2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 早くも | トップページ | 10月に観たい映画その後 »

2008年10月30日 (木)

ロック母

Rockmatherこの間も…なんか違う人の短編集を読んでた気もしますが…。

角田光代・著
『ロック母』

未婚の母となるのを目前にして故郷の島に戻ってきた“私”が目にしたのは、かつて自分が聴いていたロックを大音量で聴きながら人形の服を縫う母の姿で…(表題作『ロック母』)。1992年から2006年までに書かれた7つの短編を収録。

書かれた時期もバラバラで登場する人もみんな違うのに、どこか共通する空気というか、雰囲気が感じられる短編集でした。今まで私が読んだ角田さんの作品は比較的新しいもの(2000年以降くらい)ばかりだったので、昔のはちょっと違った感覚で新鮮だったし、最近のものは読みなれた…というか読み覚えのある感覚でした。
舞台が日本ではない作品もいくつかあって、そのなかでも『緑の鼠の糞』は今年6月に行ったタイが舞台で、普段はあまり縁のない遠い土地なのになぜか身近に感じられました。こういう感覚ってずっと続いているような気がしています。ニュースでタイのことをやっていたり、テレビ番組や映画などでタイが登場すると、ついつい見入ってしまったりしている自分がいます。

« 早くも | トップページ | 10月に観たい映画その後 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/42959239

この記事へのトラックバック一覧です: ロック母:

« 早くも | トップページ | 10月に観たい映画その後 »