2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 大河ドラマ『篤姫』―第三十七話・友情と決別 | トップページ | 道山さんin課外授業ようこそ先輩 »

2008年9月21日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第三十八話・姑の心嫁の心

Atsuhime2_2この間…ちょっと近づいたかと思ったら、また…という天璋院と和宮。

大河ドラマ『篤姫』
―第三十八話・姑の心嫁の心
帯刀からの書状で生麦事件の実際の様子を知った天璋院は、薩摩藩だけではなく幕府もイギリスに謝罪すべきだと主張します。
京では過激な尊王攘夷派である長州藩が薩摩藩に代わって政局の主導権を握り、島津久光と岩倉具視は失脚。そんななか将軍・家茂の上洛と攘夷実行を求めて京から勅使がやって来ます。家茂は天璋院と相談し、自ら上洛して帝に直接、攘夷が困難であることを伝えようと心に決めます。しかし和宮は家茂の身を案じ上洛に反対するのでした。
家茂上洛に際し江戸城では、陸路を主張する天璋院と海路を主張する勝との間で対立が起こり、また、上洛を後押ししたのが天璋院であることを知って上洛に反対の和宮は強い敵対心を抱き…。


前回起こった生麦事件。大奥の中の京方や攘夷派の思惑とは裏腹に、ただ武家のしきたりに則っただけであった薩摩藩。でも…外国人が入ってきていた時代、その理屈もすんなりとは通らなかったでしょうね…。
京では長州が主導権を握っていて、薩摩は国へ帰らざるをえなくなりますが…薩摩へ帰った帯刀は、イギリスとの戦が迫るなか家老職に就くことになります。祝いの席ですっかり出来上がった実父・肝付兼善のご機嫌な様子が可笑しかったです。また今和泉家からお幸と忠敬が挨拶に訪れて…なんだかこの人たちが登場すると心が和みます。

今回、本格的に玉木くん演じる坂本龍馬が出てきましたね。初登場のときは台詞もなかったので…待ち遠しかったです。勝麟太郎を斬りに行ったはずが、勝のその人柄やこれからの日本のあり方を語る姿にすっかり魅了されてしまった龍馬。気負って乗り込んだはずが、毒気を抜かれた…みたいなところもあったのかも。それにしても「あなたを斬る」と言っている相手に「おれの部屋へ行こう」という勝もかなり変わってますが…(笑)、思わずそれに「はい!」と返事をしてしまってからびっくりして「え?」と言う龍馬の顔…笑っちゃいました…いえ、なんだか玉木くんぽいなぁとか思ったりして…。

さて、大奥。
上洛を求めてやってきた京からの勅使への対応に悩む家茂が、天璋院の後押しも得て、自ら上洛することを決めます。和宮が嫁いですぐの頃には、攘夷を誓う書状を自らしたためたこともありましたが…自分が動くことでことが上手く運ぶなら労はいとわない、という姿勢が清々しく感じられます。
家茂は帝に直接会い、攘夷が不可能であることを分かってもらうつもりですが…京方は、攘夷を誓うために上洛するのだと思い喜んでいます。ただひとり、家茂本人から攘夷が不可能であるという考えを聞かされている和宮を除いて。
妻として夫の帰りを待つことが辛く、長州をはじめとする攘夷派が席巻し「天誅」と称して幕府方が朝廷方に殺められる事件が相次いでいる京で何かあったら…と案ずるゆえですが…上洛を後押ししたのが姑である天璋院と知って、自分から家茂を引き離した張本人として反発する様子は…天璋院が家茂の実の母ではないとは言え、天璋院と和宮はやっぱり嫁姑という関係で成り立っているのだなぁとあらためて感じさせられました。
嫁姑といえば、天璋院にとっての姑は家定の母である本寿院ですが…もし亡き家定が上洛すると言っていたら(まぁ言わなかったでしょうが…)どうなっていたか。やっぱり天璋院(その頃は篤姫)はその背中を押したでしょうし、本寿院は息子と離れるのは嫌だと言って嫁を恨んだでしょうね…。結局、どんな立場であろうと天璋院という人の物事の考え方は変わらないんだろうなぁという気もします。

家茂の上洛に納得できない思いを抱いている人が、もうひとり。徳川家命、の滝山です。朝廷に催促されての上洛に将軍の威厳が損なわれたと怒り、「何かなさったのではございますまいね?」と家茂の上洛に天璋院が絡んでいるのでは…と見事な勘を働かせます。それにしても…家茂が上洛を決めたことに幕府の役人たちも困っていると聞き「まぁーそれは大変なことじゃのうー」と惚け、重野に目配せをする天璋院が可笑しいです。

龍馬に「この国の周りには海しかないのに海軍すら持っていない。これでは外国には太刀打ちできない」と語った勝は、家茂上洛に際し海路を使い、家茂や幕府の役人たちを軍艦に乗せることで、海軍設立に向けての足がかりにしようと考えていました。
しかし…海には外国船がいるから危険、その上街道を使えば将軍の権威を示すことができる、と考える天璋院と対立することになります。
結局…陸路で京へ向かうことになった家茂ですが、勝がアメリカへ向かうときに使った咸臨丸にも興味津々だった家茂のこと、海路を使っていたらもしかすると…という気もしないではありません。
それにしても、勝が何も言わないうちから「そちは海軍を作りたいのであろう」と勝の真意を見抜いた天璋院と、最初は惚けていながら、あっさりとそれを認め「碁で決めましょう」とあっけらかんと持ちかける勝。このやり取りは面白かったです。
勝は初めての対面のときに天璋院を気に入った様子でしたし、薩摩が兵を挙げ京へ向かったときも天璋院のことを案じていましたよね。知ってか知らずか、天璋院の幼馴染でもある帯刀の真っ直ぐさにも感銘を受けた勝でしたが…やっぱり惹かれあう人同士というのは、どこかで繋がっているというか、そんな気もしました。

さて…次回は「薩摩燃ゆ」。薩摩がいよいよ、イギリスとの戦に突入していくことになります。



天璋院篤姫…宮﨑あおい
徳川家茂…松田翔太
滝山…稲森いずみ
重野…中嶋朋子
和宮…堀北真希
観行院…若村真由美
庭田継子…中村メイコ
一橋慶喜…平岳大
松平春嶽…矢島健一
島津久光…山口祐一郎
小松帯刀…瑛太
お近…ともさかりえ
お幸…樋口可南子
島津忠敬…岡田義徳
肝付兼善…榎木孝明
勝麟太郎…北大路欣也
坂本龍馬…玉木宏
岩倉具視…片岡鶴太郎
桂小五郎…スズキジュンペイ

« 大河ドラマ『篤姫』―第三十七話・友情と決別 | トップページ | 道山さんin課外授業ようこそ先輩 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/42544244

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第三十八話・姑の心嫁の心:

» 篤姫 第38回「姑の心 嫁の心」 [あしたまにあーな]
今回は、嵐の前の静けさともいえるほどの静かな雰囲気の中で話が進んでいった様に思えます。天璋院も以前であれば、和宮と同じレベルで女と女の戦いを繰り広げたのかもしれませんが... [続きを読む]

« 大河ドラマ『篤姫』―第三十七話・友情と決別 | トップページ | 道山さんin課外授業ようこそ先輩 »