2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 親不知2 | トップページ | 大河ドラマ『篤姫』―第四十三話・嫁の決心 »

2008年10月25日 (土)

喪失

Sousitu買わないけど必ず借りる人って感じだったり。

森村誠一・著
『喪失』

様々な“喪失”がテーマの短編集。すべてのお話に登場するのは、森村作品といったらこの人、という棟居刑事。棟居さんが主人公のようなかたちで物語が進むこともあれば、ちょっと良くないことを企んでいる人が主人公で、その人の前にひょいと現れてドキッ、ヒヤリとさせるものもあったりします。
私の個人的な好みとしては「一期のクラス会」という、棟居さんが高校時代の同級会に出るというお話。そこで初恋の相手に会ったり、またその他の人物から語られるその高校時代や現在について…。同じ教室で机を並べていたこともありながら、現在はバラバラな人生を送っている人々。それを同級会への案内状が、その一時だけ結びつけるという、そしてその時間は戻ることも、同じような出会いは二度とないということ…その切なさにドキドキさせられました。

« 親不知2 | トップページ | 大河ドラマ『篤姫』―第四十三話・嫁の決心 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/42884871

この記事へのトラックバック一覧です: 喪失:

« 親不知2 | トップページ | 大河ドラマ『篤姫』―第四十三話・嫁の決心 »