2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 危険予測チェック | トップページ | う…高い…。 »

2008年11月 2日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第四十四話・龍馬死すとも

Atsuhime2なんか…ついこの間登場したばっかりなのに…?と思わないでもありませんが…。

大河ドラマ『篤姫』
―第四十四話・龍馬死すとも
家茂のいなくなった大奥は寂しさに包まれていました。跡を継いだ慶喜は京で薩摩長州との戦いに備えているなか、天璋院は主のいない大奥の危機をひしひしと感じるのでした。
一方、帯刀は西郷・大久保とともに岩倉具視の元にいました。幕府を武力で倒すべきと主張する岩倉と、それに同意する西郷と大久保に帯刀は衝撃を受けます。帯刀は龍馬から和をもって幕府を倒す大政奉還(たいせいほうかん)の策を聞き、その実行を決意。諸侯の集まる会議の席で、政治を幕府から朝廷へと返す大政奉還の意義を熱弁するのでした。
慶喜が政権を返上するとの知らせが届き動揺する大奥。天璋院もどうして良いか分からず混乱するなか、庭田嗣子が他界、静寛院は深い悲しみに包まれるのでした。
薩摩へと帰る数日前、龍馬と日本の未来について語りあっていた帯刀。しかし薩摩に帰った帯刀の元に届いたのは、龍馬暗殺の知らせでした。
天璋院は勝から大政奉還の意味と、それに命をかけた龍馬の存在を知り、ある決意を大奥の皆の前で語り始めるのでした…。

今回は、帯刀たちのいる京で大政奉還を中心とした大きな動きがあって、天璋院を中心とした大奥は、それに対しての反応というか…そういう感じになりました。

前回、慶喜と諸侯との話し合いが決裂し…倒幕そして慶喜を討つという流れになっていく西郷・大久保。対して龍馬とともに平和のうちに日本に新しい政を、という策に奔走する帯刀。日本を変えたいという気持ちは一緒でも、それぞれが関わる人が違ってくることによって、考え方も次第に変わってくる…これは仕方のないことなのでしょうね…。
西郷・大久保に、「幕府を朝敵(朝廷の敵)にしたらええ」と持ちかけた岩倉。派手に…かどうか分かりませんが、戦をしてでも幕府を力ずくで倒したかった彼らにすれば、帯刀・龍馬が推し進めた大政奉還は面白くなかったのかも知れず…、今回近江屋で龍馬が命を落とした事件の黒幕が薩摩(というか西郷)という説がまことしやかに囁かれるのも、なんだか信憑性があるように思えてきます。
それにしても、慶喜が帯刀の必死の訴えかけに応じ、大政奉還を決めたことを「誰も血を流さず新しい政が始められそうで良かった」と喜んだ龍馬自身の血が流れることになるとは…なんと皮肉なことでしょうか…。
個人的なことですが…私は数年前、慶喜が朝廷に大政奉還を申し出たに上場の二の丸御殿を見学したことがありました。そのとき、あぁあの有名な場所がここなんだ…と感慨深かったんですが、今回そのときのことを思い出し、あらためてあのときの気持ちを思い出したりしていました。

そして…大奥。
大政奉還によって幕府や徳川宗家の存続が危ぶまれ、天璋院ですら動揺をかくせない様子で、さらに天璋院にとっては、その策を進めたのが帯刀だということも衝撃だったのでしょう。
しかし…勝との対面によって、帯刀と、そして勝の弟子であった龍馬の、大政奉還に懸ける思いを知って「小松帯刀と坂本龍馬に恥じぬよう、己のやるべきことをやる」と決意を新たにする天璋院。「幕府に徳川家と大奥を守る力がないのであれば、これからはわたくしが徳川家と大奥を守ってまいる」との言葉は、ほんとに勇ましく、力強かったです。
なんというか…帯刀・龍馬の日本を守る(戦乱に巻き込まない)という思いと、天璋院の幕府や徳川家、そして大奥を守るという、家定から受け継いだものが、勝という人物を通じてひとつに繋がったような…そんな感じを受けました。
そしてそんな天璋院の決意に、京から一緒にやってきた庭田という心の支えを失ったばかりにもかかわらず、静寛院も気丈に応えて見せていて…天璋院と静寛院の頷きあう姿に、なんだか目頭が熱くなりました。

今回、玉木宏くん演じる坂本龍馬が最期のときを迎え…この物語のもうひとりの主人公でもある帯刀にも辛い別れがやってきたわけですが…龍馬が登場したのはついこの間という気がしていたので、ほんとにあっという間だったなぁと思います。
薩摩へ帰る帯刀に「船で海の果てまで行って、そこにどんな人がどんな風に暮らしているか見てみたい」と語っていた龍馬。それが叶っていたら…さらにスケールの大きな人になっていたことだろうと思うと、残念な気持ちもあります。

次回は「母からの文」。久々にお幸さん登場ですね。
それにしても…帯刀と、そして龍馬がまさに命を懸けて「戦を起こさずに」と働いてきたことがちゃんと報われるのか…それが気がかりでもあります。




天璋院…宮﨑あおい
静寛院…堀北真希
滝山…稲森いずみ
重野…中嶋朋子
唐橋…高橋由美子
庭田嗣子…中村メイコ
本寿院…高畑淳子
歌橋…岩井友見
徳川慶喜…平岳大
松平春嶽…矢島健一
岩倉具視…片岡鶴太郎
小松帯刀…瑛太
西郷吉之助…小澤征悦
大久保一蔵…原田泰造
勝麟太郎…北大路欣也
坂本龍馬…玉木宏
お龍…市川実日子
お琴…原田夏希

« 危険予測チェック | トップページ | う…高い…。 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/42979077

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第四十四話・龍馬死すとも:

» 篤姫 第44回「龍馬死すとも」 [あしたまにあーな]
とうとう大きな歴史が動き出しました。その動きのあまりのあっけなさに見終わった今、本当に出来事は起こったのかどうかが幻であったように思えて仕方ありません。その出来事とは、... [続きを読む]

« 危険予測チェック | トップページ | う…高い…。 »