2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ビーズアクセサリー講座④ | トップページ | Classical Tuning »

2008年10月 5日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第四十話・息子の出陣

Atsuhime2_2今回は色々と見所の多い回です。
個人的には帯刀と龍馬がですね…。


大河ドラマ『篤姫』
―第四十話・息子の出陣
誠忠組の面々のもとに島流しにされていた西郷が帰ってきます。その祝宴の席で、帯刀は芸妓お琴と運命的な出会いをするのでした。
そんななか、京都での勢力回復をはかる長州藩が御所への突入(「蛤(はまぐり)の変」)を決行。帯刀ら薩摩藩は幕府軍として参戦し慶喜とともにこれを迎え撃ち、みごと勝利をおさめます。
一方大奥では滝山が、一刻も早く世継ぎをもうけ徳川家の安泰を図りたい一心から、家茂に側室を持たせてはどうかと天璋院に進言しますが、和宮と家茂の仲むつまじい夫婦ぶりに水をさしたくない天璋院は強く反対するのでした。
勝の創設した海軍操練所は、京で起こった「蛤御門の変」の影響を受け閉鎖の危機を迎えていました。勝は弟子の龍馬を帯刀のもとに遣わし、塾生たちの面倒を見てもらうよう願い出ます。
そのころ江戸城は、和宮に懐妊の兆しが見え大奥は喜びにつつまれていました。ともに孫の誕生を待ちわび喜びを分かち合う天璋院と観行院でしたが、それから間もなく和宮の懐妊は間違いであったことがわかり…。


今まで何度か…「これがきっかけで天璋院と和宮が上手く行くのでは…」と期待しつつも、なかなかそうは行かなかったわけですが、今回、少しはいい感じになりました…かねぇ。
とはいえ、そのきっかけが和宮の懐妊が間違いだったという出来事なので、辛いものはありました。家茂と和宮の仲睦まじい様子や、「お子が生まれたらわたくしたちはおばあさんですね」と笑いあう天璋院と観行院の珍しく(?)穏やかな様子を見るにつけ…懐妊が本当だったら良かったのにと、残念な気持ちも大きかったですね…。
それにしても…和宮のもとを訪ねて涙を流す天璋院の姿は印象的でした。こういうところがやっぱり、この人のすごいところというか…いつの間にか周囲の人を虜にするところなんだなぁと、あらためて感じました。

一方、京。いちどは主導権を握りながらも薩摩に追い落とされた長州が御所に攻め入る「蛤御門の変」を起こします。そこで幕府軍として長州勢を迎えうった帯刀の活躍は、その報せを大奥で聞いた天璋院ではありませんが、あぁあの人がこんなに立派になったんだなぁと…、天璋院(そのころは於一)に振り回されオロオロしていた姿を知っているだけに感慨深いものがあります。
そんな帯刀には、ふたりの人物と運命的な出会いが。
ひとりは島流しになっていた西郷の復帰を祝う席で出会った芸妓・琴花(お琴)。帯刀の口調や手振りを真似て「かわいい」と言ってみたりして、なかなか面白い人です。
それからもうひとりは坂本龍馬。京の小松屋敷を訪れた龍馬のブーツや懐のピストルなどにびっくりさせられっぱなしの帯刀。龍馬の用件は蛤御門の変の影響から閉鎖の危機に遭った海軍操練所の人たちの面倒を見てほしい…というものでしたが、その話が終わったところに「怪しい男はんが入っていくのを見たさかい」と飛び込んできたのが琴花。そして「小松様も隅におけん」と、帯刀が引き止めようとするのにも構わず去っていく龍馬。
なんだか…帯刀の周りもちょっと賑やかになってきました。そうそう、西郷も久々に戻ってきたことですしね。

さて…再び大奥。家茂は天璋院を呼び出し、和宮のたっての願いだから、ということで3人で写真を撮ろうと誘います。2枚目は家茂と和宮が2人で撮るようにと勧める天璋院に素直に礼を言う和宮の様子とか…やっぱり今までとはちょっと違う、いい雰囲気でした。
しかし…家茂は天璋院と和宮に、自分は間もなく長州征伐に向けて出陣することを告げます。一度は収まったと見えた長州問題が京で再燃したためでした。
…本で調べると家茂は、この間のを入れて全部で3回上洛をしていますが、どうも2回目のはこのドラマでは省かれているような感じですね。というわけで…家茂の出陣を知りショックを受けている和宮を気遣う天璋院も、なにか嫌な予感を覚えているようですが…家茂にも最期のときが迫っているようです。

そして次回は「薩長同盟」。
薩摩が、幕府に逆らったうえ御所に攻め入った長州と繋がっている…となれば、またまた大奥での天璋院の立場も微妙なことになりそうで、気がかりですね…。



天璋院篤姫…宮﨑あおい
徳川家茂…松田翔太
和宮…堀北真希
滝山…稲森いずみ
重野…中嶋朋子
観行院…若村真由美
庭田継子…中村メイコ
本寿院…高畑淳子
孝明天皇…東儀秀樹
一橋慶喜…平岳大
島津久光…山口祐一郎
小松帯刀…瑛太
西郷吉之助…小澤征悦
大久保一蔵…原田泰造
勝麟太郎…北大路欣也
坂本龍馬…玉木宏
お琴…原田夏希

« ビーズアクセサリー講座④ | トップページ | Classical Tuning »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/42681361

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第四十話・息子の出陣:

« ビーズアクセサリー講座④ | トップページ | Classical Tuning »