2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« まとめるバッグ | トップページ | クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯24響カノンの名曲探偵修行~楽器の王様ピアノの秘密~ »

2009年1月18日 (日)

映画『大阪ハムレット』at初日舞台挨拶つき上映(シネスイッチ銀座にて)

Osakahamlet2009年、映画館で観る1作目はこちら。
年明け最初の映画は、初日舞台挨拶つき上映に行ってきました。
すごく久々です。


映画『大阪ハムレット』
大阪の下町で暮らす久保家。昼は病院でヘルパー、夜はスナックと働き者のお母ちゃん・房子は三人の息子を抱え一家の大黒柱となっています。そんなとき、お父ちゃんが急死し弟と名乗る男が転がり込んできて一緒に暮らすことに。
一方、中3の長男・政司は、偶然出会った大学生と恋人同士に。やんちゃな中1の次男・行雄は、柄にもなくシェイクスピアの「ハムレット」を読み始めます。三男の宏基は「女の子になりたい」と宣言してクライスメイトにからかわれ…。


あまり予備知識とかなく、なんとなく面白そうなタイトルだなぁと思って観に行きましたが…かなり面白かったです。
父が死んで、その弟(叔父)が一緒に暮らし始める…というのをシェイクスピアの「ハムレット」になぞらえ、それを彷彿とさせるようなシーン(行雄と父が話すところ)などもあって、「ハムレット」を知っていると、また別の楽しみ方もあるかもしれません。
行雄が母と叔父の関係や、宏基が女の子になりたい願望を持っていることを悩んで、たまに爆発しちゃったりしますが…その様子がなんだかとても可笑しかったです。
また、叔父さんを演じる岸部さんが…一緒に暮らすのだから、と甥っ子たちに気を使っているけれど、ちょっとズレてる感じとか、それに対するまわりの反応とかが、面白くて。
…でも、笑っているばかりではなくて…そんななかで、うっかり(?)ないてしまいそうになったりもして、なかなかいいお話だったなぁと思います。

で…映画の上映前に、松坂慶子さんや岸部一徳さんたちによる、舞台挨拶がありました。
松坂さんはすごくお綺麗で、きらきらしてました。私もあんな素敵なお母さんが欲しい(笑)。岸部さんは、テレビや映画で見るよりも背が高く脚が長いなぁと感じました。
また、末っ子の宏基役の大塚智哉くんが松坂さんや岸部さんと共演した感想を聞かれての「ふたりとも大スターなのに全然偉そうじゃなかった」という答えが可笑しくて、また緊張しながら一生懸命話す様子がとても微笑ましかったです。
キャストの皆さんと監督さんが登場と退場のとき、客席の真ん中へんから通路を通ったんですが…私はそのすぐ近くに座っていたので、ほんとに間近でその姿を見させていただきました。


(キャスト)松坂慶子・岸部一徳・久野雅弘・森田尚幸・大塚智哉・加藤夏希 ほか
(公式HP)http://www.osaka-hamlet.jp/

« まとめるバッグ | トップページ | クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯24響カノンの名曲探偵修行~楽器の王様ピアノの秘密~ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« まとめるバッグ | トップページ | クラシックミステリー『名曲探偵アマデウス』事件ファイル♯24響カノンの名曲探偵修行~楽器の王様ピアノの秘密~ »