2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« シルバーウィーク | トップページ | キットカット充実野菜味 »

2009年9月19日 (土)

破弾

Hadanだいぶ前に読んだものですが…。


堂場瞬一・著
『破弾』

警視庁多摩署に配属になった了は、ホームレス傷害事件の捜査を命じられ、刑事部屋で倦厭され孤立する女性刑事とコンビを組むことに。捜査を進めると、被害者の周囲にはなぜか公安の影が。東京郊外の新興住宅地に潜む過去の闇とは…?


ずいぶん前にレビューを書いた、『雪虫』の続編です。
前作では新潟で刑事をしていた了ですが、ある事件をきっかけに新潟県警を辞め、警視庁で再び刑事になった、というのが今回。
今回了がコンビを組むのは、小野寺冴。刑事の仕事に妥協しないところは了とも通じる部分がありながら、最初はお互いの存在になかなか馴染んでいきませんが、それがどんな風に歩み寄っていくのか…というのも見所。
そして事件のほうは、思いがけないところから明らかになっていく過去の事件に繋がっていくというか。でも結構、読んでいる側にはすぐ分かるかなぁ…というのもあったりもしました。

« シルバーウィーク | トップページ | キットカット充実野菜味 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/46257109

この記事へのトラックバック一覧です: 破弾:

« シルバーウィーク | トップページ | キットカット充実野菜味 »