2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 広島原爆の日 | トップページ | ブーケ »

2009年8月 7日 (金)

戸村飯店青春100連発

Tomurahanten 怒涛のように、本のレビューが続くかも(笑)。


瀬尾まいこ・著
『戸村飯店青春100連発』

大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店の、性格も見た目もまるで正反対の二人の息子。東京と大阪に離れて暮らす兄弟が、再会をきっかけに見直すことになった、人生の行方とは…。

主人公は、戸村家の長男・ヘイスケと、次男・コウスケ。
それぞれが主人公の章が交互に登場して、ヘイスケが高校を卒業してからの1年、コウスケが高校を卒業するまでの1年が描かれていきます。そのなかで、それぞれが色々な人とであったり、また周囲の人たちに色々な影響を受けながら、自分の進む道を見つけていきます。
冒頭、コウスケの語るヘイスケ像が、こんな人いるか?ってくらいずる賢く描かれていますが、物語が進むうち、その裏側というか…ヘイスケの側から見た部分が語られると、なんだか切なくなります。
私は長女なので、読みながらどこかで、一見飄々としているヘイスケの根っこにある一生懸命さだったり、それが報われない哀しさというか…そういうのにいつの間にか感情移入していました。
また、ふたりの育った町で近所のおじさんやおばさんたちが交わすテンポの良い会話に、思わず笑って、楽しく読めました。

« 広島原爆の日 | トップページ | ブーケ »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/45829553

この記事へのトラックバック一覧です: 戸村飯店青春100連発:

« 広島原爆の日 | トップページ | ブーケ »