2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯21チャイコフスキー「くるみ割り人形」~クリスマスに届いた呪いの人形~ | トップページ | 10万アクセス »

2008年12月 9日 (火)

蛍坂

Hotaruzaka好きなシリーズってことで…またまた読んでみました。


北森鴻・著
『蛍坂』

三軒茶屋の裏通り、ぽってりとした白い提灯が目印のビアバー“香菜里屋”。この店の裏メニュー、それはお客の持ち込む謎と、その解決。

この前読んだ『香菜里屋を知っていますか』と同じシリーズで、いっこ前の一冊。
なんとなくですが…このシリーズって、お店に集う人たちの会話がほのぼのと楽しい半面で、持ち込まれる謎やその真相が、とても切ないものが多かったりするわけですが。
とくに、昔別れた恋人がすでにこの世を去ったことを知った主人公が、たまたま、彼女がよく訪れていた“香菜里屋”にたどり着いて…という表題作の「蛍坂」とか…主人公の公開や無念の思いが、ほんと切ない。
あとは「雪待人」。これは“誰か”を待つために、古くからある画材店をそのまま残して営んできたらしい女性のことを、彼女を思っていた男性が「何を待っていたんだろう…」と“香菜里屋”で語っていて…。じつはこの話、『香菜里屋を知っていますか』への、ある意味での伏線になっているのですよね…。マスターの工藤が、この話に出てくる女性にオーバーラップします。

さて…このシリーズもあと一作読むと、終わり(順番はかなりおかしくなりましたが)。
好きなだけに、もっと読みたい気持ちもあってちょっと寂しいですね…。

« クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯21チャイコフスキー「くるみ割り人形」~クリスマスに届いた呪いの人形~ | トップページ | 10万アクセス »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/43363630

この記事へのトラックバック一覧です: 蛍坂:

« クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯21チャイコフスキー「くるみ割り人形」~クリスマスに届いた呪いの人形~ | トップページ | 10万アクセス »