2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 福袋 | トップページ | クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯21チャイコフスキー「くるみ割り人形」~クリスマスに届いた呪いの人形~ »

2008年12月 7日 (日)

大河ドラマ『篤姫』―第四十九話・明治前夜の再会

Atsuhime3さて今回は、幼馴染との最後の再会。


大河ドラマ『篤姫』
―第四十九話・明治前夜の再会
無血開城の日が近づいた江戸城で、天璋院が大奥の住人たちとの別れを惜しみ、大奥で過ごした懐かしい日々の思い出に浸りながら一人、大奥中を歩き回っていた天璋院は、花を活けている本寿院を見てふと思いつき、残っている女中全員皆で花を活け、大奥中をいっぱいの花で飾るようにと命じます。滝山は、天璋院がいたからこそ大奥は混乱もなく無血開城を迎えられた、自らの運命を知った大奥が天璋院をここへ呼び寄せたに違いないと言い、天璋院は大奥を閉じる役割が自分に与えられた天命だったのだと悟るのでした。
その後一橋邸へ移った天璋院のもとに静寛院がやって来て、江戸を去り京へ帰ることを告げます。次々と人が去っていくことを寂しく思う天璋院のもとに突然、思いがけない人物が現れて…。


江戸城明け渡しに向け、慌しい大奥。そのなかで、次々と去っていく人々。それぞれに今後どうするか…という話題になっていくわけですが、滝山・重野・唐橋という天璋院にもっとも近く、困難を共にしてきた面々は、寂しさのなかにも相変わらずだなぁと…ちょっと微笑ましく笑わせてもらいました。とくに「滝山さまに釣り合うような殿方がいらっしゃいますかどうか」と言った唐橋と、逸れに応えた「そちは最後まで変わらぬ…ひと言多い!」という滝山のやり取り。唐橋は最初に登場したのが、たしか家茂上洛の頃で結構遅かったですが、あのちょっとのほほんとした、物怖じしないところは見ていてとても楽しかったです。
そして…家定との思い出を胸に、駕籠に乗った天璋院がお鈴廊下を通って大奥を出て行くところが…やはり感慨深かったです。そして、その前に交わされた滝山との会話も。このドラマのなかで度々登場してきた「役割」という言葉が出てきました。ほんとに…滝山の言葉通り、天璋院のような人でなければ、大変な混乱を極める時代のなか、終っていく運命の大奥をまとめていくことは出来なかったでしょうね…。そして、最初は天璋院とも(そして幾島とも)ぶつかることの多かった滝山も、大奥の最後には欠かせない人物だったでしょう…。

江戸城を出て一橋邸に移った天璋院には、それからも幾つもの別れがやってきます。
まず勝が、徳川宗家を継ぐ田安亀之助について駿府へ。そして静寛院は、家茂と過ごした江戸城にいられないなら、と京へ。
そして、重野も。一橋邸での暮らし向きや、徳川宗家の禄が七十万石に削られたことを知って、自分(と数人の侍女)のぶんの食い扶持だけでも減れば、という思い。そして天璋院が苦しむ姿を目の当たりにするのが辛く悔しい…と胸のうちを明かします。重野の最後の願いは、いつの日か天璋院と一緒に薩摩の桜島を見ること。叶えて欲しかったですが…薩摩はあまりにも遠いですね。距離だけではなく、なんとなく心情的にも。
「城との別れは人との別れ」…唐橋のこの言葉、なるほどそうだなぁと思いました。天璋院にしてみれば、生まれた今和泉島津家から鶴丸城、そこから近衛家や江戸の薩摩藩邸を経て江戸城大奥へと住まいを変える度に沢山の人との別れを経験してきたのですよね…。そのなかでも、徳川の人間として生きていく決意をした天璋院にとって、大奥での暮らしや人々との別れは殊更辛いものだったでしょう…。

そんな寂しい日々を送る天璋院のもとを訪れたのは、帯刀。
久々に碁盤を挟んでの天璋院と帯刀の会話、見る側にもとても懐かしいものでしたが…やはり、於一と尚五郎だったときとは違う、それぞれの人生を歩んできた、そんなものも感じられました。でも…帯刀の「子が出来ました。…お近にではないのですが」という言葉に「まぁ」とちょっと咎めるような、でもちょっと笑いを含んだ天璋院の表情は、どこか可愛らしく、昔なじみの人に見せる親しげなものを感じさせられました。
そして…「もし養女の話がなければ私と一緒になってくださいましたか」と尋ねた帯刀に対する天璋院は「答えは、亡き夫家定に相談いたします」です。たしかに、ずるい(笑)。でもその後に続く家定との日々を語る幸せそうな表情がほんとに良かった。
それにしても、天璋院に相談された家定は、なんて答えるんでしょうね?「許さぬ、御台は徳川(もしくは、わし)のものじゃ。」とか?(笑)。なんだか、想像したらちょっと可笑しかったです。

