2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« クロスカウンター | トップページ | 大河ドラマ『篤姫』―第四十九話・明治前夜の再会 »

2008年12月 6日 (土)

福袋

Fukubukuroかわいい表紙だったので、気になってつい。


角田光代・著
『福袋』

恋人との結婚を目前にして姿をくらました兄。音信不通だった兄を、彼の恋人とともに大阪の街で探し歩くことになったかよ子。兄に会えたら、彼のせいで苦労することになった両親と自分の鬱憤をぶちまけたかったかよ子ですが…。(表題作「福袋」)


レビューを書こうと思って調べたら、これって連作短編集なんですね…。私の理解力が足らないのか、ぼんやり読みすぎなのか、短編同士の繋がりが…イマイチ私にはよく分からなくて…。なんとなく、地名だとかに「おや?」と思うところはあったりしたんですが…。
それはそうと。なんだか…始まっていく人たちの物語よりは、ひとつの終わりに向かっていく人たちの物語というのが沢山含まれている短編集だなぁという印象を持ちました。たとえば…一緒に役所へ離婚届を出しに行った元夫婦がでてくる「白っていうより銀」とか、離婚届けを置いて出て行った夫の真の姿を探ろうとする妻が主人公の「カリソメ」とか。あとは同棲を始めたばかりの男女が出てくる「犬」は、一見始まりの物語のように感じられるのに、もう終わりが見えちゃっているようにしか見えないというか。
なんでしょう…人の心の、きれいごとばかりじゃない部分がたくさんさらけ出されるからこそ、あぁそれなら終っちゃっても仕方ないなぁって妙に納得させられる部分があったりもしました。

« クロスカウンター | トップページ | 大河ドラマ『篤姫』―第四十九話・明治前夜の再会 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/43335502

この記事へのトラックバック一覧です: 福袋:

« クロスカウンター | トップページ | 大河ドラマ『篤姫』―第四十九話・明治前夜の再会 »