八の音色を発見。道山さんが葉加瀬さんのレコーディングに参加されたことは道山さんのブログで知っていましたが、それでも最初は「もしかして…?」という感じでしたが、後半に出てきた高音のところで、これは道山さん以外にありえない音色だ!と確信。やっぱり尺八が入っているからかなぁ…ライブで聴いたときよりもずっと、和な雰囲気。
それはともかく…ライブの余韻と葉加瀬さんのヴァイオリンの音色に癒されるべく、しばらくはこのアルバムを聴いてしまいそうです。

« 映画『20世紀少年』 | トップページ | お、見なきゃ♪ »

音楽」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。私は、初日の目黒に行きました。
思い出に浸っていて、このブログにたどり着きました。

アンコールの一曲目は、「ボーン・トゥ・スマイル」です。
昨年、発売されたアルバムSONGSに収録されてます。
楽しい曲ですよね。

今年は、一部と二部の雰囲気が違って、
二度楽しむことができたコンサートでした。

関東は、11月と12月もあるので、また行きます。
今から、その日が楽しみです。

>kumiさん
はじめまして。
初日に行かれたんですねー。
ツアーの初日って特別なドキドキがありますよね。
あ。アンコール1曲目、曲名教えてくださってありがとうございます!
早速セットリスト等に反映させていただきますね。
ほんと楽しい曲でした。
前半と後半で違う雰囲気だったので、ふたつのライブを観たような
お得感もありましたね。
11月と12月にもおいでになるんですね。いいなぁ♪
ぜひぜひ楽しんでいらしてくださいね。

はじめまして、わたしも行きましたぁ。
よかったですよねぇ。
わたしは葉加瀬さんのコンサート、ん、6回目かな。
とっても好きです。
情熱大陸のノリはもはや定番化しておりますね。

>たろケイクさん
はじめましてー。
葉加瀬さんのコンサート、たくさん行かれてるんですね。
「情熱大陸」は前にライブ映像を見たことありますが
そのときもすごいノリノリでした。
今回はその雰囲気を味わえたのがすごく良かったです。

あ、古武道もちょっと気になってます。
りみっとさんのこともちょっと気になるのでまた来ちゃいました!

>たろケイクさん
私なんかのことを気にしてくださって、ありがとうございます(苦笑)。
あ。古武道は是非お聴きになってみてください。オススメです♪

10月11日の岡山公演に行きます。
2回目なのですがとても楽しみにしています。
本当は『無』の状態で、新鮮さと驚きを体感するつもりでしたが
なんだか、待ちきれない思いでいろいろ検索していたらここに
目が留まりました。私も前回CDを購入したので、葉加瀬さんと
握手していただき感動だったのを思い出します。しかし・・・
帰りのタクシーで運転手さんが予備知識も無いのにペラペラ
しゃべられて・・・コンサートの余韻が台無しだったのを思い出します。
11回目の結婚記念日も近いので、主人と明後日を楽しんできます。ありがとうございました。

あ…上のコメントの方、お名前がないですね…。
なのでとりあえず、

>名なしさん
はじめまして。岡山の方なんですね?
もうすぐライブということで、待ちきれない気持ち…なんだか分かるような気がします。
ライブの興奮のなか、握手までしていただくとその感動もひとしおですよね。
タクシーの運転手さんも、気を使ってくださったのでしょうけど…
逆効果だったようですね(苦笑)。
11日は、是非楽しんでいらしてくださいね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画『20世紀少年』 | トップページ | お、見なきゃ♪ »