2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 原作読み返し(のだめ) | トップページ | 「ANJIN イングリッシュサムライ」in銀河劇場 »

2009年12月26日 (土)

古武道忘年会 師走の協奏曲(コンチェルト)in世田谷パブリックシアター

Kobudo12262009年、色々なコンサートに出かけましたが、これが最後。ここ1・2年はまっている古武道のライブです♪昨日くらいに知ったのですが、チケット、先行販売も一般発売もあっという間に売り切れたのだとか。そんな大変なことになっていたとは露知らず、のほほんと先行発売であっさりチケットをゲットした私(苦笑)。


古武道忘年会 師走の協奏曲(コンチェルト)
世田谷パブリックシアターにて
2009年12月26日(土)18:00開演

出演:古武道(チェロ:古川展生/ピアノ:妹尾武/尺八:藤原道山)
ゲスト:高木綾子(フルート)/中西圭三(ヴォーカル)/上妻宏光(三味線)


第1部
 Tonight
 風の都
 おくりびと
 琥珀の道
 (以下3曲、デュエットコーナー)
 ディープリヴァー※ピアノと尺八
 パッサカリア※尺八とチェロ
 蒼茫※チェロとピアノ
 Best Friend
第2部
 翼
 (以下、with中西圭三)
 キセキノハナ
 (以下2曲、with高木綾子)
 2本のフルートと通奏低音のためのトリオ・ソナタ
 朧月夜
 (以下3曲、with上妻宏光)
 百花繚乱
 田原坂(たばるざか)
 リベルタンゴ
 (以下2曲、with中西圭三)
 Woman
 永遠(とわ)に
 空に咲く花
 (以下、アンコール)
 Choo Choo TRAIN(with中西圭三/上妻宏光/高木綾子)
 明日は晴れるかな?


いやー…最高に楽しいライブでした。
今年、古武道のツアーには参加できず、唯一行くことができたのは、7月に山野楽器であったアルバム発売記念のインストアライブのみ。なので、ぜんぜん物足りない気持ちでいたのですが、このライブに参加できて、もうほんとに満足です♪
古武道のレパートリー曲は、オリジナルもカバーも耳によくなじんだ曲ばかりなので、その美しさや楽しさに浸りつつ、その曲が違う楽器(フルートや三味線)と一緒に演奏されるのを聴くのもまた楽しかったです。
そして、3人ではなく2人で演奏するデュエットのコーナーも、また違った趣きがあって面白かったです。とくに、古川さん&道山さんでの「パッサカリア」。もう…道山さんの指の動きの凄いことといったら…!めちゃくちゃ早くてびっくりでした。

それから今回忘れてはいけないのが、豪華なゲスト陣。
フルートの高木さんが参加されたバッハの「2本のフルートと通奏低音のためのトリオ・ソナタ」。道山さんの尺八と高木さんのフルートの2つの音色がよく似ているので、不思議な感じに混ざり合って面白かったです。
また、古武道のレパートリーでもある「リベルタンゴ」に三味線の上妻さんが参加されたのも、なかなか聴き応えがありました。
そして、中西圭三さん。いまさら言うことでもありませんが、ほんとに歌が上手くて聴き入ってしまいました。とくに「永遠(とわ)に」。妹尾さんの作ったゴスペラーズの曲なんですけども…中西さんの曲だと言われても信じてしまいそうです。アンコールにはZOOの(若い人にはEXILEのと言ったほうがわかりやすいのかも)「Choo Choo Train」で盛り上がったり…ほんとに楽しませてもらいました。

曲の合間には、曲の紹介だったり色々なお喋りも聞くことができましたが、今回びっくりしたのは、古川さんがすごく饒舌だったこと…でしょうか(笑)。第2部で妹尾さんだけ衣装を替えたところにも真っ先に突っ込みを入れていたし。古武道のライブに行ったのは今回が3回目ですが、今までいちばん、喋っている姿を見た気がします。
また、古武道のメンバー同士が出会ったきっかけとか、ゲストの方との繋がりだとか、そういうお話を聞くと、音楽がたくさん溢れているなかで存在する縁を感じ、そういえば、私自身が古武道の音楽に出会えたということがすごく貴重なことにも感じられました。
道山さんをきっかけに古武道を知りましたが、道山さんの、聴いているこちらの背筋がスッと伸びてくるような清清しい音色はもちろん、今では、妹尾さんの生み出すメロディやピアノの音色のきらきらする感じも、古川さんの渋くて切ないチェロの音色に、いつもドキドキさせられていて、本当にこの音楽に出会えて幸せだなぁと思います。

で。終演後には握手会に参加してきました(会場でCDを購入した人のみ)。
前回、インストアライブの時のサイン会では、お話しする内容を全く考えていかなかったのと緊張のし過ぎで、ほとんどお話をすることができなかったので、今回こそはお話しするぞ…!と勝手に意気込んでいたのですが、順番待ちの間に心臓がどうにかなってしまいそうに緊張(苦笑)。
そして結果は。3人全てにちゃんとお話することができました。というか、後ろに並んでいた方を(そして道山さんとお話しする間、古川さんと妹尾さんを)ちょっとお待たせしてしまい申し訳なかったのですが…(汗)。
まず道山さんには、尺八を習っていること、上手く行かなくて凹んだりしながらも道山さんの演奏を聴いていつも元気を頂いています、とお伝えしました。道山さんからは、頑張って、でもあまり背負い込まないように、と言っていただきました。感激です…また練習頑張らなきゃ…。
そして古川さん。「空に咲く花」も新しいアルバムの「TANGO-J」も大好きなので、これからも古川さんの作った曲を聴けたら嬉しいです、とお伝えしました。なんというか…古川さんは握手に力強さが、「ありがとう」という言葉に温かさが感じられました。
最後に妹尾さんとお話しするときには、もうこれ以上後ろの方をを待たせてはいけない…!という焦りもあり、今日は楽しかったです、また来年もいっぱいコンサートをしてください、とお伝えするのが精一杯でしたが、妹尾さんの温かい「ありがとう、楽しかったです。よいお年を」という言葉を聞くことができて良かったです。

さて…コンサートに出かける今年の予定はこれで全て終わり。
今年もたくさんの楽しい時間を過ごしました♪

« 原作読み返し(のだめ) | トップページ | 「ANJIN イングリッシュサムライ」in銀河劇場 »

音楽」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 原作読み返し(のだめ) | トップページ | 「ANJIN イングリッシュサムライ」in銀河劇場 »