2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 「ボストン美術館浮世絵名品展」と「えどはく寄席」と「琥珀の道」(江戸東京博物館にて) | トップページ | 大河ドラマ『篤姫』―第四十一話・薩長同盟 »

2008年10月12日 (日)

ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008“SCENE”in日本武道館※ネタバレ!

Scenetokyobudokan私にとっては今年3度目となる、ASKAさんのコンサートに行ってきました。 4月のプレミアムプレビューと6月のタイ・バンコク公演も一緒だった、お友達のえりこさんとふたりで参加してきました。
Scenetokyobudokan2_4お天気はあいにくの雨模様で、グッズ販売と開場待ちで並んでいるときに雨に降られて大変でしたが…これからはじまるコンサートに緊張感が増していきました。


ASKA SYIMPHONIC CONCEERT TOUR 2008“SCENE”
日本武道館にて、2008年10月10日18:30開演
指揮:藤原いくろう
管弦楽:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
ピアノ:澤近泰輔
ギター:古川昌義


※ここから先、セットリストあります。なので当然ながらネタバレです。
これからの公演に参加される方はご注意を!!










[セットリスト]
Birth
Girl
迷宮のReplicant
はじまりはいつも雨
good time
抱き合いし恋人
君の好きだった歌へのプロローグ~背中で聞こえるユーモレスク
帰宅
next door
蘇州夜曲
C-46
心に花の咲く方へ
UNI-VERSE
僕はこの瞳で嘘をつく
月が近づけば少しはましだろう
けれど空は青
PLEASE
(アンコール)
伝わりますか
君が愛を語れ



なんか…4月と6月のレビューとかセットリストをベースに、今回はアッサリ書こうと思ってた私には、かなり衝撃的な変化のあった、国内ツアー。何より、ツアータイトルが“SCENE”なのに「SCENE」がセットリストから外れてるって、意表をつきすぎ(笑)。
私のなかで、すごく意外だった曲といえば「僕はこの瞳で嘘をつく」。たしか…昨年末のCHAGE&ASKAのアコースティックツアーでも演奏されて、そのときも意外に思ったんですが…あの曲をオーケストラでやるって、すごい着想かも。でもすごくかっこ良くて…間奏のところでのビッグバンド・ジャズ風なアレンジも楽しかったです。

どういうわけか…聴くたびに心を掴まれる曲が変わってくるとか…そういう経験もしました。今回は「帰宅」と「next door」が特に歌詞が響いてきて、聴き入ってしまいました。この曲以外にも、気がつくとASKAさんの歌う姿や声に…そしてそこにある音で心がいっぱいになっている瞬間がたくさんありました。
この武道館の直前、福岡公演でASKAさんの体調が思わしくなく再演が決まったというのを知っていたので…大丈夫かなぁとか…プロの人に対してするべきじゃないのかもしれない心配もしながら武道館に足を運んだという部分もありました。
確かに本調子ではないのかもしれない…と感じる部分もありましたが…なにより、ASKAさんの、歌を、音楽を届けようとする姿に、そしてその声に、確実に心を掴まれた気がしています。とくに「月が近づけば少しはましだろう」。曲の最中はもちろんですが…歌い終わったASKAさんが深く頭を下げた姿を見たら…もうなんだか堪らなくなりました。
またこの国内ツアーでは、今月発売の新曲「UNI-VERSE」を初めて生で聴きました。多分ですけど…この曲がいちばん、声だったり歌っている姿だったりが、のびのびとしていた気がします。

MCのなかでASKAさんは、コンサートをやっていると「あ、繋がったな」と思う瞬間があると言っていました。そういう瞬間が欲しくて…コンサートをやろうと思うんでしょうか…。そういう「何かがあるかも」的な期待をするから、そして、ASKAさんがそういう存在だからこそわたしたちも足を運ぶんだろう…と思います。
今回ASKAさんの歌う姿からは私たちと繋がりたいと思ってくれているんだ、という思いがひしひしと伝わってくるようでした。ほんとに素晴らしかったです。

今回は、来年のことだとかCHAGE&ASKAとしてのこれからの活動のことについてだとか、そういうお話はありませんでしたが…先日来春からのASKAソロでのツアーが発表されたこともあって、あぁとりあえずしばらくはこういう方向なのかなと思ったりしている今日この頃です。私にとって、CHAGEさんとASKAさんはこれ以上にかっこいい人はいない、というぐらいの特別な人たちです。だからチャゲアスとしてでなくてもいいから、歌っていてほしいライブで会いたい、と切に願っている自分がいます。そしてそのソロとしての活動がいつかまた、CHAGE&ASKAへと繋がっていくことも期待せずにはいられません。
そんなことを思いつつもですね…オーケストラやその他のメンバーを紹介する際に、いくろうさん、澤近さん、古川さんと、何ごとか長ーく話すというギャグ(笑)だとか、ちょっとした言葉の端々では笑わせてもらいました。

