2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 桜もちたい焼き | トップページ | いま見てる(2009冬) »

2009年2月13日 (金)

映画『ヘブンズ・ドア』

Heavensdoor2009年、映画館で観る9作目はこちら。
最初はあまり、興味なかったんですけど…なんとなく、観ておこうかなという気になりまして…(笑)。


映画『ヘブンズ・ドア』

仕事をクビになった挙げ句、脳に腫瘍が見つかり余命3日と突然宣告された28歳の勝人は、同じく余命わずかの14歳の春海と出会い、長い入院生活で春海が一度も海を見たことがないと知ると、一緒に海を見に行こうと病院を抜け出します。たまたま病院の前に停めてあった車を盗み、思いがけず拳銃と大金を手にすることに。「死ぬまでにやりたいこと」リストを叶えながら海を目指す2人に警察と怪しげな組織が迫り…。


私の中で、TOKIOの人が出ている映画とかドラマをあまり見てこなかったんですけど…長瀬くん、いい感じですね~。
余命わずかな男女が海を目指して逃避行…というとなんか、悲壮感漂うイメージになりそうなのに…なぜかそういう感じはあまりないのは不思議でしたが…。なんか…「そんなつもりなかったのに~」とか言いながら色んなことが起こっていくみたいな感じとか、長瀬くん演じる勝人と福田麻由子さん演じる春海が、途中で結構楽しんでる感じもあるせいかも。まぁ途中で勝人が危ない状態になったりするので、大丈夫か…みたいなのはありますが。
そんなふたりを追うのは、勝人を強盗事件の犯人として追う、三浦友和さん演じる長谷川と、車の持ち主でもあるヤバイ組織のほうは長塚圭史さん演じる小久保。長塚さんは長塚京三さんの息子さんですが、いつも、映画とかで見ると「声がお父さんとそっくりだなぁ」と思います。親子って、顔ばかりじゃなく声も似るものなんですね…。
…それにしても、この映画を観に行っていちばんびっくりしたのは、嵐の二宮くんが出ていたことです。いえ…ほんとに全く知らなかったもので…一瞬、見間違いかと思いましたです…(苦笑)。出番はちょっとでしたけど、なんだかカッコよくて…目が離せませんでした。
最後の最後、エンドロールのバックにずっと映っている勝人と春海の後姿が印象的でした。



(キャスト)長瀬智也/福田麻由子/長塚圭史/大倉孝二/和田聰宏/黄川田将也/田中泯/三浦友和 ほか
(公式HP)http://h-door.jp/

« 桜もちたい焼き | トップページ | いま見てる(2009冬) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ヘブンズ・ドア』:

» 『ヘブンズ・ドア』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ヘブンズ・ドア」□監督 マイケル・アリアス □脚本 大森美香 □キャスト 長瀬智也、福田麻由子、長塚圭史、大倉孝二、和田聰宏、黄川田将也、田中泯、三浦友和、SACHI、霧島れいか■鑑賞日 2月11日(水)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> かつて僕のお気に入りの1本でもあった、ドイツ映画の『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』の日本でのリメイク版。 当時、結構ドイツ映画は勢いがあって内容は違うが『バンディッツ』や『ラン・ロー... [続きを読む]

» ヘブンズ・ドア [だらだら無気力ブログ]
ドイツ映画『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』を『鉄コン筋クリート』の マイケル・アリアスが長瀬智也と福田麻由子を主人公に据えてリメイクした 青春ロードムービー。頭に異常を感じて、検査を受けた病院で余命いくばくもないと宣告された 28歳の勝人は、入院したさき..... [続きを読む]

» 映画:ヘブンズ・ドア [よしなしごと]
 2/7に公開され、近くの映画館ではもうすでに上映終了が近づいている・・・。麻生内閣級に人気ない映画なの?というわけでヘブンズ・ドアを観てきました。 [続きを読む]

» 「ヘブンズ・ドア 」新しい「何か」を見せて欲しかった [soramove]
「ヘブンズ・ドア 」★★★ 長瀬智也、福田麻由 主演 マイケル・アリアス監督、2008年、106分 「ごくたまにだけれど、 期待しないで見た映画がすごく良くて その余韻に映画好きの喜びを感じることがある、 元ネタはまさにそんな映画だった、 そしてこのリメイクは悪くは無いけど、 元ネタが持っていた圧倒的な喪失感を 薄めてしまったのが残念だった」 色々あってたどり着いた海、 人は言葉を失くす、 時間が映れば色も変わる、 けれど寄せては返す波を ただ見てるだ... [続きを読む]

« 桜もちたい焼き | トップページ | いま見てる(2009冬) »