2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 図書館内乱 | トップページ | クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯13ドヴォルザーク「交響曲第9番“新世界から”」~オフィスを揺るがす郷愁のメロディ~ »

2008年11月 9日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第四十五話・母からの文

Atsuhime3今回は、懐かしい薩摩関係の人々も登場。


大河ドラマ『篤姫』
―第四十五話・母からの文
将軍も御台所もいない大奥では、天璋院だけが心の支えとなっていました。
帯刀は徳川家を討とうとする西郷と大久保をあくまで止めようとしていましたが、二人は聞く耳を持たず、岩倉とともに幕府を倒す計画を進めるのでした。
岩倉の画策で、朝廷は慶喜に官位と領地の返上を命じます。天璋院はその命令に疑問を覚えつつ、勝に戦だけは避けるように言うのですが、慶喜は薩摩・長州を挑発、諸国の軍勢が大坂へ集まり始めます。
帯刀は天璋院を救うため、お近とともににお幸の元へ向かい、天璋院に薩摩へ帰るようにとの文を書くよう頼むのでした。
…母からの文を読んだ天璋院は、使者の小の島に帰ることはできないと涙ながらに告げます。そこで重野は、生まれ育った薩摩に討たれるようなことはあまりにもむごいと、滝山に、天璋の説得を頼みます。しかし滝山を前にした天璋院は、大奥の皆こそが自分の家族とその説得を断り、大奥を最後まで守り抜く決意を新たにするのでした…。



いよいよ、戦の避けられない状況になりつつあります…。
大政奉還をしたからといって400万石を抱える徳川宗家の力は大きく、新しい日本を作るためにはあくまでも徳川を倒す、という西郷・大久保そして岩倉。
戦を良しとしない帯刀ですが…病のために薩摩を動けずにいます。帯刀はこの後明治3年に病のために亡くなるらしいのですが、もしかしてこの病がもとなでしょうか…?
それはともかくとして…せめて江戸城にいる天璋院を救いたい思いで、久光やお幸に働きかけ、お幸から天璋院への「薩摩へ戻るよう」という文を書いてもらうことに成功しますが…、信頼していたはずの仲間との意見の相違や、龍馬や万次郎といった志を同じくする人々の別れなど…前回・今回と引き続いて帯刀にとっては辛い場面が続きますね…。

そして慶喜。長州・薩摩の怒りを買うような発言をしてみたりして、相変わらずつかみどころのない部分もあり、状況はますます悪くなっていくという…。江戸城下で薩摩を名乗る者たちによる騒ぎや、江戸城二の丸での火事などに幕府の家老たちが痺れを切らし、三田・薩摩藩邸に火をかけてしまい…慶喜としては薩摩の挑発に乗らないつもりであったのが、そういうわけには行かない状況に追い込まれてしまったという感じもあり、ちょっと気の毒な気もしないではありません。

大奥では、帯刀の働きによるお幸の文を天璋院が目にしていました。文を届けたのは小の島。薩摩のお幸や忠敬とともに、久々の登場でした。
薩摩との戦に巻き込まれるのは不憫だから…と薩摩へ帰ってほしいと願う重野と、嫁ぎ先で果てるのがおなごの本懐、とその訴えを退けようとする滝山。思えば、このふたりがこんな風にやりあう場面ってすごく珍しいような。そんなふたりの間にのほほんと割って入る唐橋。唐橋は今まであまりそのキャラクターが前面に出てくることはなかった気もしますが…なんだか面白い部分が見られました。
そんな3人が再び天璋院を説得に訪れますが…「今はそち達がわたくしの家族じゃ」との言葉。薩摩にいる家族を思う気持ちを胸に秘めながらも、大奥へ入ってからの様々な困難に立ち向かってきた大奥の人々もまた、天璋院にとっては大事な存在なのだな…と改めて思わされる場面でした。

そして…忠敬に「あの子は戻っては来ないでしょう」と語るお幸。自分の娘だからこそ、母からの文に心を動かされようとも自らの決めた道を戻ることはない…と分かっていて。でも再び一緒に暮らせたら…という願いもあって、その思いを文にしたためずにはいられなかったのでしょう。

さて…次回は「慶喜救出」。今回大久保が用意していた“錦の御旗”が大きな役割を持ってきます。
それにしても、あと5回で終わりとは…早いものです。



天璋院…宮﨑あおい
静寛院…堀北真希
滝山…稲森いずみ
重野…中嶋朋子
唐橋…高橋由美子
本寿院…高畑淳子
歌橋…岩井友見
徳川慶喜…平岳大
松平春嶽…矢島健一
勝麟太郎…北大路欣也
岩倉具視…片岡鶴太郎
小松帯刀…瑛太
西郷吉之助…小澤征悦
大久保一蔵…原田泰造
小の島…佐藤藍子
お近…ともさかりえ
お幸…樋口可南子
島津忠敬…岡田義徳
ジョン万次郎…勝地涼
島津久光…山口祐一郎

« 図書館内乱 | トップページ | クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯13ドヴォルザーク「交響曲第9番“新世界から”」~オフィスを揺るがす郷愁のメロディ~ »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/43041384

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第四十五話・母からの文:

« 図書館内乱 | トップページ | クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯13ドヴォルザーク「交響曲第9番“新世界から”」~オフィスを揺るがす郷愁のメロディ~ »