2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 世界のナベアツ×ランチパック | トップページ | 歌写(かしゃッ)!♪ »

2009年4月21日 (火)

映画『レッドクリフPartⅡ-未来への最終決戦-』

Redclif2_22009年、映画館で観る22作目はこちら。
やっぱり…結末は見届けないとねってことで。


映画『レッドクリフPartⅡ-未来への最終決戦-』

大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操(チャン・フォンイー)軍。曹操は疫病で死んだ兵を孫権(チャン・チェン)・劉備(ヨウ・ヨン)連合軍のいる対岸へ船で流します。このため連合軍に疫病が蔓延し劉備軍は撤退しますが、諸葛孔明(金城武)だけは赤壁に残ることを決意。そんななか、孫権軍司令官・周瑜(トニー・レオン)と孔明はお互いの首をかけて、周瑜は曹操軍の2人の武将の謀殺、孔明は3日で10万本の矢の収集という謀略を展開。やがて曹操軍に潜伏していた尚香(ヴィッキー・チャオ)が帰還、決戦へ向けて本格的な準備が始まり…。

個人的には…戦いが始まるまでの、あれこれの方が面白かったかなぁという感じ。もちろん、戦闘シーンの迫力だとか、そのなかで起こる出来事にも注目すべき点はあったわけですけども…。
それから…前作で、金城武さんが演じる涼やかな空気をまとった孔明に惹かれた私としては、今回もほぅー…と見惚れてしまいました(笑)。10万本の矢を手に入れる策略のところでは、ちょっと捉えどころのない感じで、「本当に矢を手に入れられるのか!」と焦っている魯粛との掛け合いなんかも可笑しかったです。その、矢を手に入れる策略と、曹操軍の2人の武将を殺すための策略がぴったりとはまったところは…思わずニヤリとしてしまいました。
また今回は、尚香や小喬(周瑜の妻)という女性たちがかなり活躍してました。とくに小喬の行動には、そういう意図があったのか…と驚かされる部分もありました。


前作のレビューはこちら

(監督)ジョン・ウー
(キャスト)トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チーリン ほか
(公式HP)http://redcliff.jp/index.html

« 世界のナベアツ×ランチパック | トップページ | 歌写(かしゃッ)!♪ »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/44726791

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『レッドクリフPartⅡ-未来への最終決戦-』:

» 映画「レッドクリフ PartⅡ -未来への最終決戦-」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Red Cliff/赤壁 決戦天下 いよいよ、三国志演義のなかでも最大の決戦は「赤壁の戦い」、50万の大軍で南下した曹操軍の兵力は80万に増え赤壁に到達、対峙するは5万の連合軍・・・ 日本において天下分け目の決戦といわれる「関ヶ原の戦い」は東軍7万5,000、西軍10万、... [続きを読む]

» レッドクリフ Part?―未来への最終決戦― [★YUKAの気ままな有閑日記★]
『レッドクリフ Part?』にボーボー燃えたので超ベリベリ楽しみにしていました〜【story】西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操(チャン・フォンイー)軍を撤退させた孫権(チャン・チェン)・劉備(ユウ・ヨン)連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が作戦を仕掛けようとする中、周瑜の妻・小喬(リン・チーリン)がある行動に出る―     監督 : ジョン・ウー【... [続きを読む]

» 『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観ました三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後編です>>『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』関連原題: REDCLI...... [続きを読む]

» 2009-46『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2009-46『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』(更新:2009/04/13) * 評価:★★★★☆ 仕事帰りですの観賞でした。 土曜日も仕事なので初日の最終で観ちゃいますね。 土日は最後に花見出来そう..... [続きを読む]

» レッドクリフ PartII −未来への最終決戦− [Yuhiの読書日記+α]
ジョン・ウー監督の「レッドクリフ Part?」に続く、赤壁の戦い2部作の後編。キャストは前作と変わらず、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン他。 <あらすじ> 大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させる。これが原因で劉備軍は撤退、だが諸葛孔明だけは赤壁に残った。そんな中、孫権軍司令官・周瑜と孔明はお互いの首をかけての謀略を展開、周瑜は曹操軍2武... [続きを読む]

» 【映画】レッドクリフ PartII [新!やさぐれ日記]
▼動機 Part1を見てしまったため ▼感想 創作三国志としては中々面白いんじゃないだろうか? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 西暦208年、中国。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が作戦を仕掛けようとする中、周瑜の妻・小喬(リン・チーリン)がある行動に出る。 ▼コメント 前作の次回予告で「レッド... [続きを読む]

» レッドクリフ PartⅡ-未来への最終決戦-(2回目) [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[レッドクリフ] ブログ村キーワード 評価:8.5/10点満点 2009年39本目(35作品)です。 大家好!我是電影先生! (みなさん、こんにちは!ミスターシネマです!) 実を言うと、僕は大学時代に2年間中国語を勉強していました。 ですので、今回のレッドクリフも字幕を意..... [続きを読む]

» レッドクリフ (トニー・レオンさん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆周瑜 役のトニー・レオンさん(のつもり)映画『レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-』を先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

» 「レッドクリフ PartⅡ ~未来への最終決戦~」 [利用価値のない日々の雑学]
昨年のカンヌ映画祭上映以来、まさかの作品二分割。そして、「レッドクリフ PartⅠ」に至ってはレビューにも既に書いたが、これまでの「三国志演義」に於ける、無論歴史的事実からみれば可也脚色された「通説」があったにも関わらず、新たにジョン・ウーとしての新解釈を随所に加えた「赤壁の戦い」ならぬ「レッドクリフ」は、自他共に認める「三国志フリーク」の筆者を困惑のどん底に突き落とし、しかし前作においては、この作品は「赤壁」では無いという自分自身の勝手気儘な納得の上に、何とか、この日の上映に併せ這い上がって来... [続きを読む]

» 映画:レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- [よしなしごと]
 三国志には興味がなかったのですが、ジョン・ウー監督の超大作、その美しさと迫力に圧倒されてしまったPart Iの続編、レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-を観てきました。 [続きを読む]

« 世界のナベアツ×ランチパック | トップページ | 歌写(かしゃッ)!♪ »