2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ビーズアクセサリー講座⑤ | トップページ | こうしろ!未来のクラシック »

2008年10月 9日 (木)

ララピポ

201791b_2「イン・ザ・プール」を読んで以来好きな作家さんの本です。

奥田英朗・著
『ララピポ』
対人恐怖症のフリーライター、ノーと言えないカラオケボックスの店員、風俗専門のスカウトマン…どうにもならない日常を送る人々による群像劇。


面白いんですけど…とりあえず、ご飯を食べながらという、お行儀の悪い読み方はやめましょう(私のことですがね)。とてもじゃありませんが、ご飯を美味しく頂こうという気分にはなれません。という種類の気持ち悪さを感じます。
ここに登場する人たちには、もう人生やめたいなぁというか、頼むから誰か別の人生用意してくれないかなぁというか、そんなどん詰まりを感じさせられますが、なかには案外楽しんじゃってるというか、結局上手く行っちゃってるみたいな感じ。
物語は、対人恐怖症のフリーライターから始まって、短編連作的風に、そこに関わる人にリレーしていくような形で進んでいって、最後の章に、そこまで登場した人のその後がちょっとずつ出てきて、人生って…みたいな感じで、まぁまとまっていくというか…。
こういう、あっちとこっちがこういうところで繋がってて…みたいなの、読むの結構好きなので楽しめました。

この本を買ったとき、「映画化」というオビがついてました。
監督は、いま『パコと魔法の絵本』が公開中の中島哲也監督。出演は成宮寛貴くんや森三中の村上さんなど。公開は2009年正月の予定だそうです。

« ビーズアクセサリー講座⑤ | トップページ | こうしろ!未来のクラシック »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/42681815

この記事へのトラックバック一覧です: ララピポ:

« ビーズアクセサリー講座⑤ | トップページ | こうしろ!未来のクラシック »