2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯22モーツァルト「クラリネット五重奏曲」~ピエロの謎~ | トップページ | 速読三国志 »

2008年12月16日 (火)

無銭優雅

Musenyuga久々に手に取りました。


山田詠美・著
『無銭優雅』

慈雨(じう)と栄、40代の男女の恋愛と、家族模様。
↑なんか…簡潔に書きすぎました(笑)。でもこういう感じとしか…いいようがなかったり。

山田詠美さんの小説は、10代の後半から20歳頃にいくつか読んでましたが、その後ちょっと苦手意識みたいなのが出てきて、ほんとにずーっと遠ざかってました。
そんななか、この作品が出たばかりの頃になんだか気になってて…図書館で見つけたのをきっかけに、読んでみたという感じ。

主人公の慈雨は友人と花屋さんを共同経営する40代の女性で、恋人の栄は同い年で予備校の講師をしています。
30代に突入したばかりの私からすると、20代の頃ほどではありませんが、やはり40代くらいの男女が恋愛するといったら、自分よりは大人の人らしい恋愛なのかな、とそうぞうしちゃいますが…なんだか、読んでいる途中でそれを忘れちゃうくらい、イメージが違います。でもそれが、なんだか愉快でした。
でも…後半というか、かなり終盤になって物語が劇的に動いて、私はなんだか泣いてしまっていました。いえ、ほんとに。
どこがどう良かったとか、そういうことは上手く言えないけれど、この物語全体の雰囲気が、あぁ読んでよかったなと言いたくなる空気を持っていて、不思議なくらい心地良かったです。

« クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯22モーツァルト「クラリネット五重奏曲」~ピエロの謎~ | トップページ | 速読三国志 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/43433221

この記事へのトラックバック一覧です: 無銭優雅:

« クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯22モーツァルト「クラリネット五重奏曲」~ピエロの謎~ | トップページ | 速読三国志 »