2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ジェネラル・ルージュの伝説 | トップページ | ランチパックカレー焼そば »

2009年6月22日 (月)

そこをなんとか②

Sokowonantoka_2タイムリーに…裁判員制度についてのエピソードもあります。

麻生みこと・著
『そこをなんとか』第②巻

新人弁護士・改世楽子の活躍(?)を描いています。
今回は、日本人の男性との子どもを身籠ったフィリピン人の女性、交通事故の加害者になった孫をもつおばあちゃんなどが登場します。
それから、楽子や先輩弁護士(兄弁)の東海林が、大学祭で裁判員のシミュレーションに参加するというエピソードもありました。いよいよ裁判員制度も開始されるということで、笑ったりして楽しく読みつつも興味深かったです。
また、裁判の傍聴に行ったときの出来事が書かれているページもかなり面白かったです。

« ジェネラル・ルージュの伝説 | トップページ | ランチパックカレー焼そば »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/45406523

この記事へのトラックバック一覧です: そこをなんとか②:

« ジェネラル・ルージュの伝説 | トップページ | ランチパックカレー焼そば »