開演前に購入したパンフレットを、帰ってきてから見ました。アジアツアーの写真は、シンガポール、タイ、上海と、その国・都市の空気を感じられました。とくにタイは、あぁこの感じこの感じ…と少し懐かしく思い出しました。音楽ライターの小貫さんによるバンコク公演同行記を読んだら、私があの時感じていたものを小貫さんも感じられていたのだなぁと思ったりもしました。オーケストラの鳴り方のところはとくに。

そんなわけで…ツアーはこのあと名古屋・北海道と続きますが、私にとっては今年最後になるであろうASKAさんのコンサートが終わりました。
今年は4月にプレミアムプレビューに運よく参加でき、また6月には海外でASKAさんを聴くというこれまでにない経験もしました。そこでASKAさんの語った言葉に考えさせられることもあり、ほんとうに色々なことがありました。
最後になりましたが…お友達のえりこさんとは今年、今まで以上にたくさんのことを一緒に経験しました。ひとりでは行かれなかった場所もたくさんありました。ほんとうにありがとう。そして、そんなコンサートを体験させてくれたASKAさんにも、ありがとうと言いたい気持ちでいっぱいです。

« 「ボストン美術館浮世絵名品展」と「えどはく寄席」と「琥珀の道」(江戸東京博物館にて) | トップページ | 大河ドラマ『篤姫』―第四十一話・薩長同盟 »

音楽」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

レポ読ませてもらいました。
本当に今年は色々とありがとうね。
バンコクまで行けるとは思わなかったね!
ASKAさんを通じて色んな想いを共有できた事、
心から嬉しいです。
今回のコンサートは色々意外なところもあり、
心打たれる部分もあり、やっぱりASKAさんは
最高のアーティストだね!

>えりこさん
ほんとに…今年はたくさん一緒に色々経験したね。
こちらこそありがとう。
ASKAさんの歌う姿、気持ちがすごく伝わってきて
感動したね。こんなすごい人に出会えて、たくさんの
元気をもらっている自分を幸せだと思います。

お久しぶりです。
私は大阪の初日を見てきました。
海外公演とはガラッと変わった感じで、
どんな感じに見られたか気になり、お邪魔しました。
私は、「SCENE」がはずされたことにすら気づきませんでした(笑)
勉強になります。

大阪の2日目から声がおかしくなってしまっていたらしいと噂を耳にしました。
実は、大阪の宿泊先がツアーご一行様と同じホテルだったのですけど
(ストーカーじゃないです。偶然です。)
空調の状態がかなり悪く、喉がカラカラになるほどでした。
素人の私がそう感じる程でしたので、ASKAさんの喉にも影響があるんじゃないかと心配でした。
案の定だったので、残念で仕方ありません。
福岡の方達は気の毒でしたが、日本武道館では大分良くなったと聞いて安心しました。

>りあるさん
お久しぶりですね♪
初日の大坂に行かれたんですね。
風の噂(?)では初日はいつも通りのASKAさんだったと聞いております。
福岡だけ調子が悪かったのかと思ってましたが、大坂の2日目も
少し悪かったのですね…。
ホテルの空調がすべての原因とは限らないでしょうが…
もしかしたらそれもあるのかもしれませんね。
ホテルの空調ってきつ目の設定のときとかありますからね。
武道館では、本調子とはいかない部分もありながら
頑張って歌ってらっしゃいましたよ。素晴らしいパフォーマンスでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008“SCENE”in日本武道館※ネタバレ!:

» ASKA Symphonic Concert 2008 SCENE in 日本武道館 10/10 [安息の日々]
体調が悪い中、何とかコンサートに行って参りました。 ずーっと前から楽しみにしていた、コンサートに。 この日、東京は雨でグッズを買おうと並んでいる時に 結構\降っててビショビショになって... [続きを読む]

« 「ボストン美術館浮世絵名品展」と「えどはく寄席」と「琥珀の道」(江戸東京博物館にて) | トップページ | 大河ドラマ『篤姫』―第四十一話・薩長同盟 »