2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« シェイキーポップ | トップページ | 4月に観たい映画その後 »

2009年4月29日 (水)

藤原道山ライブ~故郷~inまつもと市民芸術館(とワークショップ)

Dozanfurusato道山さんとSINSKEさんのライブに行ってきました。そしてワークショップにも参加してきました(下の方に詳しく書きます)。

藤原道山ライブ~故郷~(スペシャルゲスト・SINSKE)
まつもと市民芸術館小ホールにて
4月29日(水・祝)16:00開演
尺八 藤原道山
マリンバ SINSKE

[曲目]
春の海
早春賦
鶴の巣籠*
遠くへ行きたい
ふるさと*
夏の思い出
さくらさくら
--------
空*

祭りの太鼓(マリンバソロ)
月夜浮遊
春告鳥
ボレロ
--------
(アンコール)
アヴェマリア
    *は尺八ソロ


音楽もお話も楽しくて、良い時間を過ごさせてもらいました。

4月だからなのか、春の曲が多かったです。とくに「早春賦」や「春告鳥」などは、SINSKEさんのマリンバの音色を聴いた瞬間、なんか、春の陽射しが見えた気がしました。そこに道山さんの尺八の音色が合わさったら、もううっとりしてしまって…せっかく最前列だったのに、目を閉じてた時間が長すぎたかも(苦笑)。
去年のライブ以降、尺八にしろマリンバにしろ今まであまり聴く機会のなかった楽器の演奏を、ライブやCDで度々聴くようになっていて。今回はそんなこともあってか、聴きながらだいぶ色々なことを感じ取ろうとしながら聴いていた気もします。尺八については、自分が吹くようになったから余計に、道山さんの演奏を聴いてますます凄いなぁと思うようになっていくというか。

去年聴いて良かったのは「月夜浮遊」と「ボレロ」。
「月夜浮遊」は去年のライブのあと、SINSKEさんのアルバムに収録されている古武道バージョンを聴いてて…きょうライブで聴いたら、また違う感じもして…なんだか不思議でしたが、やっぱり格好いい曲で、また聴けて嬉しかったです。
それから「ボレロ」も。やっぱり…冒頭の、道山さんの尺八が小太鼓のパートを演奏していて、SINSKEさんのマリンバが管楽器の主旋律と弦楽器のピチカートを同時に演奏しているところ。ここはやっぱり凄く好きというか、面白いなぁと思います。で、気がつくとパートが入れ替わったりしてどんどん盛り上がってく感じ。やっぱりこの曲好きですね♪

それから…なんか今回は、曲の合間で聞くお話が前にも増して面白く感じたという気もしたり。とくにマリンバの鍵盤や尺八が割れることがあるという話では、実際に割れたときのエピソードを聞くと、そんなこともあるんだなぁと驚くようなことも多かったりしました。

Dozansinskesign2ここからはおまけ。終演後、サイン会に参加してきました。

今回購入したCDはそれぞれ別のもので…サインしていただいたのは、最近聴いてる道山さんとSINSKEさんのアルバム。
まず(上)。昨年6月に発売されたSINSKEさんのアルバム「記憶の扉」。このアルバムが凄く好きでよく聴いてます、ということだけはお話したいと思っていたので…なんとか言えて良かったです。笑顔で気さくに応じてくださって…喋ってた時間は短かったですがリラックスしてお話できたかも。
次が(下)。今年2月に発売された道山さんのアルバム「故郷 日本の四季」。何をお話ししようかなぁと考え…「今度、古武道でもいらしてください。凄く待ってます!」とお伝えしました。去年は東京公演のチケットが運よく取れたので行ってきましたが、近くで聴くことができたら嬉しいですね♪

そしてもうひとつおまけ。ライブの前には道山さんによる尺八のワークショップにも去年に引き続いて参加してきました。
初めて尺八を手にする方たちが練習用の“なる八くん”に苦戦する様子を見て、去年「もうちょっと練習してみたい」と尺八を習おうと思い立った自分を思い出しました。1年経った私はといえば…「“かごめかごめ”は吹けますよ!」くらいなら言っても大丈夫かなぁ?くらいのレベルです(←自慢にならない)。
ワークショップの最後の方に道山さんが質問に答える時間があって、せっかくだから…と私も手を挙げてみました。音(息)を長く保つことと腹筋の強さは関係がありますか?というような質問をさせていただきましたが、本当に丁寧に答えてくださって、また練習頑張らなくちゃなと思ったりしましたが…どうなることやら(苦笑)。

このとき道山さんがお話されたなかで印象的だったのは、音楽と言葉は同じ、という言葉でしょうか。自分が音楽を通して伝えたいことを表現するのに必要なのは、そのための技術とか伝えたいという気持ちで、言葉で何かを伝えるのと同じだ、というお話でした。
私は音楽で何かを伝えるような技術は持ち合わせていませんが…、こうしてブログを書いているので、言葉で自分の伝えたいことを表現するのには、気持ちだけじゃ駄目だなぁと改めて考えてしまいました。あぁ、もっと確かな文章力が欲しい…。

そして…今回、ライブの楽しさやワークショップでの貴重な体験とは別に嬉しかったのが、色々な方とお話しする機会があったことです。ワークショップで質問したときに「去年のワークショップの後、尺八を始めて…」という前置きをしたせいなのか、このワークショップ後に、何人かの方からお声を掛けていただきました。基本的に1人で参加することが多くて、また自分から話しかけたりするのは苦手だったりするんですが…とても嬉しい出来事でした♪

…あーあ。また長いレビューになってしまいました。
もっと簡潔に、それでいて伝えたいことを余すことなく表現できる文章力が欲しい(笑)。

« シェイキーポップ | トップページ | 4月に観たい映画その後 »

音楽」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« シェイキーポップ | トップページ | 4月に観たい映画その後 »