…そうそう、天璋院を訪ねる前の帯刀は大久保や岩倉に、久光へ版籍奉還を進言する、と言ってました。「徳川からのみ取り上げるのでは筋が通らない」とも。天璋院も帯刀も、さすが幼馴染というべきか、筋が通らないことは納得できない性分で、そんなところが薩摩で共に過ごした証のようにも思えました。
別れが相次ぐなかで、心細い天璋院の「また会いに来てくださいますか」との言葉に、これが最後になるだろうと思っている帯刀の返事は色よいものではなく…弱気な天璋院にかけた帯刀の「人はいなくなるのではなく、また会うときの楽しみのために一時離れ離れになるだけ」という言葉は、胸に沁みました。思えば…薩摩にいたころ、真っ直ぐで強い天璋院(その頃は於一または篤姫)が時折弱気になると、それを叱咤激励するのは帯刀の言葉でしたね…そんなことを思い出したら、なんだか…こみ上げてくるものがありました…。
お近という妻をもらい、それはそれで幸せだった帯刀。けれど、天璋院に対する思いの深さをあらためて感じることが出来ました。

そして…次回は「一本の道」。いよいよ最終回。
なんだか予告を見ていたら、あぁとうとうなんだな…と気が早いとは思いつつ涙が…。




天璋院…宮﨑あおい
静寛院…堀北真希
滝山…稲森いずみ
重野…中嶋朋子
唐橋…高橋由美子
本寿院…高畑淳子
歌橋…岩井友見
勝麟太郎…北大路欣也
岩倉具視…片岡鶴太郎
小松帯刀…瑛太
大久保一蔵…原田泰造
(回想)
徳川家定…堺雅人
徳川家茂…松田翔太

« 福袋 | トップページ | クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯21チャイコフスキー「くるみ割り人形」~クリスマスに届いた呪いの人形~ »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

涙を誘う話でしたね・・・

>「人はいなくなるのではなく、また会うときの楽しみのために一時離れ離れになるだけ」

子供の頃、遠方から年1回遊びに来ていた年上のいとこたちとの別れ際には、自分でも似たようなことを言い聞かせていました。

「また会いたい気持ち、会う楽しみが増える」と・・・

そのたびに大泣きだったことを、ふと思い出しました。。。

ちなみに私の場合は、その後25年近くお会いしていないし、いとこは嫁いで行ったけど、その後知らされたお気持ちが、嬉しくもあり切ないのでした・・・

>「答えは、亡き夫家定に相談いたします」

一本取られた気分でした(笑)

家定公への義理立てもあるだろうし、ずいぶん前にジョン万次郎さんから知らされて知っている気持ちをむげに出来ないだろうし、後腐れの残らない「お答え」でした。

>最終回

「別れ」の連続ですが、本当に最後ですね・・・

徳川が70万石になることと版籍奉還とは全く意味が違うのであの台詞はおかしい。

>はたやんさん

そうですね…久々に涙、涙の回でした。
混乱のなかを共に乗り切ってきた人や懐かしい人との別れが続いて、見る側にも
感慨深いものがありましたね。
今度会うときの楽しみ、喜びのために今は別れるのだと…帯刀が天璋院を励ます言葉には
自分が会いに来ることは叶わないだろう…という胸の内を知っているからこそ
その思いの深さが胸を打つものがありました。
「亡き夫家定に相談いたします」は、茶目っ気たっぷりで思いやりもあるいい言葉でしたね。
最終回に向けてのここ数回、色々な別れがありましたが…
次回はほんとうに最後になりますね…。

>名無しさん

ええと…そのようなご意見を頂いてもですね、歴史に疎い私の身には余るのですが…分からないなりにちょっとだけ調べてみました。
あ、あと多分初めましての方でしょうから、せめてお名前の入力と、ひと言の挨拶はお願いいたします。最低限のマナーとして。…まぁお名前の方は単に入力忘れなのかもしれませんが。

駿府七十万石の下賜と田安亀之助の家督相続が決められたのは、新政府を作っていく上で障害になりかねない徳川宗家の力を奪うため。実際は、“朝敵”ということで行われた処罰のようなものでしょうか。
そして帯刀が口にした“版籍奉還”は新政府のもと、中央集権化を図るために各藩の領地・領民を天皇にお返しする、という政策。
まぁあの…意味は違うのでしょうが、このドラマでの帯刀のキャラクターを考えたとき、勝てば官軍とばかりに相手の力を取り上げるだけ取り上げ、自分たちの領地・領民はそのまま…というのは新しい日本を作っていくのに余りに不公平だろう…という、そういう意味合いで“筋が通らない”という台詞になったのでは…?
歴史ドラマとはいえ、原作者や脚本家の方が史実に基づいたうえで想像力を膨らませて書かれたものでしょうから、歴史に詳しい方からすると「おや…?」みたいなことはあるんでしょうが…。

あくまで「ドラマ」なので、史実を軸にしながらも作品独自の演出が多数盛り込まれていると思います。

少なくとも、ベテランから若手、さらにお笑いタレントなど多彩なキャスティングで、幅広い視聴者層を獲得した点で、ドラマとしては成功したと思います。

>はたやんさん

そうですよね…史実どおりではない部分もありますよね…“ドラマ”ですから…。
すごく意外なキャスティングから、まさにはまり役な人まで、たくさん
楽しませてくれたドラマでしたよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/43341020

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『篤姫』―第四十九話・明治前夜の再会:

» 篤姫 第49回「明治前夜の再会」 [あしたまにあーな]
前回の無血開城によって、とうとう長年暮らした江戸城大奥を去らなければならない日がやってきます。大奥が花で一杯になった様子は、まるでオープニングのCGにそっくりですね。こ... [続きを読む]

« 福袋 | トップページ | クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯21チャイコフスキー「くるみ割り人形」~クリスマスに届いた呪いの人形~ »