2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 駅前テレビ、そして「やじうまプラスファンの集い」inNAGANO | トップページ | 記憶の扉 »

2008年11月16日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第四十六話・慶喜救出

Atsuhime3今回は、戦から逃げる慶喜、そしてそれを助けようとする天璋院…という感じでしょうか?

大河ドラマ『篤姫』
―第四十六話・慶喜救出
天璋院と静寛院は大奥で寂しい正月を迎えていました。戦を望まない二人の願いも空しく、大坂では慶喜が薩長軍を討つ兵を挙げようとしていたのです。
一方、西郷たちも幕府軍を迎え撃つ準備を京で整え、ついに戦いが始まりました。薩長軍は岩倉の準備した錦の御旗(にしきのみはた)を戦場で掲げます。天皇の敵となった幕府軍は総崩れとなり、慶喜は部下を捨て江戸へ逃げ帰ってしまいます。慶喜は勝に力を貸して欲しいと頼むが、頼るべきは天璋院だと言われ、しぶしぶ面会を申し込むのでした。
慶喜が逃げ帰ったという知らせは大奥を大きく揺るがしていました。本寿院の「慶喜の首を差し出せ」との叫びに沈黙を守る天璋院。対面の席で、生き恥をさらすくらいなら死を選ぶと言う慶喜に天璋院は生きるべきと告げ、静寛院とともに慶喜助命の願いを書くことを決意します。驚く慶喜に、慶喜もまた自分の家族であると語った天璋院は、亡くなった家定、家茂の分まで生きて欲しいと慶喜に伝えるのでした。
そして京では、西郷が江戸攻めの指揮をとりたいと岩倉に願い出ていました。その目は討幕の決意に満ちていて…。



戦にならなければいい…と願う天璋院や静寛院、そして遠く離れた薩摩にいる帯刀の思いも届かず、戊辰戦争勃発。西郷・大久保たち薩摩藩と岩倉が用意した錦の御旗を見て恐れをなした(旧)幕府軍は総崩れ。そりゃあ…自分たちが朝敵(天皇の敵)になってしまったと知れば、それ以上攻めようという気にはなりませんよね…。薩摩方の作戦勝ちというところでしょうか。
で…その錦の御旗に衝撃を受け、僅かな側近だけを連れて江戸へ戻った慶喜。勝と対面して「陣営を立て直すために戻った」と体面を保とうとしますが…そんなものに騙される人じゃないですからねぇ勝は…。

勝に「助けを求めるのは私ではなく、天璋院さまです」と言われ、渋々…というか嫌々…というか、大奥へ上がった慶喜ですが…薩摩と繋がりがあるとか、分家の出だとか、だいぶ天璋院のことを低く見ていた認識を改めざるを得ない出来事が。
自分の首を差し出す覚悟を語る慶喜に、それをきれいごとだとばっさり切り捨てたうえで、償いのために恥をさらしてでも生き続けるよう、と厳しい表情を崩さないまま語り、それでも「あなたも私の家族だから」と静寛院にも協力を求めて慶喜の命を救う嘆願書を書くことを決める天璋院。
天璋院と、それに従う静寛院の、徳川を守っていくという強い決意が慶喜にも伝わったのでしょう…天璋院の命じた謹慎に耐えることにしたようです。…ということでひとまず、慶喜は再び表舞台から去ることになりますが…「若くして亡くなった家定公や家茂公の分まであなたは生きてください」という天璋院の言葉どおりというべきか…慶喜はこのあと大正2年まで生きるんですよね…。

そして、対する薩摩方と岩倉。とうとう江戸攻めに向かって立ち上がります。その采配をとる大総督は静寛院の元・許婚であった有栖川熾仁親王。そしてその参謀役となった西郷は、徳川に嫁いだ天璋院とは薩摩で交流のあった身。そんな因縁浅からぬ戦いがすぐそこに迫ろうとしています。

さて…次回は「大奥の使者」。実は…次回からラストまで、中盤までに天璋院(於一・篤姫)と関わった人たちが次々に登場しますが、次回は幾島が登場ですね。久々にあの勇ましい姿を目にするのが楽しみです。



天璋院…宮﨑あおい
静寛院…堀北真希
滝山…稲森いずみ
重野…中嶋朋子
唐橋…高橋由美子
本寿院…高畑淳子
歌橋…岩井友見
徳川慶喜…平岳大
松平春嶽…矢島健一
勝麟太郎…北大路欣也
岩倉具視…片岡鶴太郎
小松帯刀…瑛太
西郷吉之助…小澤征悦
大久保一蔵…原田泰造
小の島…佐藤藍子
お近…ともさかりえ
お幸…樋口可南子
島津忠敬…岡田義徳
ジョン万次郎…勝地涼
島津久光…山口祐一郎
お龍…市川実和子

« 駅前テレビ、そして「やじうまプラスファンの集い」inNAGANO | トップページ | 記憶の扉 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/43133484

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第四十六話・慶喜救出:

» 篤姫 第46回「慶喜救出」 [あしたまにあーな]
とうとう、薩長軍と徳川家の戦いがはじまりました。俗に言う「鳥羽・伏見の戦い」ですが、この戦いはわずか4日で勝負を決してしまうほどその勢いの差は歴然としたものだったそうで... [続きを読む]

» 篤姫 46話「慶喜救出」【感想】 [失われた何か]
徳川慶喜、江戸へ逃げ帰る。天璋院はどうするのか! [続きを読む]

« 駅前テレビ、そして「やじうまプラスファンの集い」inNAGANO | トップページ | 記憶の扉 »