2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« みたらし味おかき | トップページ | 名古屋城 »

2009年4月12日 (日)

ASKA CONCERT TOUR 2009 WALK in 名古屋国際会議場センチュリーホール※ネタバレ!

Askawalk0411ASKAさんのツアー、2回目の参加です。
今回は名古屋。私、名古屋でのコンサートを観るのはこれが初めてになります。名古屋で地下鉄に乗ったりするのも初めてだったので不安でいっぱいでしたが、なんとか…到着しました。
グッズを購入して、開場時間までお茶して時間をつぶしてました…が、ツアートラックの写真を撮るのを忘れました…。まぁいいか…。
そしていよいよ…開演。

Askawalk411ASKA CONCERT TOUR 2009 WALK
名古屋国際会議場センチュリーホールにて
2009年4月11日(土) 18:00開演

※注意※
これより後、セットリスト等ありますので当然、ネタバレです。
この先の公演に参加される方は、ご覧にならないようお願いいたします。それでもどうしてもという方、ネタバレとか全然気にしないんですという方のみ、自己責任においてご覧くださいますように…。













[セットリスト]
Now
HELLO
ラプソディ
どうってことないさ
僕はすっかり
birth
Girl
kicks street
遊星
good time
あなたが泣くことはない
帰宅
L&R
RED HILL
晴天を誉めるなら夕暮れを待て
月が近づけば少しはましだろう
けれど空は青~close friend~
PRIDE
UNI-VERSE
(アンコール)
恋の季節(ピンキーとキラーズ)
ボヘミアン
夢はるか


あぁ。ほんとに凄いライブでした…。
ステージから結構近い席だったこともありますが、ASKAさんをとても近くに感じることができました。間近で見たASKAさんは、もう、なんと言うか…これ以上ないくらいに格好よかったです。そんなわけで(?)すごくテンションが高くて…2曲目の「HELLO」の最後の方のサビのとき「私、今日ノリノリだな~」なんて、そんな自分を客観的に見てる自分がいました(笑)。
…それに、あの声量と気迫。何度も何度も、心を揺さぶられました…。とくに凄かったのが「RED HILL」の最初のところ。なんというか、ASKAさんの身体中からあふれ出てくるみたいな声と気迫に圧倒されて、良い意味で「なにこれ…!」っていう感じでした。それでもどうしても、最後のところでCHAGEさんのコーラスがないことが寂しいと思う自分もいたりしましたが…。
それから…やっぱり「PRIDE」でしょうか…。先々週、千葉で聴いたときは自分でもびっくりするくらいの涙が出ましたが、今回はすぐそこにいるASKAさんの姿をずっとずっと見ていたら、心では泣いていても、涙は出なくて。それでも、いちばん最後の“プライド”って歌詞のところを、すごくすごく大事に噛みしめるみたいに言葉を置くようにして歌ったのがすごく印象的でした。それに、歌う前の「これからもよろしく」という言葉も。

そうそう。前に参加したときにはなかった「帰宅」が追加されてました。
途中までギター1本での弾き語りで歌ってました。歌声はしみじみとして、ギターの音色は温かくて切なくて…優しくて。
もともといい曲だとは思ってましたが…ますます好きになりそうです。

今回は…曲の合間合間に、ずいぶん沢山のことを話してくれていたなぁと思いました。
「今年は年頭からお騒がせしました」から始まって…2007年の「alive in live」のときは今後の活動についてかなり話し合いがされているなかでステージに上がっていたことだったり、いつかふたりでステージに上がるときは、今年やらなかった30周年を必ずやります!という言葉だったり。所々で笑いを挟みながらも、すごく色々なことを真剣に伝えようとしているんだなというのが伝わってきました。それから、すごく楽しそうだなぁというのも。
普段、ASKAさんのMCは少し聞き取りづらいときもありますが、今回はあまりそういうことは感じなかったように思えました。
CHAGEさんのことも結構色々言ってましたね…。発売されたばかりのCHAGEさんの写真集を見ながらあれこれツッコミを入れたりしてましたが…それが面白くもあり、どこか温かさもあって、なんだか微笑ましかったです。

MCのなかには面白いフレーズもありました。それは“好き好きタイマー”(笑)。「曲を作るとき、長く聴いても飽きないように作っているつもり、だから、最初はあまり良いとは思わなくても、いつか良いな!と思うときがくる、それは“好き好きタイマー”が作動したとき」みたいな内容でしたか…(うろ覚えですが)。その“好き好きタイマー”なのか分かりませんが、私は最近、「kicks street」や「遊星」が気になって仕方ないんですよね…。ここしばらく、ASKAさんのソロアルバムを聴く機会が増えたり、ライブで聴いたから、ということもあるとは思いますが…なんとなく、ASKAさんの曲や詩って、噛めば噛むほど味が出るみたいな魅力のあるものが多いというか。だから何度も聴いていると、タイマーが作動するのかも(笑)。こういうタイマーはいくらでも作動して欲しいものです。

…とてもとても幸せな時間でした。ほんとに、夢みたいに。
そんな時間を過ごしながら、ライブの楽しさを最初に教えてくれたのはASKAさんとCHAGEさんだったということを、今更ながらに思い出していました。そう考えたら、確かにふたりは色々な変化をしながら進んでいるとは思うけれど、いつもこうやって私たちに楽しい時間やたくさんの元気をくれるのだから、変わっていない部分も沢山あるな…と思ったりした、春のひとときでした。

私が次にこのツアーに参加するのは1ヶ月以上先で、長野になります。いよいよ、地元にASKAさんがやってきます。ほんとに楽しみです。ファンクラブで取ったチケットが届くのは、もう少し先になりますが…良い席だといいなぁという期待を持って楽しみに待ちたいと思います。

« みたらし味おかき | トップページ | 名古屋城 »

音楽」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。サブリナと申します。
私もASKAさんのファンで、WALKツアーのことが知りたくてこちらにたどり着きました。海外在住なのでライブに毎回参加することは大変で、今回は涙をのむことになりました。
なので、こちらの記事を読ませてもらって、とくに毎回ニュアンスが違うであろうMCを読むことができて、本当にうれしいです。
いろいろな方のレポを読ませてもらって、ますます行けないことが悲しくなりますが、仕方のないことなのでDVDを待ちます!

>サブリナさん

はじめまして。海外にお住まいのファンの方なんですね。
私たちが海外公演に参加するのが大変なのと一緒で、ツアーにいつも参加するというのは難しいのでしょうね…。
私は、自分の得た感動だったり色々な思いを、まずは自分のために書いている部分が大きいのですけれど、それがどこかで、サブリナさんのような方のお役に立てているとすれば嬉しいです。
…DVD、待ち遠しいですね!というか、ツアーに参加している私も待ち遠しいです(苦笑)。

あの時の感動や嬉しさがすごく伝わってくるね。
ほんと、幸せでした♪また長野でも宜しくね。
次回も沢山のHappyを感じられるライブになりますように♪

>えりこさん
土曜日はお疲れさま。すごく幸せな時間だったね…!
長野でもたくさんの幸せを感じられるといいね。
こちらこそ宜しく♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« みたらし味おかき | トップページ | 名古屋城 »