2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« つぶつぶキウイポッキー | トップページ | 花の下にて春死なむ »

2009年2月26日 (木)

映画『チェンジリング』

Changering 2009年、映画館で観る13作目はこちら。


映画『チェンジリング』

1928年。ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。しかしある日、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごすことに。そして5ヶ月後、息子が発見されたとの報せを聞いたクリスティンは念願の再会を果たすのでしたが、彼女の前に現れたのは最愛のウォルターではなく、彼によく似た見知らぬ少年で…。


1920年代のアメリカで実際に起こった連続少年誘拐事件(ゴードン・ノースコット事件)がモチーフになっていて、登場人物はみな実在の人物なのだそう。
最初にあらすじを知ったときは、なんだか不思議な…というか奇妙な物語なのかと思いましたが、汚職や暴力などで腐敗し批判の的だったロス市警が、更なる厄介ごとを嫌い自らのミスを隠蔽しようとしたことが、クリスティンというひとりの女性の運命を大きく変化させることになった、そういう社会悪のようなものが描かれた物語だということが分かりました。
警察官や医者など、ミスをしたとき「ごめんなさい」で簡単に済まない職業はありますが、それでも、ミスをすることそのものよりも、そのときにどうするかということのほうが実は大事なのではないでしょうか。この物語のように、隠蔽し、自分に都合の悪い事実には目をつぶり耳を貸さないこと、それがいちばんの“悪”で、人を不幸にする…ということを考えさせられます。
クリスティンを演じるアンジェリーナ・ジョリーは、私の中ではなぜかアクション映画に出ているイメージが強かったので、こういう役柄は少し意外でしたが、息子を取り戻したい気持ちで警察と対峙し、決して折れないその信念の強さをひしひしと感じさせる演技でした。
それだけではなく、登場する人物すべてがそれぞれに魅力や、思わず大嫌いになってしまいそうなほどの憎らしさを感じさせられて、真相を知りたい気持ちとともに、その物語の世界に引き込まれました。この辺り、物語運びの巧みさや、人の心の機微をよく捉えている部分を感じました。
余談ですが、物語の後半に「今年のアカデミー賞は…」という登場人物同士のやり取りがあって、つい最近、今年のアカデミー賞が発表になったばかりだったので、物語とは全く関係のないところでドキッとしてしまいました。



(キャスト)アンジェリーナ・ジョリー/ジョン・マルコヴィッチ/ジェフリー・ドノヴァン/コルム・フィオール/ジェイソン・バトラー・ハーナー/エイミー・ライアン/マイケル・ケリー ほか
(公式HP)http://changeling.jp/

« つぶつぶキウイポッキー | トップページ | 花の下にて春死なむ »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/44125924

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『チェンジリング』:

» チェンジリング-★★★★★- [not simple.]
もし。休日出勤を断っていたら?そんな声がずっと聞こえた気がします。 [続きを読む]

» 映画「チェンジリング」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Changeling 昔のことゆえ不条理な警察権力も行方不明も、驚くほど珍しいことではないかも知れないけど、児童20人が惨殺、我が子が替え玉だったという衝撃の事件~ 天使が住んでいたというロサンゼルスは1928年のこと、電話会社で主任を勤めるシングルマザーのクリ... [続きを読む]

» 『チェンジリング』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『チェンジリング』を観ましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマです>>『チェンジリング』関連原題: CHANGELINGジャンル: ミステリー/ドラマ製作年・製作国: 2008年・アメリカ上映時間: 142分監督...... [続きを読む]

» チェンジリング [★YUKAの気ままな有閑日記★]
最近、劇場に行く時間がなかなか取れないけれど、アンジーがアカデミー賞にノミネートされたこの作品だけは、、、這ってでも観に行きたかった―【story】1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を消す。それから5ヶ月後、警察が連れてきたイリノイ州で発見された少年は別人だった。だが、見知らぬ少年は、自分がウォルターだと言い張った。クリスティンが、「この子は自分の息子とは別人だ―」と訴えても警察は聞き入れてくれず―    監督 : クリント・... [続きを読む]

» 『チェンジリング』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイケル・ケリー、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、ガトリン・グリフィス■鑑賞日 2月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 『7つの贈り物』を観たすぐあとに観る作品だったので、被った... [続きを読む]

» チェンジリング [Movies 1-800]
Changeling (2008年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン 1920年代のロサンゼルスで、横暴な警察権力と戦いながら、行方不明の息子を探し続ける母親の姿を実話に基づいて描く。 腐敗した警察組織を題材にした映画は珍しくないので、今更驚くこともないはずだが、警察に助けを求めた一市民に、面目を保つ為に、本作のようなひどい仕打ちをしていたとは、真に信じがたく、フィクションであって欲しいと願いたくなった。 行方不明の息... [続きを読む]

» チェンジリング●○CHANGELING [銅版画制作の日々]
アンジェリーナ・ジョリーの母親魂がこもっていた!! タイトルのチェンジリングとは?「取り換えられた子供」の意。背景に、「さらった子供の代わりに妖精がが置いていく醜い子供」という伝説が宿るこの言葉は母親にとってどれほどの悪夢をもたらすものなのか?それを身をもって体験するのが、本作の主人公クリステイン・コリンズなのである。 3月3日〜〜!ひな祭りですね。3月最初の映画レビューは、アンジー主演、クリント・イーストウッド監督の「チェンジリング」です。鑑賞したのは2月24日でした。今回のアンジーは今までと... [続きを読む]

» 「チェンジリング」完成度は高いが今日性には疑問 [soramove]
「チェンジリング」★★★☆ アンジェリーナ・ジョリー主演 クリント・イーストウッド 監督、2008年、アメリカ、142分 「ある日、仕事から戻ると子供の姿が無く、 数ヶ月後、発見され電車でつれてこられた子供は 別人だった、主人公は自分の子供でないと 主張を続ける」 実際にあったことだという、 警察の横暴さと、偶然の不幸が 重なった事件。 見ながら思ったのは、 何故、イーストウッド監督は このテーマを選んだのかということ。 映画の完成度としては極上... [続きを読む]

» チェンジリング 2009-10 [観たよ〜ん〜]
「チェンジリング」を観てきました〜♪ 1928年の初春、シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、息子のウォルターと映画を観に行く予定をしていた土曜、突然休日出勤を強いられる。約束よりかなり遅くなって家に帰ったクリスティン、一人で待っているはずのウォルターが見当たらなかった・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、あの子が帰ってくるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜... [続きを読む]

» チェンジリング [映画どうでしょう]
映画チェンジリングの感想 クリント・イーストウッド監督らしい作品ですね。 単純な... [続きを読む]

» チェンジリング [アイラ島の潮風の香りを感じていたい]
チェンジリング☆☆☆☆4.0 クリント・イーストウッド監督のチェンジリング。 ア [続きを読む]

» 映画:チェンジリング [よしなしごと]
 久々に、たぶん1年以上ぶりに銀座で映画を観ることに・・・。知らない間に日劇がTOHOシネマズになっていて、14日だったので、TOHOの日ということで1,000円で鑑賞。最近はちょっとした繁華街に映画館が乱立されているので銀座で観る人って減っているのかと思いきや、かなりの人でした。と言うわけで、チェンジリングを観てきました。... [続きを読む]

« つぶつぶキウイポッキー | トップページ | 花の下にて春死なむ »