2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 白文帳 | トップページ | 映画『真木栗ノ穴』(松本CINEMAセレクト上映会にて) »

2008年12月 4日 (木)

シャイロックの子供たち

Shyloc今回は珍しく…まだ読みかけの本のレビュー。


池井戸潤・著
『シャイロックの子供たち』

この方の書く小説で図書館に入っているぶんに関しては、ほぼ読んでいるんですが、この間図書館でまだ読んだことないのがあったので借りてきました。
舞台は東京第一銀行長原支店(もちろん架空)。そこに働く人々が登場し、様々な立場から、そこでの出来事が語られていく…という。「第○話」という章立てになっているので、長編小説の体裁なんですが、章ごとに主人公が変わるのでどちらかというと連作短編的な雰囲気かもしれません。
で…第二話までは、時系列で繋がっているだけかな?と思わせておいて、第三話で起こった事件をきっかけに、それ以降はその謎を解こうとする人々の話になったりしていきます。
まだ途中なので、この先がすごく楽しみ。今晩中に読み終われたらいいですね…。明日に持ち越すと、仕事中とかに気になって仕方ないので。

« 白文帳 | トップページ | 映画『真木栗ノ穴』(松本CINEMAセレクト上映会にて) »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/43321538

この記事へのトラックバック一覧です: シャイロックの子供たち:

« 白文帳 | トップページ | 映画『真木栗ノ穴』(松本CINEMAセレクト上映会にて) »