2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『今度は愛妻家』 | トップページ | 手紙~拝啓 十五の君へ~ »

2010年1月18日 (月)

大河ドラマ『龍馬伝』第3回「偽手形の旅」

Ryomadenさて今回は、いよいよ龍馬が土佐を出発しますが…。


大河ドラマ『龍馬伝』
第3回「偽手形の旅」

江戸での剣術修行を許された龍馬は父・八平から修業心得を渡され、乙女や加尾らが見送るなか、江戸行きの経験もある溝渕広之丞とともに土佐を出発しました。すると、城下を出て間もなく、龍馬たちの前に弥太郎が現れ、江戸行きの許可を得たが江戸まで行く金はないので龍馬たちに同行させてほしいと願い出て、龍馬は溝渕の反対を退け弥太郎を仲間に入れますが、最初の関所で弥太郎が役人に見せた通行手形は、弥太郎が自分で偽造したものでした。無事に関所を通過する三人ですが、龍馬は弥太郎が土佐に家族を残してきたことを心配します。藩を捨てていくということは、二度と家族には会えないということだからです。
そのころ岩崎家では、弥太郎の行方が分からず弥次郎が探し回っており、武市はひたすら剣術の修行に打ち込んでいました。そして加尾は龍馬への思いを断ちきれず、兄・収二郎が勧める縁談を断ってしまいます。
…そして龍馬一行は瀬戸内海の港に到着しますが、そこで弥太郎の手形が偽造だと発覚して…。


ついに土佐を出発した龍馬と、彼の旅に無理やりくっついてきた弥太郎。土佐から瀬戸内海に出るまでのその道行が描かれた今回。今回は、弥太郎の「土佐から出なければ自分は何者にもなれない」というような、切実な願いだったり、そのハングリー精神。その弥太郎を演じる香川さんの鬼気迫る表情には思わず引き込まれました。また、ラストでは船の上から弥太郎に手を振る龍馬と、崖の上から龍馬に悔しい思いのたけを叫ぶ弥太郎が、お互いの声がよく聞こえないので、全然かみ合っていないところがなんだか可笑しかったです。
それにしても…江戸へ行きたい一心で、偽手形を作ってしまった弥太郎。なんて大胆なんだろう!と思ってしまいました。関所でお役人に手形を吟味されるところは、なんだか緊張感があって、おそらく自分に何もやましいところがなくてもビクビクしてしまいそうです。それが、偽の手形で関所を通過しようとしている弥太郎はもちろん、これが発覚すれば龍馬や溝渕もただでは済まないとあっては、関所の旅に身の縮むような思いをしなければなりませんよね…。

さて、色々ありながらも四国を出た龍馬。次回はもう、江戸の千葉道場が舞台になるようで、新しい顔ぶれが登場することもあって、どんな感じになるのか楽しみです。また、弥太郎や半平太、それに加尾などの土佐に残った人々の今後の展開も気になるところです。



坂本龍馬…福山雅治
岩崎弥太郎・語り…香川照之
武市半平太…大森南朋
平井収二郎…宮迫博之
平井加尾…広末涼子
坂本八平…児玉清
坂本権平…杉本哲太
坂本乙女…寺島しのぶ
岩崎弥次郎…蟹江敬三
岩崎美和…倍賞美津子
岡田以蔵…佐藤健
武市冨…奥貫薫
武市智…菅井きん
溝渕広之丞…ピエール瀧

« 映画『今度は愛妻家』 | トップページ | 手紙~拝啓 十五の君へ~ »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/47319781

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第3回「偽手形の旅」:

« 映画『今度は愛妻家』 | トップページ | 手紙~拝啓 十五の君へ~ »